« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月に作成された記事

2007年1月31日 (水)

ABCストアを開拓中

ハワイで暮らしていても、肩は凝る

私の場合は放っておくと首もガチガチ、背中も腰も痛くなって、頭痛もしてきて
うわあああああああ~!ってなって、今日はエステマッサージに緊急駆け込み。

その帰り道、”ちょっと健康に気をつけなきゃ!モード”になっていたため、
ワイキキの『オーガニック・カフェ』に寄って、ビタミン剤を見ていた。
サプリメントを摂る習慣は全然ないんだけど、ちょっとお店の人に相談しながら
液体のビタミンCと、ビタミンEの錠剤を購入。

そしてお会計を済ませようと銀行のカードを出したら・・・
「こちらにお住まいですか? それだったらカマアイナレート、ありますよ」って。
1ドルちょっとだったけど、安くなりました。 意外なところでカマアイナレート!

先日番組あてに、「ハワイの運転免許をとったので、どんなところでカマアイナレートが
あるのかを教えてください」というメールをいただいたのですが、
私もこれまでゴルフとかレンタカーとか観光に関することしか経験がなかったのですが、
こんなところにもありましたよ!!


さて、その後に立ち寄ったABC STORESで楽しいものを見つけました。
ABCは店舗ごとに品揃えが少しずつ違って、そこにしか置いていないものもあるので
最近、一店舗ずつチェックしています。
今日は、ハレクラニへと続くルワーズ通りにある大きな店舗をチェックしていたら、、、、、

30coffee1_1 30coffee2 

                                            

                                    

                    

         

          

                    

            

       

       一杯一杯すぐに飲める、ドリップコーヒーを発見!($9.99)
しかもコナ・コーヒー100%だなんて、優秀です。
先日、母がハワイへ来たとき、ホテルの部屋ですぐに飲めるコーヒーが欲しいと言い、
近くのABCを探したのでよく分かるのですが、
お土産用のコーヒーの豆かローストしたものはあってもインスタントってなかなかない。
唯一見つけた顆粒スティックのコーヒーは、ミルク&お砂糖も入っていてNGでした。
これなら一応ドリップで、しかもブラックで飲めます。

Mauka Meadows、つまりドトールのコーヒー、ということで、日本語が出てきました。

さらにこの店舗では、
30coffee3_1 インスタント・コーヒーの瓶も発見!($5.49)

これも、ありそうで他に置いている店舗は
今まで見たことがないです。

こちらはコナ・コーヒー10%だけど、
カンタンに飲めるという点では、
旅行滞在中には便利だし、

送る相手によってはお土産にしても
喜ばれそう。(大きさも小さくていいです)








この通りには、もう一軒、つい最近出来たばかりの新しいABCストアがあり、
そこではこんなかわいらしいものを見つけました。

30gummi1
ミッキーとニモのグミ!(各$1.39)

これも、かわいくてお土産なんかに
いいんじゃないかなーって思い、
家に帰って中を開けてみると、、、、、?

30gummi2 30gummi3
楽しませようと工夫されてるな、っていう感じが
伝わってきます。
伝わってはきますが・・・

す、すごいですね。

そして口に入れてみると・・・・・
    
・・・・・・・・・・・・・・・・(絶句)。

今日は健康的だったんだろうか、不健康だったんだろうか・・・。

2007年1月30日 (火)

月曜日のサンセット

29sunset つい数日前とパターンが似ていますが・・・・・)

ワイキキビーチで本を読んでいて、
夕方風が強くなって肌寒くなってきたので
帰ろうと思ったのですが、
このまま
サンセットを見るのもいいなと思い、
陽が落ちる瞬間を待ち構え、
最後までぼーっと眺めていました。



                                                               

実は、ワイキキビーチでじっくりとサンセットを見届けるのは、初めてでした。
もちろん、サンセットそのものは色んな場所で見てきましたが、
こんな風にワイキキビーチに腰をおろして眺めるのは初めて。 

昼間は足の踏み場もないぐらいの状態になるワイキキビーチも、
夕方になると、昼間の賑わいがうそのようにいったん人がいなくなり、
その後また、陽が落ちる瞬間を見届けようと人が集まってきます。
けっこうみんな、無口で静かに眺めてる。
夕陽は人を静かにさせるのでしょう・・・・・


・・・・と思いきや、先日ランニングをしていたときに
ヒルトンの前のビーチを通ったら、ちょうどサンセットに遭遇し、
思わず走りながらカメラに収めました。

24sunset1
ああ、なんてきれいなんだろう・・・と
走りながらも目の端で夕陽を追い、
全部沈んだところまで見届けると、
辺りから
大歓声が聞こえてきました。

「やったね~!Yeah~!!Good JOB!」

何でも楽しんじゃうハワイアンスピリット、
好きです。

2007年1月27日 (土)

金曜日の花火

26hanabi1 やっと見ることが出来た、花火!

毎週金曜日の夜、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジでは
花火が打ち上げられるのだが、
うちのコンドミニアムの屋上からも見えると聞き、
一度ここから見てみようと思っていた。

ところが、ここに住んで4ヶ月も経つのに、
なぜか金曜日のその瞬間を逃してばかり。

しかし今夜は、5分前から待ち構えて、
7時半の花火の時間を迎えたのだ!

・・・・・・ん??は、花火??
見えるけど、、、、、見えない。

ああ、ワイキキトレードセンタービルが
なければ・・・。

でも、その時間になると、住民がけっこう屋上に上がってくるんですよ。

ふと見れば、周りの高い住居の屋上という屋上に人が集まって遠くの花火を見てる。
金曜の夜ということもあって、これにあわせて屋上で飲んだりバーベキューなどをして
けっこうみんな騒いでいるようです。

なぜか向かいのビルでは花火で盛り上がる若人たちが「Hey JUDE」を大合唱。

2007年1月26日 (金)

Masu’sが間もなく閉店

JFNの生放送とNORTH WAVEの収録の間のランチタイムを利用し、
取材を兼ねて
『MASU’S MASSIVE PLATE LUNCH』へ行って来た。

リリハストリートにあるこのプレートランチ屋さん。
(リリハ・ベーカリーの斜め前)

25masu4 店構えは、なんていうか、とても簡素で、
町の食堂っていう雰囲気が漂っている。
お店のことを知らなかったら
正直、素通りしてしまうかもしれない。
しかしこのお店、スタジオリムのノビー池田さんが
ハワイに来て一番美味しい!って思った
プレートランチ屋さんなんだそうだ。
そしてその店構えが示すように、
ローカルの人やスターに愛されたお店だ。


「愛された」とつい過去形にしてしまったのは
・・・・・2月いっぱいで閉店してしまうから。
33年ものお店の歴史に幕が閉じられるのだ。
もう体力の限界だとか・・・。

そこで最後に取材しておこう!ということになった。

閉店するのを知ってか、ランチタイムにはお店の外まで行列がのびていた。
結局、私とノビーさん、エンジニアのゆうさんと3人で35分並んだ。
待ちながら、7~8種類並ぶメニューの看板を見て
一人一人違うメニューを頼んで分けようね!なんて楽しみにしていた。
ところが順番が近づいてカウンターに近寄ってみたら、、、ほとんどのおかずが無い!

「チリビーンズとカルア・ピッグでいいんならあるよ!誰か注文するかい?」
お世辞にも愛想がいいとはいえない店員さんが叫んでいる。
「どうする?食べるの、食べないの?」
なんだか怒られているみたい・・・・・いや、一応笑ってるから怒ってるんじゃないんだな。


結局、その二つのメニューで手を打った私たち。
25masu2 25masu3

左がカルア・ピッグ。
ハワイの代表的なおかずで、豚の角煮みたいな
食感が私は好きだ。


右がチリ・ビーンズ。ソーセージもごろごろ入っている。

ご飯が2スクープに、マカロニ・サラダが1スクープ、そしておかず、
というのがハワイのプレート・ランチの定番。
たいていおかずはお肉モノなので、このように見た目に色がないのも定番。
しかし、どん!どん!と盛られた感じはなんとなくアットホーム(笑)。
さらにボリューム大!である。

2つのプレートランチを大人3人でシェアしてちょうど良い感じだった。
味は、確かに美味しい。しかしかなり味が濃い!
「こんなに味濃かったかなあ・・・」とノビーさんが何度もつぶやく。
結局、スタジオに帰ってから、3人とも喉がかわいてかわいて仕方がなかった(>_<)
ボリュームから言っても、味付けから言っても、
体をよく動かす若者向け!っていう感じかもしれない。


それでも機会があったら閉店前にぜひみんなにも訪れて欲しいなあと思う。
それはやっぱり、長い間親しまれてきたダイナーのみがかもし出す、
独特のお店の雰囲気を楽しんで欲しいから。

25masu1

店内に飾られた写真の数々や、

店内に流れるオールドハワイアン・ソング、

錆びたパイプ椅子、そっけないテーブル、

ほこりのたまった天井のファン、

素っ気無い店員さんと常連さんがやりとりする声。

すべてが交じり合って、ここにしかない空間を
つくりあげている。


閉店まで、あと34日。

動画『ロングステイinHawaii』へジャンプ

番組『SKY』のホームページからこちらへとんできて下さった方!
ハワイの動画コンテンツが見られるサイト
「ロングステイ in Hawaii」はこちらをご覧になってみてください!
↓ ↓ ↓
http://special.msn.co.jp/travel/hawaii/

2007年1月25日 (木)

ウォーキング&ラン

今日はよく歩きよく走った一日でした。

朝は取材を兼ね、オアフの東の海岸にあるマカプウ岬へクジラの張り込みに行きました。
ハワイは今がクジラのピーク!
北の冷たい海からこの暖かい南の海へとクジラが大移動してきています。
この時期にハワイを訪れたなら、暇さえあれば海のほうを見ていると、
クジラを目撃する確率がかなり高い。 そう、陸からでもその姿を確認することができる。


そんなときに絶好の場所が、マカプウ岬
下の駐車場に車を止めて、トレッキングコースをひたすら歩いて登ります。
傾斜はなだらかなんだけど、けっこう距離はあるのでかなりの運動。
だんだん汗も出てきて息もあがってくるのですが、てっぺんの展望台に着くと、
すばらしい景色が待っています!

24sea_1
自分の周り、220度ぐらい海が見渡せる。
視界をさえぎるものは、何もなし!
前方に海はどこまでも果てしなく続く。
そして眼下の海の透明さ、青さに心が躍ります。
ダイヤモンドヘッドに登ったとき以上に
美しい景色を見られたような気がしました。


そして、その海をひたすらぼーーっと眺めていると
あきらかに波とは違う現象が見られます。
プシューッって、霧吹きのように海水があがるんです。
これが、クジラの潮吹き。 つまり息継ぎ。
長い間見ていると、プシューッ、プシューッってあっちにもこっちにもあがる。
その下にあの大きなクジラがいるんだな、って思うと不思議・・・。


1時間ちょっと張り込みしてたんですけど、20回以上は見たかな。
でも「クジラを見た」というより、「潮吹きを見た」って感じ・・・。
ホエールウォッチングクルーズなどで沖に出ると、頭や尾びれが海上に現れるのを
目撃することもあるみたいです。

クジラについては明日の『SKY CONNECTION FROM HAWAII』(JFN37局、金曜朝6:15)
であらためてお話しまーす。

さてウォーキングのお次はランニング。

途中に番組の収録をはさんで、夕方6時にワイキキのナイキタウンへ行きました。
24run
ここでは週に2回(水曜18時~、土曜9時~)、
NIKE RUN CLUBとして、ランニングイベントを
行っています。  参加費は無料! 
走りたい人は、ナイキタウンの前に集合すればOKなのです。

実は私、あのホノルルマラソン以来、1ミリも走って
いない・・・・・しかしようやく、走らなきゃ!と思える事態が勃発したのです。(これについてはまた今度・・・) 
ということで、このナイキのイベントに初参加。

このランニングシューズも、洗ったまま放置したあったから履くのは1ヶ月半ぶり。

24nike
夕方6時近くなると、ランナーが続々集まります。
初めての場合は用紙に必要事項を書き込んで
エントリー。
すると、ランニング記録用紙みたいなものを
渡されます。

そこには、いつ、何マイルを、どれぐらいの速さで
走ったか、当日のお天気は、自分の体調は、
などのデータを書き込めるようになっています。
このデータは、走り終えたときに自分で記入。
自分で自分を管理するという感じですね。
用紙は保管しておいてくれるので、
RUN CLUBに参加する毎に自分で記録を書き込んでいきます。
ただただ毎日やみくもに走るより、数字で積み重ねていくと、やる気がでるよね。


で、実際のランなんですけど、こちらも自分のことは自分で!という感じ。
一斉にナイキタウンを出発するのですが、
特に道路沿いに「何マイル」などと表示があるわけではありません。
ここまで走って折り返してくれば何マイル、ここまで行けば何マイル、と書かれた
小さなルートマップが受付においてあるので、それを見て自分で好きなところで
折り返して再びナイキに戻ってくるだけ。
最初は集団で走っていても、だんだんばらばらになっていくので、
最後は自分ひとりでトレーニングしているような感じになります。
でも数人は最後まで一緒だから、やっぱり一人よりは頑張れる。


それと、ナイキタウンの前に分数を表示する時計を置いてくれるので、
戻ってきたときに自分が何分で走ったかがすぐに分かります。
それを見て、自分で記録を記入。 どれだけの距離を走ったかも自己申告です。

距離は、折り返す地点によって2mile、3mile、4.4mile、5.8mileとあるのですが、
私はアラモアナの手前のマジックアイランドをまわって折り返してきて4.4mile。
だいたい7キロ。 タイムは45分。
まだ遅いけど、これを基準にだんだん速くしていこう。


24fruits
走り終わった後は、お水とフルーツもくれるよ!これが、ほんとに美味しくて・・・
運動すると、やっぱり気持ちがいい。

走ってる途中はすぐに歩きたくなっちゃったけど、
がんばって走ってよかった。

走り終えたあとは、顔見知り同士、ランニング談義。
私も、「初めてのラン、どうだった?」と
声をかけられ、その後「カーボダイエット」に
ついて、おじさま二人と熱く談義しました(笑)。
こういうコミュニケーションも楽しいです。

土曜日も、がんばろう。

もちろん観光客の方でも参加できます。

2007年1月23日 (火)

ホノルル空港に変化が

仕事に遊びにと精を出し、かなり寝不足な一週間。
2歳8ヶ月の甥っ子がいたため、彼が寝て起きる時間に大人たちもスケジュールを
あわせて行動しましたが、それでもかなりアクティブだったと思う。

ただ、子供は体内の調子を整えるのに2日半ぐらい費やしました。かわいそう。
なるほど、子供連れの海外旅行は大変だなと実感。

でも、先日友人が子供と遊びに来たときも思ったのですが、
ハワイの人たちは子供に優しい!
どこへ行っても優しくサービスしてくれ、声をかけてくれ、

社会全体で子供を見守り、育てている、という感じがします。

姉が買い物をしている間は彼の遊び相手をつとめた私ですが、
ワイケレのアウトレットでのこのマシン↓


20outlet3
先日、友人がハワイに持ってきてくれた
CanCamの別冊付録、
「エビちゃん HAWAII BOOK」の中で、
エビちゃんも乗ってた!

さらに右手と左手のポジションが
エビちゃんと同じだったのには笑いました。
将来は、モデルか!?

付録を持っている方はお暇な時に見てみてね。

ところで今朝、ホノルル空港に彼らを見送りに行ったとき、
出発手続きのロビーの外にスターバックスを発見。

 22coffee1

22coffee2







これはナイス!





今まで人を見送りに行っても、

チェックインを済ませた後、
一緒にお茶を飲んで過ごせる場所がなかった。
中にはスタバやファストフード店があるのですが、
チケットを持っている人しかセキュリティーチェックを受けて中に入れないし、
チェックインカウンターが並ぶ空港のロビーには座るような場所もほとんどないし、
送り届けたらハイ、さようなら~・・・・という感じだったのですが、
これなら少しお茶を飲んでいられる。

聞けば、去年の12月にオープンしていたとのこと。

でも、ほとんどの人がハワイでの旅行を終えて後は帰るだけなので、
あまり外にはお店の必要性はないのかな?
私も、見送る立場になってみて初めて、不便だなーって思い始めたし。
それと、今、ドリンク類に関してはキビシイので
セキュリティーチェックを受ける前にコーヒーやジュースは全部飲みきらないと!!

ちなみにホノルル空港は、これから数年かけて
駐車場のビルを建設したり、1フロア増築してレストランなどをつくる計画が
あるそうですよ。

2007年1月22日 (月)

ハワイの絶景

今週は母と姉と甥っ子がハワイに来ていて少々更新が滞り気味でした。
添乗員のごとくあちこち案内しつつ、
実態は、いい歳した娘二人が母のお財布にすっかり面倒見てもらった・・・
という感じでしょうか・・・。

今日は母とゴルフに行きました↓

19golf4_1 ・・・とこんな写真を載せる資格もないスコアの私ですが・・
母の希望で滞在中二度も行ったのですが、
とにかくたくさん打つので、一回のゴルフで相当疲れる。
19_2
二回ともオロマナゴルフ
リンクス
へ行きました。
ここはローカルの人に
人気で、とても気軽な感じで
出来るので下手な私でも
気楽にできます。

カマアイナ(地元民)価格だと40ドルだし!

でも池が多いので、要注意です。 私みたいなのはボールをたくさん無くします。
失ったボール代を考えると、安いのか高いのか・・・。
日曜日ということで、小学生と思われる子供たちのゴルフスクールが行われていました。
そんなアットホームな雰囲気を好む方にはおすすめです。
ワイキキからH1とパリハイウェイを使うと車で30分ぐらいです。

21golf3_2 ここのコースは、周りを雄々しい山々が囲んでいます。

今日は午後からまわったのですが、
夕暮れ時に光のカーテンが現れました。

ハワイと言えば太陽と青空!ですが、
実はここで暮らしていて、何度見てもきれいだなと
思うのは、夕暮れ~サンセット~夜空の時間帯です。

特に日が落ちるときに、夕陽を浴びた椰子の木が
まるで影絵のように浮かび上がるのが好き。



今日もワイキキビーチではそんな素敵な景色が見えました。
そして今夜の月は、、、、、
21sunset1_1 21sunset3_1

2007年1月19日 (金)

ハワイで昼からお鍋が食べられます

18yoshitune3 ワタクシの本日のランチなり。 →

「私いま、日本に帰ってるのよー!」と
言っても信じてもらえそうな食事ですよね。
だって・・・”
石狩鍋”(一人前)ですよ。
それも大好きなマロニー入りだったのには感動。

実はこれに”
カツオのたたき”とご飯”も
ついたランチセットでした。(約10ドル)


それにこの店構え。↓

18yoshitune1 というわけで、お店の名前は「義経」。
←ますますハワイにいるんだか日本にいるんだか
って感じの写真ですが、こちらがお店の入り口。
ワイキキのカラカウア大通りの一番東、
パークショアというホテルの一階にあります。

番組と番組の間に、
スタジオリムのスタッフと4人で食べにいったのですが

「かなりインパクト大だから、カメラ持ってった方が
いいよ」と言われたのでその通りにしてみました。


18yoshitune2 本日のランチは私が食べた”石狩鍋”の他に
”かき飯”セット。 これまたすごいでしょ。

曜日ごとに2種類のランチがあって、
他の曜日を見たら「コロッケ」とか「かきフライ」とか
「天丼」とか、かなり魅力的な文字が並んでいました。
あっ・・・魅力的に見えるのは、
和食に飢えているハワイの日本人だけ?



実際は、最近ホノルルにまたまた日本食屋さんが増えていて、
例えば東京に本店があるおしゃれなダイニングや、おいいしつくねのお店、
お蕎麦屋さん、お鍋が食べられるお店、と、どれも味も満足なお店がたくさんあるので、
和食には困りません。

しかし、この「義経」はひたすら独自路線を走ってます。
上野や浅草に来たかのような”純和風”な雰囲気。
いや、それ以上だな・・・・・

熱海に温泉旅行に来たような錯覚に陥りましたわ。
お昼からお鍋なんか食べてしまったものだから、食べ終わった後は、
「じゃあ、お部屋帰って少し休んだら、お風呂いきますか」っていうモードでした(笑)。
「明日の朝もここで朝ごはんだから集合ね」みたいな感じ。

ちょっとクセになりそうなこの「義経」。

旅行の合間にも胃が和食を欲したときは、
そして体が熱海を欲したときは、いかがでしょうか?(←どんなときだ?!)

2007年1月18日 (木)

仕事前にダイヤモンドヘッド

先週からMSNのサイトで始まった『ロングステイin Hawaii』。
http://special.msn.co.jp/travel/hawaii/
たくさんの方にアクセスしていただき、本当にありがとうございます。

実は私の親しい友人からは、「下からのアングルは良くない。上から撮ってもらうように」とか、
「左からより右から撮ってもらうほうがよい」といったアドバイス(愛のダメだし?!)
が続々届きまして・・・・・ダメですか、私の顔・・・・・そうだよね、知ってる・・・。
やっぱりラジオがいいな(泣)。


って、そんな後ろ向きな話をしようと思ったんじゃなあーい!
とにかくお届けしている情報は、”通”のハワイ、ロコなハワイが満載ですので楽しんでくださいませ。
毎週水曜日更新で新しい情報をお届けしています。
最新号は「何もしないぜいたく」&「楽園はゴルフ天国」編です。

さて、そんなロコの正しい暮らし方!・・・かどうかは分かりませんが、
今朝、仕事前に”ダイヤモンドヘッド”に登って日の出を拝んできました。
朝6時から開門しているので、そんなことも出来ちゃいます。
(出来ちゃうけど、実行している人は少ないでしょう・・・)
元旦の初日の出に続いて、ダイヤモンドヘッド登頂は二度目!
このペースで行ったら、月2回、年間24回も登っちゃう! 余計な心配かしらね

実は今、母がハワイに来ているので、一緒に登ったのでした。
17diamond4 今朝は雲が多かったのですが、
それはそれで、朝陽が雲と共に幻想的な
光景をつくりだしてくれ、キレイでしたよ。

でも高所恐怖症の私は、
頂上に立つのはこわくないんだけど、
この景色を見るまでに避けて通れない、
ながーい急な階段が、実はちょっとコワイ。
後ろのことを考えると足がすくむし、
ぜったい振り返れない!

あと、最後に上るらせん階段もちょっとネックなのだ。

でもやっぱりこの景色には代えがたい。17diamond5
時間が経つと光の色も変わって、
光のシャワーが降り注いだり、
光のカーテンが出現したり、、、
朝は刻一刻と空が変わっていくので
目が離せません。


初めは眠かったけど、
朝陽と朝の空気を体の細胞一つ一つが
吸い込んで、徐々に目覚めていく感じは
やっぱりいいなーと実感。

・・・なーんて言いながら、部屋に帰ってから仕事まで1時間寝てしまったのですが!

2007年1月15日 (月)

一生分買いたいグロス

14rainbow_1

アラモアナでレストランの取材の仕事をしていた時
ふと窓の外を見たら、ビルの谷間から
ほんのちょこっと見えた。

いつ見ても虹は嬉しいものですね。

そういえば、この場所で虹を見るのは
これが初めてではありません。
アラモアナの山側。
あなたがショッピング中に、
もし雨上がりのタイミングがあったら
ちょっと山側の空を見てみてください。

ところで”虹”から想像する言葉って何ですか?
私は・・・”祝福”かなあ。
もしくは、”明日”。

さて、たまには虹に負けない?!キラキラした話題を!

先週、久しぶりに日本の雑誌をもらって読んだのですが、
コスメ情報が充実していて、ワタクシ気分がかなり高揚しました。
(特にアンチエイジング系の美容液やクリームに目が釘付けになってしまうのは否めないけど)

そんなわけでかなり情報過多な状態で、今日、
アラモアナのニーマン・マーカスのコスメ・フロアに足を運びました。
そこで、出会ってしまったのです。 運命のグロスと・・・・・。

私、今までこれだ!と思う口紅ORグロスに出会ったことがなかったんです。
というのも、もともとの唇の赤みが強いので、発色しすぎてしまったり、
唇から浮いてしまったりするんです。 とにかく商品の見た目の色がそのまま出ない。 
だから赤みの少ないもの、少ないもの、と選んできたのですが、
そうすると妙に唇が茶色くなったり白っぽくなったり不健康に見える。
本当に何本も試しては妥協して買ってきたけど、長く手元に残ったものはありませんでした。
今ではほとんど透明のグロスだけを塗ることが多いのですが、
それだとちょっと華やかさに欠けるのが悩み。
同じような悩みの方、いませんか?

そして今日、雑誌で見かけたオススメコメントが印象的だったNARSのグロスを
だめもとで試してみました。

14nars これ、すばらしい!

私の赤みの強い唇でもすんなりなじみ、
唇の色と同色?って思える自然な色。
肌からまったく浮かないピンクなのです。
若作りでもなく、ギャルっぽくもなく、
大人ながら健康的に見えるピンク。

こんな色があったなんて!

こういう色を選べばよかったのかと目からうろこ。

まあ、色に関しては一人一人合う色が違うので、これがいいとは限らないけど、
このグロス、質感もすばらしいので違う色でも試してみてほしいです。

唇の上に一枚、ラップをピンと張ったような、フィットする感覚なのです。
グロスなのにしっかり”ステイ”する。 唇が”パン”と張った感覚がします。
そしてやたらとテカテカするんじゃなくて、唇が見た目に”うるん”とする。
光沢感もいい。 陽の当たる日中でも、暗い夜でもきれいに光る。


やたらと褒めてしまったけど、
これまで自分に合う色が見つかったためしがなかった私にしてみたら、
この色が廃盤にならないうちに、一生分買い占めておこうかなと思ってしまったわ。
(ちなみに容器の裏を見たら JS5 ORGASMとありました)

NARSはニーマン・マーカスのコスメのフロアにあります。

*MSNトラベル 『ロングステイinHawaii』 http://special.msn.co.jp/travel/hawaii/

2007年1月12日 (金)

結婚式っていいなー。

今日はTFM時代の後輩、Mちゃんの結婚式
P1131691_3

ここ一週間ほど、ハワイは冬らしいお天気で、
雨が降りやすく肌寒い日が続いていましたが、
さすが明るい彼女のパワーにより、
これ以上ないっていうくらい強烈に?!
晴れた

カウマカピリ教会は落ち着いた色の外壁、
そして内装も絵本のようなかわいらしさで、
入った瞬間に「いい”気”で満たされてるな」って
感じる空間でした。
そのせいか、オルガンの音が流れ、女性歌手の
歌声が響いた瞬間に、私も涙が出てきてしまった。

そしてバージンロードを見れば、すでに目を潤ませている彼女。
お父様から新郎へ「娘をよろしく」と預ける表情が、なんとも泣けました。
そしてそこから彼女はほとんど涙を流しっぱなし!
(でも実はmostly鼻水だった・・・という話で後に盛り上がりました)
さらに列席者みんなが涙を誘われたのが、
新郎の
誓いの言葉を述べている間に、彼の目に涙が・・・・・
というより、少年のように泣きじゃくった!・・・ように見えた。
それでみんなも泣いちゃった!

両家のご両親と、数人の友人たちによるアットホームな式でしたが、
新郎新婦が幸せそうであればあるほど、結婚式って心に残る素敵なものになるんだなあ

と再認識しました。

P1131692_1 式の後は、みんなでお食事。

そして夜は親しい友人たちで
新郎・新婦の部屋におしかけ、
夜中まで話し込みました。

私は彼女と一緒に仕事をしたのは一度きりで、
それ以外は顔を合わせてもお互い生放送前とか
生放送中のお手洗い休憩中とかで、

「頑張ってる?頑張ろうね!」とせわしなく
励ましあうのが精一杯でしたが、
こんな風に東京を離れてハワイで結婚をお祝いできて、
嬉しかったです。
出席させていただき、ありがとう。
そしてほんとうにおめでとう。


私もあらためて自分の家庭を大事にしなきゃって思いました。

新郎・新婦はもちろん、出席しているすべての人が
「この瞬間を迎えられて、ほんとうによかった」っていう想いを強く持つと、
結婚式って本当に素敵な時間と空間になるんだなって思った。


それにハワイの”ALOHA”がプラスされれば、なおのこと!

あなたもハワイで結婚式、あげてみませんか??
(って私はウェディング会社の人じゃないよ!)

ところで・・・やっと文字に色をつける方法が分かったわ~!(遅いよね・・・)

2007年1月10日 (水)

ハワイのビデオ番組始まりました

12月から年始まではとても暑かったハワイですが、
ここに来て、やっと”冬らしく”なってきています。 お天気はちょっとぐずつき気味。
ゴホン、ゴホン。 ワタクシ、風邪をひいてしまいました。
これからハワイに来られる方、少し羽織る物も忘れずに持ってきてね!

さて、去年の暮れに手がけていると予告をした、ハワイのビデオ番組が、
ついに今日1月10日からスタートいたしました。

URLはコチラ! → http://special.msn.co.jp/travel/hawaii/

「ロングステイ in Hawaii」。
MSNトラベルのサイトのオリジナルコンテンツとして制作されました。
これから12週に渡って週一回更新で放送されていきます。
キーワードは「暮らすように楽しむ」。 
生活する気持ちで楽しめるハワイの情報がたくさんつまった番組です。
こちらハワイ現地の映像と心地よい音楽、ジョージ・カックルさんのナレーション、
そしてわたくしシバタのトークとで進んでいきます。

ちなみに私がしゃべっている場所は、
カハラとハワイカイの間のバケーションレンタルできる一軒家なのですが、素敵な家だったなー。 
Photo_159
2_10
入り口はまるで
日本家屋のよう。
リビングが広いお庭
に面していて、
そのまま海に
つながって
いるんです。
風が通りぬけて
気持ちがいい。
親子2世代とか、
友達同士で
借りてみたいです。


この『ロングステイ in Hawaii』、
現地の映像がバリエーション豊かでかなり楽しんでいただけると思いますので、
これから3月まで毎週ぜひぜひチェックしてみてください!

素敵なランチスポット発見

9clover2

四つ葉のクローバー発見!

もちろん今年初!ハワイ初!

何かいいことがある兆しか・・・
「先ばかり急がないで、
時には立ち止まってみなさい」
というメッセージか・・・。

でも、立ち止まるしかなかったのよね・・・

ということで、またもやTheBusにまつわるお話です。
今日、ワイキキの北、マキキの丘の上にある『コンテンポラリー・ミュージアム』を覗いてきました。
9museum1

ワイキキからバスを2路線乗り継いで行き、
ミュージアムでランチをとって、
2時間弱ぐらい滞在して出てきたのですが、
かなり急な坂(山道?)の上にあるため、
帰るにはバスを待つしかない。

・・・・・しかし、来ないんだなー、バスが。

停留所の名前もない、時刻表もない、
場所によっては何番のバスが来るのかの表示もない、
ないないづくしのTheBusですから、
待つことにも乗り過ごすことにも慣れました。

しかもこのミュージアムを通る路線は一本のみだから、待つのも覚悟の上でした。

でも・・・・・来ないんだなー、バスが!

だから足元のクローバーを眺めて、四つ葉のクローバー探しをしてしまったというわけ。
陽射しも気持ちよかったし、周りは緑が多くて気持ちよかったから、しばらくぼーっとしてたんだけど・・・

最初の40分間は一人でした。
そこへ英語を交わすご夫婦が一組(のちにカナダの方と判明)。
さらに15分経ち、日本語を交わすご夫婦が一組(のちに京都の方と判明)。
・・・・・ってかれこれもう55分ですよ!! 私もよく待ったものです。
よし、こうなったら歩くわ!と思ったそのとき、救世主が現れました。

「ワイキキに行くのかい?」
ふと見ると、エンジ色のバンの中からご年配の男性が窓越しに叫んでいる。
これにすぐに反応したのが、カナダのご夫婦。
「そう、そうなんだ!ワイキキに行くんだよ! あなたたちはどう?ワイキキに行くの?」
もちろん私も、もう一組のご夫婦もすぐさま反応。
「いやあー助かったなあ!」とばかりにドヤドヤと5人でバンに乗り込んだのでありました。
座席数もぴったり!
急遽、遠足状態でワイキキまでのドライブとなりました。

まず、それぞれどこから来たのかを自己紹介。
カナダと京都、東京(私)からだと分かると、運転している男性が
「僕の祖母はカナダの人で、僕の娘は日本にいて・・・」と、
みんなの出身地と関係があることが分かったのです。 何だか不思議な縁。

そしてよくよく見れば、運転しているのはおじいちゃん。 お歳を聞けば、実に80歳!!

ほんとうにありがたかったー。 心からお礼を言って別れました。
ワイキキまではほんの20分ぐらいで着いてしまいました。

またもやバスに泣かされかけたけど、忘れられない思い出となりました。

ところで、肝心の『コンテンポラリー・ミュージアム』。
私はひそかなランチスポットとしてオススメです。
もちろん現代アートを楽しむ場所ではあるのだけど、
緑が生い茂ったお庭が静かで気持ちよく、
併設されているCAFEでは様々なサラダやサンドイッチなどの軽食がいただけます。
私はスープとパンとちょっと控えめなメニューでしたが、他のはけっこうボリュームもあった。
9museum4
9museum3
9museum2

ポイントは、CAFEのみの利用も出来るという点!
美術館の入館料は大人5ドルなのですが、よく見ると入り口で「CAFEに行くの」と入ってくる
奥様方もたくさんいらっしゃいました。CAFEだけなら入館料いらないんですね。

とっても静かで、緑と陽射しが気持ちよくて、
高台にあるので遠く海やダウンタウンの町並みも見下ろせる。
ワイキキとはまったく別世界のランチスポットがここにありました。

・・・・車があったほうがいいけどね!

9museum8

9museum6

2007年1月 7日 (日)

ウェディング・ケーキの行き先は・・・

P1071408

P1071426
今日、ダイヤモンドヘッドを
望むシェラトンワイキキの
ボールルームで
開かれた結婚パーティー。

夕方から開かれた
パーティーに
あわせるようにして
きれいな夕陽も
花を添えてくれました。


主役は、スタジオリムのスタッフ、ダイスケさんと奥様。

ということで、昨日話したウェディング・ケーキは二人をお祝いするためのもの。
もともとはダイスケさんから奥様へのサプライズ・パーティー。
でもダイスケさんのことも驚かせようと私たちもあれこれ考えました。
で、パーティーのハイライトに新婦のお父様から新郎への「愛のパイ投げ」! 
生クリームとパイ生地を買ってきて、こんもりとクリームを盛りましたよ~。
そして見事に顔面に命中! 
クリームまみれの新郎、苦しくも幸せそうでした(と勝手に解釈)!

みんなの気持ちで作り上げられたパーティー。
素敵なアロハに包まれたひとときでした!

Happy Wedding!!

2007年1月 6日 (土)

アラモアナで

軽さと使いやすさで人気のレスポートサックの最新ラインに「tokidoki」シリーズというのがあります。
今日、アラモアナ店に、そのデザイナーであるシモーヌ・レグノさんが来店すると聞き、
取材に行ってきました。

私はこれまで「tokidoki」シリーズはてっきり日本人デザイナーが手がけたのだと思っていましたが、
シモーヌさんは、もともとはイタリアにいたアーティスト。
しかも私が思っていた以上に若い方でした。

5lespo1_1
数年前、ウェブサイトにのっていた彼の作品に、
ある企業の創始者の方が惚れ込んで
Eメールが送られてきたことが人生の転機になり、
その後LAに移り住んで
tokidokiキャラクターの開発に取り組んだそう。

話を聞いてみると
「僕はなぜか小さい頃から日本のものが好きで」
「tokidokiというのは日本語の”時々”から
思いついたんだけど、”時々”っていう言葉の
響きにはポジティブなものを感じるんだ」
「時々という言葉を、僕は希望とか、
人生の転機という意味を込めて使っている」
と語ってくれました。

私はこれまで、時々=つまり”ほとんどない”、というネガティブなイメージを抱いていたので、
”ときどき”という言葉の響きがポジティブなものだということや、
いつ起きるか分からないけど、突然起こるかもしれない、というような希望的な意味を込めて
使っているという彼の意見がとても新鮮でした。

5lespo4_1

5lespo5
最新バッグの一つ。

最近のラインは
裏地がプリント
だったりして、
凝っていますよね。

5cake1
話は変わりますが、取材の後、
前から食べてみたかった、
アラモアナセンターの中にある
ケーキ屋さんへ寄って、
レイコさんとケーキを食べてきました。
お店の名前は「Patisserie La Palme D'or」。
日本のパティシエさんが手がけるとあって
見た目の繊細さ、控えめな甘さまで、
これぞ「日本のケーキだあ~」って感じる
美しい洋菓子が並ぶお店です。

私、久しぶりにケーキのショーケース見て、わくわくしちゃった。
本当は店内には食べるスペースは作られていないんだけど、
「この後も用事があるし、どうしても今ここで食べていきたいの!」と言ったら、
なんとお店の方がスペースを作ってくれたのです。 むふふ。

ここのロールケーキにものすごーく興味があるんだけど、
一人では食べきれないから、今度友達か家族が来たら買ってみようっと。

ところでなぜこのお店に用事があったかというと、
実はこちらにウェディングケーキの注文をしていたからなのです。
この用途については、当人に内緒なので後日・・・・・。

2007年1月 4日 (木)

KISS☆

1closed

みなさーん!
お正月気分は抜けた?

元日にチャイナタウンで見かけた
お店からのメッセージ。 →
もう今日あたりは
美味しい香りがしているんじゃないかな。

今年はHAPPYなことを
いくつ積み重ねて
いけるでしょう?


私は実質的には今日3日の番組収録から
2007年の仕事をスタートしました。

今日の番組で話題になったんだけど、
このチョコレート、今ホットなハワイ土産
としてオススメです。

3kisschoco1_1

3kisschoco2
ポイントはキスチョコの
マークが入っていること!
マカデミアナッツの
”マウナロア”と
"キスチョコ”との
コラボ製品です。

2license3

パッケージの表を見ても分かるように
ハワイ限定品なのももちろんポイント高し!

しかしそれだけではお土産として
まだそれほど魅力を感じないかもしれません。

ハワイのお土産に
今さらマカデミアナッツ?と思うでしょう。

でもこのチョコの魅力は外見だけでは分かりません。

外ぶたを取り、中敷きを取ると・・・・。

3kisschoco3

3kisschoco4
うわあーキスチョコだ!
かわいい!
しかも青い包み紙!

しかも”Aloha”だって♪

どう? 惚れたでしょ?

2007年1月 3日 (水)

仮免許取得 !

去年のうちにとるつもりだった、ハワイの運転免許。
年が明けたら早いうちにとりに行こう、とは思っていたが、
他の用事が入る前にとっちゃえ!と思い立ち、年明け早々の1月2日に試験を受けにいった。
まさに年女、猪突猛進っぽい年明けですわ。
それに日本ならまだお正月気分真っ只中だけど、ハワイは1月2日にはほぼ日常が戻っているのだ。

オアフにある運転免許試験場は6ヶ所。
中でもワイキキから一番近い「ディリンハム」という通りにある試験場へ向かった。
近いといっても車でも2、30分ぐらいでしょうか。 けっこう遠い。
私は2つの路線を乗り継いでバスで行った。

ハワイのバスは停留所の名前などないし、外の景色を見て降りる場所を決めるしかない。
でも知っている場所ならともかく、今回みたいに普段は行かない場所だと景色を見ても分からないから、
あらかじめ目的地近くの通りの名前を調べておいて、
バスの中から注意深~く外の通りの名前をチェックしつつ、今だ!と降りるしかない。
あとは、運転手さんに自分の行きたい場所を告げ、着いたら教えてくれと頼むという手もある。
でもね。 たまに忘れるんですよ、運転手さん。

今回の私の場合も、教えてくれなかったんです。
そして私自身も、通りの名前を見過ごしてしまったんです。
で、気がついたらバスはハイウェイに入っていくではありませんか!
あれ・・・・・このバス、「Express」だっけ?・・・・・ということは??
ちょっとちょっと!! 次に停まるのはどこなのよ~(>_<)!!

気がつけば左に空港を見、アロハスタジアムを見、
右にパールシティ、ワイケレアウトレットを見、、、、、おおおーい! まだ行くのかー!!
それで着いた先は、何と”カポレイ”。
つい一週間前にゴルフに行ったばかりだったから、見てすぐに分かった。
そういえば、カポレイにも運転免許試験場あるんだよね・・・・いえいえ! 戻りましょう!!

ということで、道の反対側でポツンと同じ路線バスが来るのを待った。 さびしかったー。
みなさん、くれぐれもバスに乗るときにはご注意を!

結局1時間以上も時間をロスしてしまったが、何とか試験場へ到着。
しかし、"目立たないように”と造られているとしか思えないほど、分かりにくい建物だ。
バス停で降りてからも、ウロウロ歩いて探してしまった。 こちらも要注意!
2license2_2

2license

さて本題に入る前にすっかり疲れてしまったけど
運転免許試験自体は実にあっさりしている。
(年明けだったので、混雑していてかなり並んだけど)

まずは備え付けの書類に記入。
名前・住所・勤め先や、ハワイ以外での運転免許の有無、
コンタクトレンズ使用の有無、さらには身長・体重の記載。
自分の身長をフィートで、体重をポンドで把握していなかったので一瞬とまどう!
でもカウンターでその旨を告げると、cmとフィートの相対表を出してチェックしてくれるので大丈夫。
そしてカウンター脇に置いてある器械をのぞきこんで、カンタンな視力チェック。(数字を読む)

書類が受理されると、支払いカウンターで”2ドル”の支払い。
「good luck!」と言われ、筆記試験場へと向かいます。
・・・と言っても、同じフロアの片隅に、テーブル付きの椅子が何脚か並んでいるだけ!
非常にオープンな場所で試験を受けるのね。

試験時刻も決まっていません。 一斉テストではないからです。
朝7時45分から午後3時30分までの間に受付を済ませ、試験を受ければOKなのです。
カウンターで個別に試験問題とマークシートの用紙を受け取りますが、
今は英語の他に6~7ヶ国ぐらいの言語の問題が用意されているので、
私は日本語を希望しました。 事前に日本語の問題集で勉強しておいたからです。
この問題集は、私は無料の『イエローページジャパン』で手に入れましたが
白木屋などで購入することもできるようです。
とにかく筆記試験を受けるなら、この問題集に目を通しておくことが必須事項です。
問題集通りの問題が出ますから!!
おかげで全問正解でした~。 
試験は全部で30問。 24問以上の正解で合格、とかなりゆるいです。

ここまでくれば、あとは”5ドル”支払って、その場で写真撮影をし、
2、3分もすると"仮免許”を手渡されます。 やったあー。
でもまだカードにあの"虹”のマークは入っていません。
この免許の有効期限内に、路上試験を受けると、真の運転免許を取得できます。

近いうちに、路上試験レポートができますように。

2007年1月 2日 (火)

ハワイ流・新年の迎え方

31hanabi3_2

1sunrise3_3

2007年 明けましておめでとうございます。

左は2007年が明けた瞬間のワイキキの花火。
船の上から撮ったので、自分が揺れてます。 何度撮ってもこんな写真ばっかり(笑)。

右は2007年の初日の出。 午前7時過ぎ、ダイヤモンドヘッドの上から撮りました。

寝不足覚悟だったけど、ちょっと欲張りすぎたかな?・・・という元旦ドキュメンタリー↓のはじまりぃ~。

31navatek
深夜0時、年越しの瞬間はナバテック1号の
ニューイヤーズクルーズにて迎えました。
メンバーはレイコさん、レイコさんのだんなさん
マイケル、レイコさんのお友達ヤマザキさん、私。
ワイキキ沖に停泊した船からは
右にワイキキの花火が、
左にアロハタワーの花火が見え、
まさに両手に花!

31navatek2_1

船の中はこんな感じ。 →
ビュッフェスタイルの食事をいただきました。
深夜0時まではジャジーな音楽の生演奏の中、
みんな静かに着席していましたが、
0時にはデッキに出て花火を楽しみ、
その後は船内は半ばダンスパーティー状態に!
老若男女、踊る、踊る!
小物も用意されているので盛り上がります。

31goods

31rei3_2

船が岸に戻ったのは午前1時近く。 
まだ興奮に包まれ、パトカーが出動しているワイキキを通り、私たちはいったん帰路につきました。
マイケル「ところで君たち、ほんとうに行くつもりなのかい?」
女3人「もちろん、行く行く!」
マイケル「誰のアイディアなんだ?・・・・・なんでわざわざ見に行かなきゃいけないんだ」
女3人「そりゃあ、パワーとご利益があるからよ!」
そう、私たちが見に行くと張り切っていたのは”初日の出”。
それもダイヤモンドヘッドに登ってみよう!と計画していたのです。
初日の出を見るという習慣のないマイケルは、信じられない!という表情。 ここで一人脱落です(笑)。

そんなわけで、女3人、約4時間後に眠気とたたかいながら再び集結。
朝6時、まだ暗いダイヤモンドヘッドへと向かいました。
私たちが登り始めたのは6時の開門から15分ほどたった時でしたが、
驚くことにすでに登山道には人の列が出来ていて、途中からは滞ることも。
さらに頂上に行ってみると、スペースというスペースに人がぎっしりいて、
いっせいに東の方向を向いて日の出を待っていました。 見たところほとんどが日本人だった。
私たちも何とかスペースを確保して、待つことおよそ20分。
少し雲のかかった空が明るくなっていくのを見ながら、
「このままなんとなく明けてしまうのかな」とあきらめかけていたそのとき、、、現れたのです。
想像以上に輝く素晴らしい太陽が!

1hinode1

1hinode2

1hinode4

1hinode5

1hinode6

1hinode7

1hinode8

1hinode9

1hinode10

1hinode11

1hinode13

はい!これが今朝のオアフの
ザ・初日の出ショー。
よかったら写真をクリックして
みてください。
黄身のような太陽が見えます。
朝陽を浴びてものすごくパワーを
もらった気がします。
一瞬の眠気に負けずに登ってよかった!

しかし! 女3人の元旦はこれだけでは終わりません。 まだまだ着いてきて!!
初日の出パワーですっかり目覚めた私たちは、初詣へと向かいました。

1izumo6
チャイナタウンの近くにある、布哇=ハワイ出雲大社。
縁結びの神様として知られますが、
お正月には日系の人だけでなく、観光客、地元の人、
様々な国の、様々な年齢の人がやってきます。

1izumo1

1izumo8
まずはお清めをして・・・
とふと見ると、手を拭くのために
ペーパーナプキンが置かれている
ところが、ハワイらしい・・・。

ハワイらしいといえば、
目に入る光景は
すっかり日本のお正月ですが、
もちろんお賽銭は「$」!!

1izumo2
たいていの人は、1ドル札。
「チャリーン♪」というわけにはいかず、
お札をなんとなくねじ込む感じになるのが
おかしかった。

1izumo3_1
お参りをすると、ハワイでは
一人一人にお祓いをしてくださるのが特徴です。
1izumo4
1izumo5
この日は、お守りなども売られていて、
私は破魔矢と厄除け守り(前厄だし!)を買いました。
”ハワイ出雲大社”っていう文字
が入ったお守りもあるんですよ。
お神酒もいただけます。
(一緒に持っているカゴにはキャンディーが!)
これですっかり気分はハワイ×ニッポンのお正月。

え・・・っと・・・・実は、まだ終わらないんです。 着いてこられる??

レイコさん「おみくじひきたいね!!」
というわけで、あまりはしごしてはいけないのかもしれませんが、
「明治神宮と地元の氏神様と両方お参りする感覚?」などと勝手に解釈しながら、
もう少し私たちの住んでいるワイキキに近いところにある、石鎚神社へ。
1ishi
1inoshishi
1rei4
ここで見つけたのは、いのししの描かれた絵馬。
今年は年女の私、さっそく絵馬に願い事を書いて奉納してきました。

今年一年間、大晦日まで奉っておいて下さるそうです。
そうそう、おみくじもひくことができました(25¢なり)。 
小吉でした。 南国っぽい木に結んで帰ってきました。

1rei3
というわけで、張り切りすぎた元旦は、これでおしまい。 
これでもまだ午前中だったけど、もう眠くて!

ワイキキで迎えたちょっとパワフルな新年。
スタートで息切れしないように、
明日から一歩一歩じっくり踏みしめて
過ごしていきたいと思います。

2007年1月 1日 (月)

さようなら2006年!

31tuki1_1

夕空に浮かぶ月、見えますか?
ただいまハワイは12月31日の夕方6時半。
これから夜を迎え、2006年に別れを告げる
一歩手前です。

これから少しドレスアップをして、出かけます。
というのも、アロハタワーから出発する
ナバテック1号の年越しクルーズに参加し、
海の上で新しい年を迎える予定だからです。
(元日のJFN系「SKY」でレポートをした時、
 パーソナリティーの石川さんから
 「クルーズはお高いんですか?」と聞かれましたが、
 料金は125ドル~150ドルです。 興味のある方は、来年の参考に!!)

ワイキキのニューイヤーの名物といえば、花火!!
ワイキキビーチでは23時55分から、アロハタワーでは深夜0時から豪華な花火が打ち上げられます。
それを船の上から見られるというクルーズです。 しかもショーと食事付き。

新年を迎えた後は、街のあちこちで花火や爆竹でお祝いする人でかなり盛り上がる
(というか、かなりキケン?!)というウワサ・・・街が火薬で真っ白になるらしい・・・。
初めて体験する、ハワイの年越し。 楽しみです。

31nattosoba_1
そして昼には”年越しそば”をいただきました。
実は今日31日に、あの「松玄」がワイキキの
ビーチウォーク沿いにオープンしたのです。
そこで11時半のオープン時刻に予約を入れて、
スタジオリムのペレ・レイコさん、日本から来た
レイコさんのお友達のヤマザキさんと行きました。
しかし、お箸をつけようとした時、何か変!と気づきました。
私が頼んだのは、納豆ぶっかけそば。
・・・・・なのに、納豆が入っていないんじゃない!?
「納豆がないですよ~」って言ったら、「OH!YOU’VE GOT A SPECIAL ONE!アハハ!」
と店員さん。 いやいや、そういうことではなく・・・・ま、まあ、ハワイだから、いいか!
そんなわけで、どうするのかなあ・・・って待っていたら、、、、、
31natto
納豆別皿で持ってきた!!
これもハワイ流。
オープン日でかなり混みあっていたから、
今日はOKです。
おそばもつゆも、とってもおいしかったし!
女3人で、「これで人生細く長く、いやー
やっぱり太く長く行こう!」
と言いながらツルツル。

さて、2006年は思いがけず、忘れられない年になりました。
色んなことの積み重ね、タイミングによるものなので、
なぜ2006年がこうも変化の年になったのか、自分でも分かりません。
ものぐさな私にしては、ここ数年ではかなりよく動きました。

そして、なぜ向かった先がハワイだったのか?
実はこれも、まだ答が出ていません。
ハワイという土地柄、ハワイに呼ばれたのだろうと思っているんだけど、なぜ呼ばれたのか? 
「ハワイよ、なぜ私をここに呼んだんですか?」って時々聞いてみるのですが、
まだ答がかえってきませんねえ・・・。
でも、2007年のうちにその答を見つけたいと思います。

行動を起こすには、もちろん自分の意志もあったけど、
様々な人の力添え、支え、理解、導きがありました。
今年最後の日、いろんな人の顔が浮かびます!
ほんとうにありがとうございました。

部屋の外からは、バチバチバチ~っと、個人があげている打ち上げ花火の音が聞こえ始めました。
テレビでは全米の年越しの瞬間をリレー中継しています。
のんびり屋さんのハワイらしく、2007年になるのはかなり順番的に後ろのほうですが・・・・・
カメがウサギよりも早くゴールすることもあるしね!
のんびり参りましょう。
それでは、私も2007年に向かいます!!

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »