« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月に作成された記事

2006年12月30日 (土)

Happy Holidaze !

29holidaze
今日ワイキキを歩いていて
こんな文字を見つけました。
Happy Holidays
    =Happy Holidaze! 
かわいいね。

ところで、街を歩いていると、
クリスマスが終わっても、
まだ続いている”あること”
に気がつきます。
それは、クリスマスの
イルミネーション。
ライトアップもツリーも
もうお別れかーなんて思っていたら、まだまだ派手なまま!
・・・・・もしや、このまま元日までいくのですね?

一方、クリスマスが終わって新たに始まったこともあります。
一つは「花火の販売」。
26日の火曜日から突然コンビニエンスストアに花火売り場が設けられた。
この時期になぜ・・?と思ったら、どうやらニューイヤーを花火や爆竹でお祝いするためらしい。
でも購入できるのは18才以上と張り紙がしてあり、年齢制限があるところはまるでお酒やたばこのよう。
それもこれも花火や爆竹による事故が起きるのを防ぐためで、
買うのに年齢制限があるだけでなく、その前に購入許可書というものも買わないといけないらしい。
面白い法律があるものです。

もう一つ始まったこと。
それは「Happy New Year!」という挨拶。
クリスマスまでの時期は「Merry Christmas!」とか「Happy Holidays!」などと言葉を交し合っていましたが、
クリスマスが終わったら、今度はこの言葉が挨拶代わりになりました。
お店の会計を済ませたとき。タクシーを降りるとき。誰かとさよならするとき。
「Happy New Year!」って言葉をかけられます。
年が明けてから使う言葉なのかなーって思っていたんだけど、違うんですね。
気がつけば、もうあと2日で今年も終わり。
クリスマスのイルミネーションに囲まれていると、全然年が終わる気がしないけど(笑)。
いわゆる忘年会ラッシュ、みたいなこともあまりないし。

でも、今夜は北海道からハワイへ来ているご家族のみなさんに忘年会にお呼ばれされて、
ノビーさん、ペレ・レイコさんと共におじゃましてきました。
「何が食べたい?」と聞かれたので、「日本のカレーが食べたい!」とリクエストしていたら・・・・・

29curry
”ザ・日本の家庭のカレー”を
作ってくれました!
何と作ってくれたのは息子のヒロシさん!
"ヒロシカレー”と命名。(そのまんま!)
具がごろごろ入って美味しかった~。
でもニンジンをさりげなく残したら、みんなに
見つかり、子供じゃないんだから!と
責められたけど(笑)。
ニンジンが好きか嫌いかって、
子供も大人も関係ないもん。

29zouni_3

さらに感激することに、お雑煮まで作って
くれました。こちらはお父さん作。
新潟風に、と言ってこちらも具がたくさん
入ったお雑煮でした。 
おもちも新潟のもの。
他にもきんぴらごぼうやお煮しめ、浅漬け
などなど日本の味をたくさん用意して、
ハワイ暮らしの私たちを元気付けて
くださいました。ありがとう!!!!!

忘年会を通り越して、ちょっと早いお正月気分も味わった夜でした。

2006年12月29日 (金)

レアなID

そろそろ、ペレ・レイコさんがゲットしたという、ハワイのIDの種明かしをしないといけませんね。

おさらいすると・・・・2枚の写真に関係するものでした。
まずはコチラ。
23dh_5
つまり、ダイヤモンドヘッドに関するものです。
通常ダイヤモンドヘッドに登るには、
一人1ドルの、いわば入場料金のようなもの
を払います。(駐車料金は1台5ドル)
先日、日本からのお客様を連れて
登山口まで行き、入場料金の話をしていたら
「あー!年間パスがあるぅー!!」
と叫んだレイコさん。

ほんとだ!今まで気がつかなかったけど、
よく見たら、年間10ドルというパスがあると書いてある。
ということは、一年に10回以上ダイヤモンドヘッドに登る人にとっては、お得なパスです。
・・・・・しかし・・・・・
年間10回以上登頂する人って、どれぐらいいるんだろうか。

ところが、このパスの存在を知るや否や、「私、ぜったいパスを持ってたほうが得だわ!」とレイコさん。
えええ・・・・・? レイコさん、年間10回以上、登ってるんですか?
「うん。嫌なことがあると、早朝に登って頂上で叫んで帰ってくるの」。 ・・・・・なるほど。

その幻の年間パスが、こちら。
23pass_dh_1
見ることもなかなかないんじゃないかと
思って、写真を撮らせてもらいました。
窓口の人も、「年間パス下さい」って言ったら、
「年間パス?・・・あ、ああ!あれね!」
って、あれはゼッタイ戸惑ってた。
久しぶりに売れたのかな(笑)?

23alawai_4
続いては、このアラワイゴルフ場に関するもの。
ここはアラワイ運河沿いの市営のゴルフ場。
うちからも見えるのですが、
予約を取るのが大変!大人気。
なんせ市営なので安い! 
18ホールで42ドルです。ところが・・・
18ホール12ドル(週末祝日は16ドル)
になってしまうIDがあるんです。

それが、Golf ID。
ハワイ州の運転免許証を提示して申し込むと手に入れることができます。
私はまだ免許がないので、今回は見送り。

ということで、ハワイ生活8年目を迎えようとしているペレ・レイコさん、
ますます毎日が充実したものになるIDの取得、おめでとうごさいます!
山かゴルフか、興味のある方はゲットしてみては?
23pass_reikosan_1

← ダイヤモンドヘッド登り放題!
23pass_reikosan2_1
ゴルフが上手になるかも!→

2006年12月26日 (火)

X'mas on the beach

クリスマスの今日は、朝暗いうちから家を出て”クリスマス・ゴルフ”を楽しみ
午後はノースショアの海で遊びました。

25sea_taiseirei1_1

「先に海に着いたほうが勝ち!」

「よーい、どん!」

25sea_taiseirei2a_1

うわあー
きゃあー

・・・・8才に負けたあ~ by35才の私

冬のノースショアは波が高いので、海には入れず残念。

そうそう、タイセイ君の泊まっているホテルにも、
サンタさんがちゃんとやってきたそうです。
キャンディーを二つ置いておいたら、
一つだけ食べていったんだって。
それで、サンタさんへの手紙に書いた通り、
欲しかったフットボールを持ってきてくれたんだって。
「でも、手紙に書いてないのに、
ハリーポッターの本を4巻もくれたんだよ」
・・・・・うーん、それは”教育に熱心なサンタさん”が、
身近にいたんだね(笑)きっと。

昨日と今日でいったい何度「メリー・クリスマス!」って人に言っただろう?
40、50回は言ったんじゃないかしら?
人に会うたび、知らない者同士でも声を掛け合いました。
「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「さようなら」「ありがとう」
「お先にどうぞ」「よい一日を」「ごちそうさま」「おやすみなさい」
12月24日と25日は”メリークリスマス”の一言が色んな意味を持つ言葉になりました。
とても素敵な二日間でした。

Tree_2
そして今夜もこれで最後!とばかりに、
ラジオはクリスマス・ソングを流し続けています。

ちょうど今聞こえてきたのは
大好きなスティービー・ワンダーの
「Someday At Christmas」。

ハワイよ素敵なクリスマスをありがとう

2006年12月25日 (月)

☆Mele Kalikimaka ☆

24santa1

今日、ワイキキにサンタが到着したよ!

どこから来たのかって?
もちろん海から!
毎年カヌーを漕いでやってくる。
もちろんハワイのサンタクロースはサーフィンだって得意!
靴なんて履いていられない。

24santa4

今夜ラジオからは
一晩中クリスマス
ソング♪が流れている。

さあ、ハワイでは
間もなくクリスマスイブ
の夜の12時。

すべての子供のところにサンタが訪れますように !

・・・時間があったら大人のところにも来てね。

MELE  KALIKIMAKA☆ to YOU
(メリー クリスマス)

2006年12月24日 (日)

山にゴルフに海底に

23papaiya
今日は、すっかりおなじみ「KCCファーマーズマーケット」で
一日がスタートしました。
太陽に力をもらえるような素晴らしいお天気の中、
本日は女性ばかり総勢5名でショッピング。
早起きして、太陽を浴びて、新鮮な食材を買って。
「気持ちいいねえ~。幸せだねえ~」って
みんなで何度もつぶやいてしまうほどのステキな朝。
マーケットに並ぶパパイヤもキラキラしていました。

そんな楽しい朝を一緒に過ごしたうちの一人がスタジオリムのペレ・レイコさん。
今日はマーケットの後、レイコさんが新たに2枚の”ID”をゲットする現場に立ち会いました。
ハワイは(というかアメリカは、かな?)ID社会ですが、
まだまだ色んなIDがあるんだなあ・・・と知りましたよ。
その2枚とは、、、、、次の2枚の写真に関係があります。 さて、いったいどんなIDでしょうか?
23dh_4
23alawai_3

答は
のちほど

23waikiki_2

ところでこのダイヤモンドヘッドの写真は、
今日の午後、海上から撮ったものです。
東京から遊びにきた親友&8才の息子
タイセイ君と、ワイキキを一望できる
船に乗りました。
でもここが最終目的地ではありません。
この後私たちは・・・・・
234
アトランティス・サブマリン』という潜水艦に乗り込み、
海底30mの世界へと探検に行ったのです。

232_2

潜水艦の窓越しにハワイの海の生物
と出会えます。
何に会えるかはその時の運ですが、
私たちはカメが舞うように泳ぐ姿や、
小さなサメ、エイ、そのほか
たくさんのトロピカルフィッシュ達に
遭遇することができました。
タイセイ君、カメとシャークに大興奮!
・・・で、大人の私たちも大興奮!

カメの泳ぐ姿って、
なんだか海底に宇宙を感じさせるものがある。


2006年12月23日 (土)

冬至なんですね。

昨日、東京の親友二人とメールしていたら、
二人が二人とも「今日は冬至です。柚子湯と、かぼちゃを食べましょう!」
「冬至なのでかぼちゃの煮物を作っています」と送ってきた。
季節感のないハワイにいる私に、”冬”という季節を届けてくれたのでしょう。
確かに、ハワイに来てから二十四節気など全く思い出さなくなっている。

でも、かぼちゃはここハワイでも、やっぱりこの季節の食べ物です。
11月のサンクスギビングデイには「パンプキン・パイ」を食べるのが習わしだし、
ワイキキの人気店、「チーズケーキファクトリー」では、10月からニューイヤーズデーまで
季節限定「パンプキン・チーズケーキ」が出ています。
・・・・・どちらもお菓子だね。 それも半端なく甘い、ね。 
ああ、おしょうゆ味の染み込んだ、かぼちゃの煮物・・・食べたい。

さてその「チーズケーキファクトリー」。
ワイキキの基本中の基本!みたいなお店ですが、
実は私、まだ一度もここでチーズケーキを食べたことがありませんでした(食事はしたことあるんだけど)。
しかし、今日ついに”初チーズケーキ体験”。
ハワイらしいものを・・・と思ってオーダーしたのは”パイナップル・アップサイドダウン・チーズケーキ”。
Pc230592
ここでもケーキ以上に存在感を示していたのが
こぶし大の生クリーム様! 
でもケーキを口に運んでみると、それがあまりにも甘いので、
生クリームが甘く感じられませんでした。
だから、ケーキの箸休めに生クリーム、という感じ。
・・・・・おおお、これってこわい展開です!
でもパイナップルの酸味がアクセントになっていて
美味しかった。
「うわーあまーい!!」って言いながら食べるのがまた
楽しいんだよね、女性にとっては。

そうそう、忘れてはいません。かぼちゃ!
ハワイでは今日が12月22日。
どこかでかぼちゃ食べられないかなーって思ったら、
"パンプキンスープ”にめぐり合うことができました。
22lunch
ビーチウォーク沿いの「オーガニックカフェ」でのランチ。
ここは有機食材を使ったメニューが人気です。
パンプキンスープも、かぼちゃの存在が
しっかり感じられる食感で、
味も余計な甘みや味付けを感じさせず、
自然そのものという美味しいスープでした。
暑いハワイでもやっぱり風邪をひくことは
あるので、これでこの冬を元気に乗り切れますように!!

日本はノロウィルスが流行っているようで
毎日心配しながらニュースをチェックしています。
みなさん、大丈夫ですか??


2006年12月22日 (金)

新宿からドーナッツがやってきた!

21dohnuts2
じゃじゃーん。
クリスピー・クリーム・ドーナッツです。
今日、スタジオに届きました。
正確に言うと、リスナーの方の手によって
直接スタジオに届けられました。
・・・ということは!
マウイからオアフに来るときに
買ってきてくれたんだ!って思うでしょ?
ハワイではマウイでしか売っていないですからね。

ところがびっくり・・・・・
”新宿から”買ってきて下さったんですよ!
わーーーーお!!
感激です(>_<)!!

21dohnuts1
買ってきて下さったのはこちらのご夫婦→
顔は遠慮します、とのことだったので、
せめてお名前だけでも。
”ティファニー松尾さん”ご夫婦です。
しかも、感激に輪をかける事実が。
松尾さんご夫婦、実は静岡にお住まいなんです。
それなのに、わざわざ新宿で買って、
飛行機に乗ってホノルルに今日到着し、
すぐにスタジオに来てくださったんですよ。
ほんとに感激です。

それもこれも、私のブログを読んでくださっていたからなんですって。
そう、私、12月12日のブログでクリスピー・クリーム・ドーナッツのことを書きました。
ハワイではマウイでしか食べられないのに、東京・新宿にお店ができるなんていいなあーって。
そうしたら、東京にいる友人たちから「食べにいったよ!」とか「ものすごい行列だよ!」とか
たくさんメールが来ました。
そうかーやっぱり並んでるんだ・・・コールド・ストーン・クリマリーが六本木に出来たときみたいだなあ
(いまだに行列ですけれどね!)なんて思っていたら・・・・・
まさか、まさかその新宿からワイキキのスタジオにドーナッツが届くとは思いもよりませんでした。
松尾さんも、1時間も並んで買ってくれたんですって。
何とお礼を言ったらいいのやら・・・・・心から、MAHALOです。

さて、そのお味はというと・・・・・
21dohnuts3
うん! やっぱりあの”もっちり&ふんわり”な
生地の食感は同じだ!
もちろん時間がたっているので、
正確には比べられないけど、
きっと同じ味が再現されている
ように思います。

マウイで見たときは、オリジナルの他にも
いーっぱい種類があったんだけど、
東京ではどうなんでしょう?
友人のみんなー!
またの報告を待っています♪

さて、そんな松尾さんご夫婦も聴いてくださっている、静岡K-MIXの番組
『SATURDAY MORNING LOMILOMI』ですが、ちょっと早めのお知らせ。
来年2007年から公開収録の日時を変更させていただきます。
今までは木曜に行っていましたが、来年からは水曜日午後2時スタートです。
新年は1月3日(水)の午後2時から行っていますので、お正月にハワイにいらしているという
K-MIXリスナーの方はぜひスタジオに立ち寄ってくださいね。


2006年12月19日 (火)

どこもかしこも日焼け対策

今朝、中学一年生の時の担任だったI先生の訃報が東京にいる友人から届いた。
先生とはもう何年会っていなかっただろうか。20年近くになるのかもしれない。
でもとても悲しい知らせだった。
暑い暑いワイキキを歩きながら昔のことを思い出し、泣けてきた。

今でも体は大きくない私だが、中学一年生のときは135cmぐらいしかなくて、
制服とかばんが歩いているような子供だった(と思う)。
先生は口数もそれほど多くなかったけど、
まだ未熟で無防備な私たちをいろんなところで見てくれていたに違いない。
そして同級生たちはいろいろな人生を経て、そして今ワイキキにいる35歳の私。
いろんな大人の人に見守られながら、ここまで来たんだなと思う。
今は自分が大人だけど。
「こんなに大きくなりました」って言うのも変だけど、
でも「これからもしっかりやります!」と先生に伝えたいです。
ありがとうございました。


実は今、来年春に出版予定のガイドブック製作をお手伝いしています。
そのため、毎日一人で街中を歩きまくり!
もちろん、日焼け対策は必須事項。
しかし、ハワイに来てから3ヶ月の間に2度もファンデーションの色を変えたという事実が・・・・・。
それでも毎日日焼け止めを塗るのは怠りません。
肌はもちろんですが、もう一つ気になるのが”髪の毛”。
Pc200288_1

←で、最近愛用しているのがこちらです。
  AVEDAの髪の毛のSUN PROTECTOR。
  かなり髪の毛がしっとりします。
  オレンジとハーブっぽい香りも、
  エステサロンに入ったときのような香りで気に入っています。
  日本では冬といえば、乾燥対策なのにね。
  毎日太陽を拝めるのは嬉しいけれど、
  その裏ではやっぱり努力が必要なのでした・・・。
  


ノースショアーへの旅を振り返る

ついさきほどこのブログの”プロフィール”の写真を変えてみました。
以前の写真は2年も前にハワイで撮った写真だったのと、
「けっこうコレ、自信作なんですけど!」ってtoyaが写真をくれたので!(ありがとう!)

TFMの元・後輩のtoyaは私よりずっと若いですが、色んな苦楽を一緒にくぐり抜けてきた戦友!
そしてこの間、ホノルルマラソンも一緒に走り抜いたから、ますます戦友かしら。

Photo_149
さて、プロフィールではカットされていますが、
元の写真はこんな写真でした →
左に見えるはレイコさんの手。
場所は、ドールプランテーション。
パイナップルとパイナップルソフトを食べまくりました。

この日はホノルルマラソン2日前の12月8日。
東京から来ていた私の友達と、
toyaをはじめTFMの元後輩、私、レイコさん、
そしてご家族を連れて、ノビーさんが
ノースショアーに連れていってくれたのでした。

いつもノースショアーに行く途中には、
ドールに寄りパイナップルを食べるのがお決まりですが、
この日の最大の目的は、もう一つ!
カフク・シュリンプです。
ガイドブックによると、湿地帯の多い地形を活かして、淡水エビの養殖がさかんになったそう。
カフクはオアフ島の北の端からちょっと東へ進んだあたり。
私はいつもその手前で折り返してきてしまうので、カフクへ行くのは初めてでした。
道路沿いに、何箇所かエビを食べさせてくれる場所がありますが、中でもノビーさん一押しがコチラ。
Romys2_3


Photo_158


エビを様々な味付け・方法で調理してくれるのですが(茹でor揚げとか、塩or甘辛orガーリックなど)
中でもみんなが夢中になったのがガーリックエビ!!
追加注文しちゃったし。
ガーリックソースがしみたご飯がまた美味しかった。 
というより、ご飯が美味しいのか、エビが美味しいのかわからないぐらい、
みんなガーリックご飯に夢中だったなー。 

食い気ばかりが先行してしまう私たち女性陣に引き気味のノビーさん一家でしたが、
途中で案内してもらった名所も忘れてはいません!
Photo_152

Photo_153

かつて高貴な女性が
ここで出産したという
「バース・ストーン」。

そして波の力で
穴が開いた岩。

サンセット・ビーチでは波の高さに圧倒されながら、しばしサーフィンを眺めました。
Photo_154

Photo_155

犬がたくさんいてかわいかったな。
黒い犬は、沖に出ている飼い主を待っていたのでしょう、
あっちへ行ったりこっちへ行ったり、、、
砂浜にいろんな模様を描きながら。

そして、まるでサンタさんのようなおじさまとパグ犬!
なんだかヒゲとパグの黒い口元がそっくりでチャーミングではありませんか。
飼い主と犬は似る・・・と言いますよね。
これには諸説ありますが、私が聞いた話によると飼い主が自分に似た犬を選ぶ傾向にあるらしい。
人間ってやっぱり自分の顔がどこかやっぱり好きなん
だって。 えー好きじゃないよ!っていう人も、
一番親近感のある顔には間違いない。
だから、犬を選ぶ時にも、知らず知らず自分に似た犬を
選ぶ人が多いのだとか。
夫婦や恋人も同じことでしょうか。
どうですか? あなたが選んだ人は、あなたに似ている?

2006年12月18日 (月)

初めてのビショップ・ミュージアム

「まだ行ってないんですかあー!!!」とノビーさんにずっと怒られていましたが、
今日、仕事の合間を縫ってようやく行ってきました、「ビショップ・ミュージアム」。

結論から言うと、ハワイが好きで頻繁に訪れている人、そして私のようにここで暮らす人は、
やっぱり一度訪れるべし!の場所でした。
行くのが遅くなってすみません、カメハメハ王!
こんな私ですが、これからハワイに住んでいてよろしいでしょうか?
「ううむ、いいだろう。」(by カメハメハ)
・・・と言ってくれていることを、期待。

17bishop


17bishopdoor

17bishophouse2

17bishopenter

17bishophouse3_3

門をくぐり、受付を済ませて奥へ進むと、
緑の芝生が広がる敷地に、石とコアウッドで出来た古い建物=ミュージアムが現れます。
この空間が気持ちいい。
今日も家族連れのグループが芝生の上でお弁当を広げ、半ばピクニックを楽しんでいました。

ミュージアムでは、David浅沼さんによる日本語ガイドで楽しみました。
カメハメハ一世からの王の変遷と共に、ハワイの歴史を分かりやすく語ってくださるのでオススメ!
そして現在公開中の特別展「フェザー展」も案内していただきました。
王族たちが使用していた、鳥の羽根で作られたケープやスカートを展示しているものなのですが、
鮮やかな色に驚き!
そしていったい何羽分の羽根を集めたんだ!?という迫力にまた驚きです。

緑の庭では、フラの簡単なショーも解説付きで行われています。
(応援の意味も込めて言うならば、フラのダンサーはもう少し頑張ってほしいな)

そして私が長く滞在していたのがミュージアム・ショップの本コーナー。
ハワイに関する様々な書籍が並んでいて、知識欲が刺激されて
どれもこれも欲しくなってしまいました。

本日私が購入したのは、とってもベーシックなこの3冊。
17hawaiianbook

来年からハワイ語のレッスンにも行ってみたいなと
思っていたので、ハワイ語に関する日本語の本と、
ハワイ語⇔英語のポケット版辞書。
そして、290ページにも及ぶ、ハワイアンソングブック!
歌詞とコードが記されているので、ウクレレを
弾くときにも楽しめます!
・・・・・っていつウクレレ弾くんだっけ、私?
部屋にころがっているウクレレは泣いてるだろうなあ。
ああ、ウクレレのレッスンも来年からは行きたいな。

来年は、きちんとハワイ文化を学ぶ一年にしたいです。
そうあらためて決意した一日でした。

もう来年の抱負は決まりましたか?

2006年12月16日 (土)

ハイアットにアソビニキテクダサイネ。

(更新が遅れてしまいました・・・(>_<) )

今日はこのようなスゴイお三方とお会いしました。

15party

写真の男性陣は、向かって左から
ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・リゾート&スパの
総支配人、Michael(マイケル)さん、
グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパの
総支配人、Doug(ダグ)さん、
ハイアット・リージェンシー・マウイ・リゾート&スパの
総支配人、Frank(フランク)さん。

ということで、3GMがお揃いです。

ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・リゾート&スパにて
今夜行われたとあるパーティーにてご一緒させていただきました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
(ここでしばし余談!)
スタジオ・リムがハイアット・リージェンシー・ワイキキ・リゾート&スパの中にあることから
私もハイアットに詳しくなりつつあるのですが、ここで基本情報。コホン。
ハイアットには、ハイアット リージェンシー(Hyatt Regency)、グランド ハイアット(Grand Hyatt )、
パーク ハイアット(Park Hyatt)、リゾート アンド スパ(Resorts and Spas)と
様々なサブブランドがあります!
私はホテルの者ではないので詳しくはお話しませんが、
つまりスタジオ・リムがあるのはハイアット・リージェンシー・ワイキキ・リゾート&スパ!
”ハイアット・リージェンシー”でありながら”リゾート&スパ”なわけです!
ということで、上記の3つのホテル名、"ハイアット”と省略せずご紹介いたしました。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、フランクさんとは先日マウイでお会いしていたのですが、マイケルさんとダグさんとは初対面。
みなさんトップの方々でありながら、とてもフレンドリーでいつも笑いが絶えません。

フランクさんの人柄を示す素敵なエピソードがあります。
(先日のSKY CONNECTION(JFN系列)でご紹介したのですが)
ハイアット・リージェンシー・マウイ・リゾート&スパを訪れたときのこと。
スパの取材をしていたら、従業員の方が「「現在の支配人は素晴らしい」と話してくれました。 
何が素晴らしいんですかと聞くと、ホテルなのでお客様や施設のことを第一に考えるのは当たり前。
でも彼はここに着任してからまず第一に、従業員が休憩に利用する食堂をきれいにしてくれたり、
食べ物や飲み物を改善してくれたりしたんです。
おかげで休憩後は、また張り切って仕事場に戻ることができます」って。

実はマウイのホテルで出会った従業員のみなさんの笑顔があまりにも素晴らしいことに、
私はかなり感動&癒されていたのですが、
人に夢と笑顔を与える仕事の裏には、このようなエピソードがあったんですね。
もちろん、”ハワイ”という場所がくれるパワーも大きいと思うけれど、
人に元気をあげられるのは、やっぱり人なのではないだろうか。

2006年12月14日 (木)

夜中のWAL★MART

一つお知らせです!
Aloha_style

以前ここにも書きましたが、
現在発売中の雑誌『ALOHA style』に、
シバタも取材に携わったワード特集が
掲載されています。
私のフラの先生だったカオリンと一緒に
ワードをご案内しているので
ぜひご覧になってみてください!
ハワイ国際映画祭についての
レポートも書かせていただきました。


さて今夜は、ホノルルマラソン参加とハワイから番組を生放送するため東京から来ている
JFNの中田美香ちゃんをスタジオに訪ねにいきました。
美香ちゃんは、日曜日にマラソンを完走してから生放送! パワーありすぎ!すごい。
ようやく今日水曜日で全4日間の放送を終えたところ。

ところが美香ちゃんに今夜中にやらなくてはいけない仕事が入り、
残るスタッフと私とでご飯を食べて待っていたものの、気がつけば夜の12時。
そこで、この時間に開いているお店といえば・・・WAL★MART!ということで、
急遽大人6人でワイワイと夜中のショッピングに出かけることになりました。
むむむ・・・こういう時のWAL★MARTってとってもキケン。
というのも、WAL★MARTに行くと、かわいくて安いものとか便利で安いものがたくさんあるので、
本当に必要なものよりも、衝動的にカゴに入れてしまうもののほうが多くなってしまうのです。
なくても困らないようなものを、ついつい買ってしまいがち・・・・・。 

例えば今日の場合だと、コレ↓
Photo_148
もこもこしたプーさんのついたソックス。
(ぜったいこの上から靴は履けないでしょう)
部屋の中で履いたら良さそう~
なんて思わず手にとってしまった。
これで4ドルちょっと。
家に帰ってきて履いてみたら
フカフカしてなかなか気持ちよかったです。
他のキャラクターもいたから、
また衝動買いしちゃうかも。

Photo_147
こちらはそろそろきれそうだったから必要なお買い物。↑
箱のデザインがかわいいので最近よく買っているティッシュ。
地味なのからかわいいのまでいろんなデザインがあって、
今日も棚の上の一番奥のほうにあった、この花柄の箱がどうしても欲しくて、
棚によじのぼって取った(笑)。
どうせ部屋におくなら、気持ちが楽しくなるものがあったほうがいいよね。

でも、ハワイで暮らしていると、ティッシュとトイレットペーパーの値段の高さと質の悪さには
げんなりすることが多いです。
今、いろんなメーカーを試しているところ! このティッシュはなかなか良いです。


2006年12月13日 (水)

いいなあ、KKDのドーナッツ!

マラソンから時間が経つにつれて分かってきたこと。

友達のいとの名前が”ITO”ではなく”IJO”で登録されていたこと。
ホノルルマラソンの公式ページでは、名前やビブ番号で順位やタイムを検索できるようになっているので、
私の家族が私たち二人が完走できたかどうかを日本で調べてくれていたらしいのですが、
なかなか”イト”が見つからない・・・・・と思ったら”イジョ”だった・・・というわけ。
もともと珍しいファーストネームなんだけど、でも”イジョ”って・・・・・(絶句)。

教訓その1 : 手書きの申し込み書を提出するときには、はっきり楷書体で書きましょう。

マラソンの翌日、つまり昨日の月曜日、
カピオラニ公園へゼッケンを持っていくと完走証明書がもらえるのに、
私たちはすっかり忘れて午前中は寝てしまった&午後はマッサージに行ってしまった。
あわててホームページを見たら、取りに来なかった人には来年の2月ぐらいに郵送されるらしい。ほっ。

教訓その2 : いくら疲れて体が痛くても、翌日はちゃんと起きて行動しましょう。

あっ、でも完走証明書ももれなくイトは”イジョ”だけどね(泣)。

それにしても、今日になったらうそのように体が軽くなってほぼ元通りになった。
まだ回復力があるだけよかったわ!

そしてワイキキの街も、昨日までの人の多さがうそのように、ほぼいつもの顔に戻っていた。
先週の後半は、どこもかしこも人・人・人でどのお店にも列ができていたし、
どの道も車は大渋滞だったのですが、街には活気があふれていてワクワクした気分にさせてくれた。
今日は「ああ、みんな帰っちゃったんだ・・・」とちょっぴり寂しかった。
だからマラソン完走Tシャツを着た人を数人見かけた時は、何だか親近感が沸いて嬉しかったなあ!

さて、そんな日常に戻ったワイキキ&シバタですが、
私はいつもワイキキを歩くと、お店や道沿いのスタンドに置かれている
「日刊サン」という無料の日本語新聞を取って日本のニュースをチェックしています。
スポーツ&芸能ニュースを中心に、デイリーのニュースがチェックできるのでとても重宝している。
今日も人通りが少なくなったワイキキで新聞を手に取り、読んでいると・・・・・
「とろけるドーナツ初上陸」という見出しが目に飛び込んできた。
 (ドーナッツ大好きなのだ!)
なになに、JR新宿駅近くに一号店が出来て報道陣にお披露目された・・・
ドーナツのチェーン店「クリスピー・クリーム・ドーナツ(KKD)・・・・・んん?!これは!!

もしかしてもしかして、、、、、これのことではないですか?
Photo_142

さらに
近寄ると・・・
Photo_144

Photo_145
これでしょ、これ!
Krispy Kreme Doughnuts!(KKD)
つい2週間前、マウイ島で
初めて食べてきたばかりなんです。
カフルイ空港のすぐ近くにあるんだけど、
空港でレンタカーをして走り始めたら
すぐに発見!
「帰りに食べようか」というレイコさんとダイスケ
さんに「今食べたい」と目で訴え、
行きに立ち寄りました。
(もちろんイートインもありますが、ドライブスルーで買えたのにもびっくり!)

これは一番人気のシンプルなオリジナルグレイズドーナッツですが、
一人2個ずつぺろりと食べてしまいました。
ほんとに美味しいの。いくつでも食べられそう。
噛んだ瞬間はサックリしているんだけど、次にモッチリとした食感に変わり、
口に含むとすごく軽い! すーっと溶けていく感じ!
サックリ×もっちり×軽いがバランスよく口の中でミックスされるんです。
もっちりだけじゃないんです。空気のように軽いの。
なんなの、この食感はあああああああ~。
もう見事としかいいようがない!
これぞ企業秘密というものでしょう。(ってよく分からないけど)

メインランドのノースキャロライナで誕生したお店で、
今では世界に数百店舗あるらしいのですが、なぜかハワイ州ではマウイにしかない。
だからもう一度食べたい場合は、またマウイに行くしかないのです。
そのクリスピー・クリーム・ドーナツが新宿に出来るなんて!
ウラヤマシイ~。 これからお店も増えていくらしい。
東京って何でも出来ちゃうんだ。
ほんとだったら嬉しいけど、今の私にしてみたら「ずるいよー!」

マウイのお店に行くのも、新宿に行くのも、どっちも飛行機に乗らなきゃ!
しかしワイキキから新宿は数時間、いや、時差も含めて1日半かかるから、やっぱりマウイに行こう。
・・・・・って、ドーナツのために飛行機は乗りませんよ。
でも、また食べたいなあ。

2006年12月12日 (火)

完走!・・・完歩かな。

人生初マラソン、未知の世界に行ってきましたが、無事にゴールしました。

でも昨夜は喜びよりも、いまだかつてない体力の消耗に、パソコンを開く余力もなく寝るのが精一杯。
今朝起きても立ち上がることが出来ず。 ほんの数メートル先に進むのが、ツライ。
足の付け根から太もも、ひざの裏側、そして腰、背骨に沿って、さらに肩
全~部、痛い。 激痛です。 足が石のように動かない。
今日はマッサージを予約していたので何とか外出しましたが、
階段の上り下りがつらくてつらくて(特に下りるときがツライ)。
今日の夕方になって、やーっと感覚を取り戻してきました。
復活するのに丸一日。 まだマシなほうかな?

というわけで、完走のご報告。
タイムは6時間24分46秒。 
四捨五入して6時間になれれば(つまり5時間30分~6時間29分まで!)と思っていたので、
ギリギリセーフ!です。

でも、昨日は「もう二度とあの距離は走りたくない!」と思ったけど、
後から考えると、もっと走れたんじゃないかとか、まだまだ精神力が弱いなとか、
ぶっつけ本番でゴールできたんだから、練習したらもっと早くいけるんじゃないかとか欲が出てきて
今は「もう一度チャレンジしてみたい」と思うようになりました。
こうしてマラソンにはまっていくんだろうな~。
42キロという距離が、体で分かったしね。 今度はもう少し要領良く走れそうな気がする。
(↑本当に本当に長いです。 これって人が走る距離じゃないよーって思った・・・)
42キロがどういうものか、自分がそのときどうなってしまうのか、
先が分からないと途中で冒険できなかった。 なんとなく守りに入ってしまった。 ああ。
・・・と、2週間ぐらい前に突然出場を決めたくせに、
苦しさに勝てなかった自分にダメ出しをしてしまうのでありました。

では嵐のような初マラソンの一日を振り返ってみます~。 ちょっと長くなるけど!

午前4時30分。 友達のいととTFMの後輩だったトウヤとレオと4人でスタート地点に到着。
目標タイム別にスタート地点が区切られているので、一応5時間~6時間というところに並んでみる。
5時直前、花火があがって、最初のランナーがスタート!

2_9

2_8

Photo_138


公式時計は最初のランナーと共にまわり始めますが、
自分のタイムは、あくまでも自分がスタートラインを越えた
ところからスタート。
ラインを越える時に、靴につけたチップが反応して、ピー♪となります。
(その後も、4、5箇所ぐらいに計測地点があってその度に靴がピーと反応する。
でもいっぺんに何人もが通り過ぎるので、ピイイーーーーーーと機械音が
鳴り続けている。自分の靴が反応しているかどうかが分からないのでちょっと不安。)

「最初は歩いたほうがいい」と聞いていたので、最初の10キロを歩いてみた。
(つまり余力を後ろに残しておいたほうがいい、足の痛みを遅らせたほうがいい、ということですよね)
最初の10キロって、アラモアナ公園からダウンタウンの方へいって、再びアラモアナの前を通り、
ワイキキを通って、ゴール地点のカピオラニ公園にさしかかるぐらい。

Santa_rei
ちょうど今、ダウンタウンはクリスマスの
イルミネーションがきれいで、わたしは
友達のいとと写真を撮りながら、
かなりゆっくり楽しんで歩いちゃった。
最初の10キロ、時間にして2時間ぐらい。
↑ちょっと時間かけすぎたかな?
その頃、時刻は午前7時。 
辺りも明るくなってきます。

そこで突然わたし、走りたくなって、
10キロ地点からいとと離れて走り始めました。
するとまもなく前方から歓声と拍手が聞こえてきたのです。 
よく見てみると、反対側の道を走ってくるランナーの姿が!
これってつまり、、、、、まもなくゴールするランナーなんです。
(私も拍手をしつつ、心の中では「信じられないー!」と叫びましたよ、もちろん)

まもなくダイヤモンドヘッドロードを登ったり下ったりして、カハラの住宅街に入ります。
Photo_133
←ここでもなだらかな坂道があって、けっこうキツイ。
途中で住民の方がクラッカーを配っていたので口に運ぶ。
塩辛くて美味しかった。
しかしすぐに喉が渇く。
でも大丈夫。 給水所が割と頻繁に設置してある。
給水所ではアミノバリューと、水と、水に浸したスポンジ、
この3種類が用意されています。
私は結局すべての給水所でアミノバリューをカップ一杯分
飲み干し、水の入ったカップをふくらはぎにかけ、
さらにスポンジをとって太ももや腕、首にあてて
体を冷やしました。
水は、お腹をこわすかも?と思って飲まなかったけど、
よく考えたらアミノバリューも同じ水を使って(ホースで水を大きなポリバケツに溜めて)、
粉末を溶かして作っているから同じだね。 
じゃんじゃん作っていかないと次々ランナーがやってくるのでスタッフの人たちは
とても忙しそうでした。 
そして飲み終わったカップや使い終わったスポンジを、前のランナーが道に投げていくので
後から走ってくると道路にいろんなものが散乱している! それをよけていくのも大変!
でもそれを掃除する方々は、もっと大変だったでしょうね。 

カハラを抜けるとハイウェイへ。 
さあ、ここからひたすら一本道です。 
ハワイカイで折り返して同じハイウェイを戻ってくる。
だから隣の車線を、すでに折り返してきたランナーが走ってきて
すれ違うんだけど、「この人たちはもうあれだけ走ってきたんだ!」と思うとうらやましかったり、
その中に知り合いや有名人を見つけると、楽しかったりもする。
でもこのハイウェイ往復が気が遠くなるほど、長い。

10キロ地点から走り始めた私、
心の中では次に20マイル(32キロ地点)という表示を見るまでは
遅くてもいいから走り続けようって思っていました。
・・・・・でも結局、20マイルではなく、20キロ地点ぐらいで足をとめてしまった。
だから走ったのはほんの10キロぐらいということ。
一度足をとめてしまうと、もうだめ。 急に足の痛みがずんずんきます。
「次の交差点に行ったら走り始めよう」とか、「あと5分歩いたら走り始めよう」とか
いろいろ自分に言い聞かせるんだけど、結局足の痛みに負けて走れない。
たぶんその痛みを上回る精神力があったら走れたんだと思うけど。
30キロを越えたぐらいからは、ちょっと気を許したら泣きそうなぐらい痛かった・・・
だから走れなかった。
上半身は元気で、呼吸は大丈夫なんだけど、とにかく足が痛い。
途中でお腹が空くと言われていたけど、それはほとんど感じなかった。
持って行った大量の飴は、3つぐらいしか食べなかった。
梅干は2つ食べた。 あと、アミノ酸のパウダーも一袋飲んだ。
どれがどれぐらい効果を発揮したのか分からないけれど・・・・・。

でもやっぱり精神力なのかなって思った。
例えば途中で隣を「古希の記念に走ってます」と背中に書いた男性が走ってたりすると
ああ、私も頑張らねば!と思って少し走れたり、
Photo_141

実は私はずっとキャップの上から
サンタ帽をかぶって走っていたのだけど、
おかげで「サンタさん頑張って!」って声を
かけられ、その言葉を聞くとまた少し走れた。
あと、途中で公式カメラマンが写真を撮って
くれるポイントがあるんだけど、
そのときに「笑って笑って!」って言われて、
そうするとまた笑顔で走れるんです。
だからほんと、人って精神力が体力を
上回るんだなーって思った。

でも最後の5キロ、、、そして最後の2キロは・・・憎らしいほど長かったなあ。
Photo_134
だって、あと2キロ、と言われても、
まだダイヤモンドヘッドロードの
見晴らしのいい場所にいるんだもの。
まだここでも足が動かなかった。
下り坂で足に負担がかかったし。

しかし最後に精神力と沿道で応援してくれる人のパワーに
体が反応しました!
あと1キロ、の表示と人々の歓声を聞いた瞬間に、
ふっと足が軽くなって、急に走れたのです。
こんなことならもう少し前から走れたんじゃないか!
なんて思ったけど、
たぶんこれが”最後の1キロマジック”だったんでしょうね。
Photo_135

Finish

Shower

おかげで最後は両手を広げて
笑顔でフィニッシュラインを越えた・・・はず!
カメラを取り出す余裕もあったしね。
その後に待ち受けているシャワーでは
虹も出迎えてくれました!
表示されているタイムは最初のランナー
から計った時間なので、
完走後は自分の正確なタイムを確認。

Photo_136

Photo_140

そして、フィニッシャーズTシャツと
メダルを手にして・・・
バスに乗って無事、帰宅。

まあ、帰宅してから体中の痛みとの
闘いが始まったんですけれどね・・。
私はマラソン直後の夕方4時から
仕事があったので、何とか気力で
乗り切ったのですが、
夜はマッサージもそこそこに、
知らないうちに寝てました!

ちなみに翌日はこのTシャツを着て歩いている人か、体をカクンカクンさせながら、
あるいは痛そうな表情で顔をしかめながら歩いている人が
マラソンに出場した人だ!っていう証拠です。 すぐに分かります(笑)

そして今夜、若干みんなで体をカクンカクンさせながら、
昨日マラソンに出場した中高時代からの友人たちと総勢7人で打ち上げをしました。
そのうち一人は4時間40分台で完走! 一度も歩かないことを目標にしたんだそう。 お見事!!
そこでみんなで話し合ったことと、自分で学んだことを総合すると・・・
①最初に歩いたほうがいいと言われたが、歩いても足が痛くなった。
  結局足が痛くなるのなら、最初のパワーのあるうちに
  走れるだけ走ってしまったほうがいいのでは??
②食べ物・飲み物は持ち歩く必要なし?
③走り終わって一人だと寂しいので携帯は持っていた方がいいかな?
④カメラを持っていると途中気がまぎれてラクかな?
⑤足の爪は深爪にならない程度に出来る限り短く切るべし!(つま先がとても痛かった)
⑥ウェストポーチは小さく!(シバタといとのバッグは大きすぎて失敗。
                 私なんてずっとたすき掛けだったので疲れました)
⑦自分の名前を正面に書く!そうすると沿道の人が名前で応援してくれるから。
 さらにツアーで参加している人は、旅行会社の方々が応援してくれるんだけど、
 私みたいに個人だと、応援してくれる人が少なくて寂しい。
 私は背中に名前が書いてあったけど、通り過ぎてからでないと見えないのであまり意味なし!
 でもサンタ帽のおかげで「サンタさん!」って応援してもらえてよかった。
 だから、何か少し目立つ格好か、名前を大きく書くか、どちらかをオススメします!

ということで、①~④はどっちがいいのかはわからないけど、
⑤~⑦は断言できます!

でも、こんなことを分析したり、
何キロから何キロ地点までは何分で走ったのか・・・なんて計算しているあたり、
私もなんだか欲が出てきたみたい。
ん? 来年も走るのか・・・・・な? でもまだ走る気になれないな・・・。


2006年12月10日 (日)

マラソン前夜

いよいよ明日に迫ったホノルルマラソン。
というより、あと7時間後に迫っている・・・現在、夜の10時。もう寝なくちゃ。

今日の昼、北海道のリスナーランナーさんたちがスタジオリムに集合してくれて、
お互いの健闘を祈りました!
North_runners
(ちょっと写真がぼけてしまいました)
と言っても、みなさん経験者ばかりなので、私が一番頑張らないと。
一人一人、目標タイムを宣言したの
ですが、私が「6時間台のなるべく
早い時間で・・・(もごもご)」と
言っていたら、ノビーさんが
「はい、しばたさん、サブ6ね!」
(6時間をきること)と宣言。
はい、わたし頑張りますよ! 
目標は高くね! 
でも、ほんとに何もせずに走るんだから、ほんとの目標はゴールすることです!

そしてついさっきまで、ホノルルマラソン出場のため火曜日から私の部屋に泊まっている
親友のいとと一緒に明日の用意をしていました。
この日のために買ったウェストポーチに飴をたーーーーーーっくさんいれて。
(しかも、3種類。 途中で飽きないようにね。)
バンドエイドもたーーーーーーーーーーっくさんいれて。
(人助けできるかもしれないしね。)
下痢止めもいれて。
(去年、ノ○ーさんが、マラソン途中にやぶの中に駆け込むという
 ハプニングに見舞われたらしいので)
あと梅干。(アミノ酸、大事ですから)
写真も撮りたいからデジカメも。
(だんだん遠足みたいになってきた)

とにかく初参加を楽しもう!ということで、
夕方、ワイキキのナイキタウンに行って、Tシャツに文字も入れてきたんですよ。
Candoit
おとといから今日の3日間、
ナイキタウンで買ったTシャツに、
14文字まで好きな文字を無料で
プリントしてくれるサービスを
実施していたんです。
2時間ぐらいで出来上がり。
散々悩んだ挙句、、、、、
自分自身を応援することに
しました。
うん、きっとできる!!

Tshirtsfront

シャツの前面にはゼッケンを貼ることが
義務付けられています。
そうそう、知っていました??
ゼッケンって紙で出来ているんです。
初めに見た時びっくりしました。
でも雨に濡れてもやぶれない
紙なんですって。
その四隅を、安全ピンでとめます。

Shoes1

そして靴にはチップを装着!
これでタイムがきちんと計られます。


Aloha_runners2_1

さあランナーたちはもうおやすみの
時間です。

それでは明日・・・42.195キロ、
未知の世界へ行ってきます。


2006年12月 7日 (木)

マラソンのゼッケンもらいました

今日からワイキキから歩いてすぐのハワイコンベンションセンターにホノルルマラソン事務局がオープン!

シバタも、東京から来た親友と共に、ゼッケンをピックアップしに行ってきました。
Photo_123

コンベンションセンターには、エントリーしている人の名前とゼッケンナンバーが
記載された名簿がずらり並んでいます!
シバタの名前を探すと・・・・・10927!
うーんと、うーんと、、、、、、、
「10927=遠くに、な!」と覚えましょう。 
(遠くまで走れますように!!)
ちなみにShibataの名前の下のほうに
Shimabukuro、つまり
ジェイク・シマブクロさんの名前を発見
しました!29番ですって!

Photo_124
ゼッケンとスニーカーにつけるチップを
一式受け取ったら、そのチップの認証を
受けるコーナーに進みます。
チップの認証手続きを受けたら、
マラソン資料などが一式入ったバッグを
受け取って手続き完了!

Photo_126

Photo_127


Photo_129

このチップはとっても大事。
ランナーがちゃんとルート上のポイントを通ったかどうかが
記録されます。
そして当日、ホノルルマラソンのサイトでは、
ゼッケンナンバーを入れると、そのランナーが現在どこを走っているの
かがチェックできるんですよ!!
友達や家族が走る方は、番号を聞いておくと楽しめますよ~。

Photo_128

恐怖の?!初マラソンまであと4日。

ちなみに今週は一回も練習してません。
気持ちだけはかなり盛り上がってきました。

ラジオをつけても「マラソン!」
街を歩いても「マラソン!」
いろんなところで見聞きします。
街全体が応援してくれるから、
完走できる気がする。

Photo_130

Photo_131

2006年12月 4日 (月)

マウイにいます

Photo_117

ただ今、マウイにて心と体をクリーニング中・・・・・。

Photo_118

ひたすらクリーニング中・・・・・

ほらほら、あなたもだんだん癒されてきた・・・

Photo_119

そしてシバタはマウイの青い空とパームツリー
を眺めながら、リラックス中・・・・・。

Photo_120

・・・・・と思ったら、船の上にいる ?!

Photo_121

・・・・・ん? 踊ってる?!


実は、遊びではなく、
仕事で来ています。
(説得力ないだろうけど)

とても重要なミッションなのです。
(と言っても説得力ないだろうけど)

朝から夜まで取材しています。
(ほんとだよ、ほんと!)

ということで・・・・・

こちらも、近日公開!
来年早々、NORTH WAVEの番組にてマウイ大特集をお届けします。

マウイは初めて来たけど、今なら心から人にオススメしたいです。
今も波の音を聞きながら書いています。
窓の外にはラナイ島が見えます。 体も気持ちもやわらかくなっていく・・・
ずーっとここで横たわっていたい気分ですよ・・・・・。
宿泊はもちろん、ハイアットリージェンシー・マウイ・リゾート&スパ!

では、3日したらワイキキへ帰るので、SEE YOU ON 水曜日!

2006年12月 2日 (土)

COMING SOON !

更新が遅れましたが、今日は朝7時に家を出てから夜の0時に帰宅するまで、
ずーーーっとインターネット用の映像の取材&収録をしていました。

早朝にカピオラニ・コミュニティー・カレッジのファーマーズマーケットに行ったり、
お店やコンドミニアムなど様々なところを取材。
こうして仕事でホノルルを見てまわると、また普段とは違った発見があるから楽しい。

そして夕方からはカハラからハワイカイに向かう途中にある、
素敵なバケーションレンタルの一軒家で撮影をしました。
正面入り口から見ると日本家屋のようですが、中に入るとリビングの目の前は一面、海!という、
ちょっと沖縄のような空気も漂っている、平屋作りの素敵な家。
Photo_114

2_7

Photo_115

フラカヒコの撮影もあったりして・・・! 
いったいどんな映像になるのか?
先日のブログでもちょっと書いたのですが、
まだ詳細はお伝えできないものの、
「MSN」のサイトでご覧になれる映像だ
という予告はできます!
年末になったらもっと詳しくご紹介しますね。

Photo_116

今回のスタッフのみなさんと。
私は一日でしたが、連日早朝から
深夜までオアフ中を撮影しまくって、
嵐のような5日間を過ごして
日本へ帰っていきました。
目下、急ピッチで制作中。
COMING SOOOOOONです!
乞うご期待!

一番早いクリスマスパーティー

12月に入りました。

30pancake2

12月になった瞬間、つまり深夜0時に
私が何をしていたかというと、、、、、
またもや出ましたパンケーキ!
「ホイップクリーム パンケーキ添え」と
呼びたいぐらい、パンケーキよりクリームの
存在が大きすぎる、「Eggs'n Things」。
今回はバナナホイップクリーム添えです。
大きさを伝えたくてケチャップを置いてみました。

でも、夜中にパンケーキ食べに行こう!と
言ったのは、何を隠そう私ではなく、
パンケーキの後ろにぼんやり写っている男性、はや・・・あ!名前は申し上げません!
いつもハワイに来ると、開店直後を狙って(つまり23時)ここに来るそうです。
確かに、今日もまったく並ばずに入れましたので、狙い目かも。
しかし、夕食に中華をお腹いっぱい食べていたため、私はほとんど食べられず。 
しかし男性3名が男らしい?食べっぷりでお皿を空にしてくれました。
ああ、美味しく食べられるタイミングでこのお店を訪れることができない。

さて、12月。 一年を気持ちよく終わりたいところですが・・・なぜかこんなテーマ↓
「きょう残念だったこと」 その1
12月のバスの定期券の柄が、、、、、「幼虫」、だったこと。
Bus

12月だからクリスマスらしい絵柄なのかなあって
期待するでしょ?
買うときにカウンター越しに見たら、
赤と緑のクリスマスカラーだったから、
うわあ何だろう??ってワクワクしながら
受け取ったら、、、、、幼虫(泣)。
何でなのよー。
しかも超リアルー。
毎回出し入れするたびに触るのが
イヤじゃないのよー。もー。


きょう残念だったこと」 その2
アラモアナのHOLISTARの店内が暗いこと。
HOLISTARだけじゃなくてAbercrombieとかRUEHLとか、
これらのお店は一様に照明が暗いです。
今日お買い物をして外に出てからふと袋の中を見てみたら、買ったはずのない色のカットソーが!
「誰が買ったの、このど派手なショッキングピンク!?」
・・・と思ったら、それは私が赤だと思って買ったカットソーでした。
(すぐに取替えに行きましたけれど、すでに建物を出ていたので面倒でした)
皆様も、上記人気店でお買い物をする時は、本当の色にくれぐれもご注意を・・・・・。


ところで今日は少し涼しいホノルルでしたが、
12月の声を聞くやいなや、今日は、自分に関係のある今年最も早い
クリスマス・パーティーが二つもありました。

1xmasparty1

1xmaspartycake

一つは、
「早慶合同
クリスマス
パーティー
inHawaii」。

ここオアフでは慶応大学出身のハワイ在住民で結成される三田会と、
早稲田大学出身の人で結成される稲門会が活動していて、
年末には合同でクリスマスパーティーを
開くのがここ数年恒例となっているそう。

で、今年はワタシも初参加となったわけですが、初めてにして司会を担当。
実は、ワタシがハワイへ来てまだ間もない頃から、
「今年のクリスマスパーティはノビー池田さんと柴田さんで司会だね」と言われていました。
なぜなら、ノビーさんは三田会。ワタシ、稲門会。 
偶然にも、一緒に番組をやっている二人が早慶コンビになったのです。

そして今年は、ノビーさん&シバタが出るならと、
二人の保護者?!として、Reikoさん(某国立大学ご出身)も参加。
最後に恒例の校歌(塾歌)を歌いあうのですが(さらにエール交換も)、
Reikoさん、しっかり「都の西北」に参加してくれました!(かなり稲門会寄り)
しかし、大学の校歌をハワイで歌うとは・・・・・
12年ぶりによみがえる愛校心、と言いたいところですが、
もうところどころ歌詞もメロディーも忘れてた。
12月のハワイ、ホテルのボールルームではこんなことが行われているのですよ(笑)!

聞けば、6大学対抗ゴルフコンペもあるとか。他にも県人会などの活動もあります。
ハワイだけでなく、世界の様々な都市でこういう活動が行われているのだと思いますが、
日本から離れている者同士、こういう場で会うと一気に距離が近くなり、力を合わせ、
ビジネスなどいろんな広がりが生まれるんですね。

そしてもう一つのクリスマス・パーティーは、ワタシの住んでいるコンドミニアムのもの。
二つ重なってしまったので残念ながら参加できなかったのですが、
ロビーにケータリングのお料理を入れて、
フリーのビュッフェスタイルのパーティーに住民が招待されました。
住民同士、頻繁に挨拶や言葉を交わすこちらの生活ですが、
それでもこのようなパーティーを通じて、もっとコミュニケーションをはかろうとする試みが素敵です。

Mele Kalikimaka(メリー クリスマス) !
・・・・・ってまだ早いか。

2006年12月 1日 (金)

素晴らしいクム・フラと・・・職人さん?!

やったー。 完走できた!

というのはホノルルマラソンの話ではなく、、、、、このブログのことなのです。
ひそかに11月は毎日更新!というのを目標にしていたので、今日の更新で何とか完走です。

初めは自分自身の気持ちの整理のため、あるいは単純に記録のため、家族や友達への手紙として、
というような意味合いが大きかったのですが(もちろん今でもそういう役割はあるのですが)、
徐々に、”伝える”ことが仕事の私にとっては、
今の暮らしは、そのすべてが伝えることに直結している貴重な時間だ!と思い始めました。
ハワイでの暮らしを、自分ひとりが楽しみたいわけじゃなく、苦労も楽しみも感動も、やっぱり伝えたい。
というわけで、このブログはリアルな記録でありつつも、
”情報”として何かお役に立てればという気持ちもこめています。

今日番組リスナーの方から、「ラジオで耳から聴いて、ブログで目で確認して、2度楽しんでいます」
というメールをいただきました。 (ありがとうございます(>_<)うれしい。)
『SKY CONNECTION』は生放送ですが、『ISLAND BREEZE FROM HAWAII』と
『SATURDAY MORNING LOMILOMI』は収録のため、放送まで1週間のずれがあります。
なので、ブログが番組の予習!という感じで楽しんでくださいね~。

*****************************************

そんなわけで、ラジオdayの本日木曜日の出来事。

ゲストにすごい方がいらっしゃいました!!
30uluwehi_4
Uluwehi Guerrero(ウルヴェヒ・グェレロ)さんです。
クム・フラであり、
素晴らしいシンガー
でもいらっしゃる!

このウルヴェヒさんに
師事され、札幌と函館
でフラ教室を開いて
いらっしゃる、
ケアラニ岩瀬先生と
共にゲストにお迎え
しました。

そして、スタジオ内
では・・・・・

30uluwehi_2

30uluwehi_3

← こーんなことも
こーんなことも →
行われました!

その場の空気を一瞬で
幸福感で満たす
素敵な二人の共演。

NORTH WAVEを
お聴きの方!!
12月10日(日)の番組で
この素晴らしいひとときを
お伝えしますのでお楽しみに♪

30

・・・・・で、こちらがもう一人のゲスト。
「職人」さんです。

ノビー池田さんが今年の夏、北海道に行って出会い、
一目惚れならぬ一口惚れ?!したという
”北海道にしかいない”職人さんです。
今日は北海道のリスナーの方に連れられて・・・・・
はるばるハワイへ!

噂通り、とても(のど越し)さわやかなお方で、
お近づきになれて光栄!って感じでした。

・・・・・ごちそうさまでした!

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »