« 新生BALLY | トップページ | 地震 »

2007年3月25日 (日)

ダックレースやいかに?!

24duckie15_1

Great Hawaiian Rubber Duckie Raceの巻         

                                   

                                    

                               

                                                 

                               待ちに待った(?)、ダックレースの日。
お天気は良好、しかも少し強めの風が吹き、運河の流れも最高。
今年はかなり好記録が出るのでは?と、関係者の期待も高まりました。
出場するダックたちの士気もあがったことでしょう。

午後1時20分、レースの幕が切って落とされました!

24duckie1_2
さあ、勢いよく飛び出していくダックたち。
このレース、とにかくスタートが肝心です。

最初に着水するダックと、最後のダックでは
差がありすぎます!!


箱の中の位置取りが大切です。

24duckie2_2 24duckie4_2
見る見るうちに
運河が黄色く
染まっていきます。
    →
ようやくすべてのダックが
着水しました。




24duckie5_1
強い風を背に受けて、
あっという間に先頭集団と最後のダックとの間に
距離が広がっていきます。

しかしレースたるもの、最後まで何が起きるか
分かりません。






24duckie7
おおおーーーっと!

先頭集団から一羽だけ抜き出て、
完全に独走状態に入りました!
このままトップでゴールインするのでしょうか。




24duckie10
・・・と思いきや、思わぬハプニング!
進行方向に向かって左から右へと風が吹いて
いたため、風に負けたダックたちは
右岸にぶつかって、行く手を阻まれて
しまったのです。

独走状態に入っていたダックも、風には勝てず。




24duckie8_1  24duckie9
多くのダックが風に負け
てしまった中、ゆうゆうと
真ん中を泳いできた
ダックが、狭きゴールを
くぐりぬけゴーール!!
係の人によって、→
手厚く保護されます。



24duckie13
その後、見事トップ50に
入ったダックたちは
係の誘導に従って別室へ
連れていかれましたが、
敗れたダックたちは
← 黒い袋につめこまれ、
トラックに乗って、むなしく帰っていきました・・・。


   レースに敗れたダック談→24duck
 「いやあー今年は10分ぐらいで
 トップがゴールインしたから
 かなりハイレベルな戦いだったね。風に上手くのれなかった

今度はハワイ島でがんばるよ」


そして、レース後の表彰式で、シバタあひるの番号が
呼ばれることは、ありませんでした・・・・・・残念!!

24duckie16
あー楽しかった! 笑った、笑った!
こういう遊びがチャリティーになっているのって、
いいですよね。                                      

                                           

                                              

                                             





                                         

24yard_house1
陽射しが強く、喉がかわいたので、
レース後は土曜日の昼間からビールで乾杯!
これがうわさの「Yard House」です。
昼なら並ばずに入れます。

24yard_house2 「えーい、飲んじゃお!」
24duckie17_1

« 新生BALLY | トップページ | 地震 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/5826071

この記事へのトラックバック一覧です: ダックレースやいかに?!:

« 新生BALLY | トップページ | 地震 »