« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月に作成された記事

2007年5月31日 (木)

Hawaiiな水曜日

今日、番組収録の前に、まだオープンして間もない和食のお店に
取材がてらスタッフみんなで行ってみた。

しかし、結果はちょっと残念(>_<)なことに・・・・・なので、あえてここには書かない。

でも、ううう、、、ムズムズ・・・・・・・。
ハワイと日本をメディアを通してつなぐという仕事に携わるようになり、
業種にかかわらず、そういう仕事をされている方々とは、みんなで頑張っていかなくては!
と日々思うので、一つだけ触れるならば、、、、、
レストランで出しているお茶がいけません!
お茶はマシンから注がれ、色こそ茶色だったが、味はお湯だった。
そして入っていたのが、プラスティックのマグカップだった。
そしてそして、そんなお茶も、別料金だった。 
これは日本人としてはやるせない(>_<)気持ち。
僭越ながら、今後に期待します!


さて、、、、、
先週から収録の後、スタジオを飛び出して、ハワイアンキルトの教室に行っているのだが、
先週は、2時間のレッスン中に、仮縫いさえも終わらず、
「来週までに家で縫ってきてね」と言われていた。
一週間あれば、出来るさ!と思っていたのに、結局一夜漬けの試験勉強のように
昨夜、必死で仮縫いを終わらせる。
ちっとも優雅じゃないわ・・・・・

1kilt

そして今日、このように!!

先週とあまり変わっていないように見える。

しかし、よーく見てみると・・・・・                               
                                                        
                                         
                                      
                                                   
                    

1kilt2
一応、本縫いが始まっているのだ~。
しかし、2時間で、葉っぱ一枚分も終わらず・・・。
ほぼ2mm間隔で縫っていくので、
この先、終わる気がしない!?

実際に自分でやってみて、
市販のハワイアンキルト製品に対する気持ちが
ずいぶんかわった。




そして、以前、一緒に番組を作っていた仲間がお手製のキルトのポーチをくれて、
ハワイでも愛用しているのだが、

P6022609
ゆっこちゃん!
こんなにタイヘンなものをくれて、
あらためて感謝感激してます、私!

ゆっこちゃんみたいに器用じゃないけど
楽しんで頑張るよ~。

2007年5月30日 (水)

”目の前が海”の教会

ワイキキではウェディングドレスを着た花嫁さんを見ることは珍しくない。
私が通っているハイアットを始め、ワイキキ周辺の主要なホテルでは
曜日、シーズンを問わず、きれいにドレスアップした
日本人の新郎新婦の姿を見かける。

しかし、やはりそこは”ジューン・ブライド”。
6月に入ると、ハワイで挙式をしたり、ハネムーンに訪れたりするカップルも俄然多くなるらしい。
その兆候はすでに見られていて、今朝取材でお会いしたウェディングシンガーの女性は、
「昨日は11組もウェディング・ソングを歌ったのよ~」と言っていた。 わーお。

28dian_1 
さて、私がお会いしたその大忙しの女性とは
Dian Yasuharaさん。
メインランドやハワイで、もう40年近くもウェディングシンガーとして活躍してこられたそう。

今朝は、
Calvery by the Seaという、
ワイキキから東へ車で20~25分ほど行った
アイナハイナにある教会で日本人のカップルのために歌うというので、私とレイコさんも
式に出席させていただき、お話を伺った。

この教会、名前にあるとおり、祭壇の向こう側がすぐ海!
式を挙げるカップルは、180度目の前に広がる海、水平線に向かって誓い合うことになる。
結婚式専用に作られたチャペルと違って、
信者さんたちが集い、日常的に礼拝が行われている教会で、
このようなロケーションはハワイでも珍しいそう。

P5302538
席は、中央の祭壇に向かって階段状になって
いて、祭壇の後ろは一面ガラス張りのため、どの席に座っても海が一望できる!
風が通り抜けて、ものすごい開放感。
内装はいたってシンプルだけど、
海が何よりもこの空間に心地よさを与えてる。

ちなみにバージンロードは手前の階段から
降りてくるようになっている。
こんなの、初めて!

ところで、なぜ教会におじゃまさせていただいたかというと・・・・・
6月に結婚する全てのカップルのために、
ラジオを通して何かハワイからお祝いを届けたい!
それならば、これまで何千組ものカップルのためにを歌ってきたDianさんの歌声で、
ハワイアン・ウェディング・ソングを届けよう♪ということになったのだ。

ということで、めでたく美しい歌声GETしてまいりました。

日本時間の6月1日、今週金曜日朝6時15分からの『SKY CONNECTION FROM HAWAII』
(TOKYO FMをはじめJFN34局ネットで放送)にて、
日本全国にいるカップルにお届けしたいと思っています。


さて、アイナハイナで取材を終えた後、近くのカハラモールでレイコさんとランチ。
28kimuraya1 28kimuraya3                      

じゃーん。
チキングラタン!
チキンとマカロニとブロッコリーがゴロゴロ入ってる。
何だか久しぶりだな。

こちらの
KIMURAYAでは
オムライスやハンバーグ、
グラタンなど日本の洋食
の味がいただける。


もちろんパン屋さんも併設されていて、
カレーパンやデニッシュ、そして大好物のアンドーナッツなどたくさん買ってきちゃった。
美味しいパンがあると、朝起きるのが楽しみになるんだよなあ。

2007年5月27日 (日)

大切な贈り物には・・・

昨日、ワインを飲んで午前2時・・・・・と書いたが、案の定、頭痛で目が覚める。トホホ。

しかし今日は大事なお使いを頼まれている。
というのも、とある知り合いの方が、ハワイで行われる知人の方の結婚式に
出席しようと思っていたが、来られなくなってしまったということで、
ハワイにいる私が、ホテルにお祝いの品をお届けすることになったのだ。
二日酔いになっている場合ではナイ!

大切な贈り物なら、ここで間違いなし!!と私が駆け込むのが、
Neiman Marcus(ニーマンマーカス)様。
今回指定された品は、赤ワイン&シャンパンだが、
アラモアナにあるNeiman Marcusには、最上階にワインとシャンパン、それに似合うチョコ
などを扱うコーナーがあり、贈り物にはもってこいなのだ。
ワインを飲むのは好きだが銘柄などには全く通じていない私でも、
Neiman Marcusに置いてある時点で、いいお酒だと思うので、安心して選べる。

お店に行ってみると、今日はたまたまワインの試飲会をしていて、
軽く二日酔いだったのに、また赤ワインを飲む私。 うん、美味しい。

ちゃんと自分で味を確かめてプレゼントを選ぶことができたのでラッキー。

一緒に選んでくれたのは若い女性の店員さんで、すごく親身になってあれこれ選んでくれ、
最後に私のIDを見て「あら!誕生日が私の彼とまったく同じ日だわ!」とちょっと興奮。
それもあってか??最後のギフトラッピングまで丁寧に対応してくれる。

そう、私がNeiman Marcusでプレゼントを選ぶ理由がもう一つ

それがこの”ギフトラッピングサービス”。
Neiman Marcusで買った品を、ラッピングカウンターに持っていくと、
素敵な箱&リボン&かわいいチャーム(これは7.50$)をつけてくれる。
リボンは4種類の色が選べ、チャームはざっと見たところ、十何種類もある。
大ぶりのチャームは、星や雪の結晶やハートや様々あって、これがかわいい。

26wine5

ホテルのコンシェルジュに託した贈り物。
喜んでいてくれているといいな。


Happy Wedding!!

2007年5月25日 (金)

中に入ってみないと分からないよ!

週に何度となく歩く、ワイキキのメインストリートであるカラカウア・アベニュー。

25waikiki その中心部、かつて映画館があったという場所に、
”WAIKIKI”というサインが目立つ二階建てビルが
建ち、「フットロッカー」や「カリフォルニア・ピザ・キッチン」などの店が入って賑わっているのだが、
4月末頃、最後まで工事をしていた1階に新しい
お店がオープンした。

・・・・・のは知っていた。
ちょうどオープニングパーティーを行っているときに
そこを通りかかって、写真もデジカメに残っていた。
        ↓

26new
                
                      

                    

                    

               


名前は「
coco cove」。
”PRIVATE PARTY”と書いてあったので、外から覗くと、             
ちょっとしたおみやげ物や雑貨、ドリンクなどが買えるコンビニ、って感じだった。
正直、もう一つぐらい新しいレストランでも出来たらなあ・・・なんて思っていたので、
こんなにABCストアがあるのに、また似たようなお店が出来たのか・・・・・と内心ガッカリ。
それ以来、中に入ろうとしたこともなかったのだ。


でも今日、もしかしたら意外な面白いものがあるかも?何事も見てみないと分からないぞ、
と思ってふらりと入ってみたら・・・・・大発見!!

25deli2 25deli                           











表からは見えない、店の奥に素敵なデリ”があるではないですか。
ショーケースにおしゃれなサラダが並んでいるのを見つけた瞬間に、ちょっと興奮してしまった。 
だって、こういうのをずっと待っていたから。
日本のデパ地下とまでは言わないけれど、
あんな風にサラダやおかずが買えるところが欲しかった!
1人暮らしの私はもちろん嬉しいけど、旅行に来た人だって、
こういうデリで買って、みんなでホテルの部屋とかラナイで食べたら、楽しいよね。

どんなサラダが並んでいるかというと、ポテトサラダやエダマメサラダ、マリネ、
アジアンヌードルサラダなど、どれも美味しそう

25deli3
私が買ったのは、手前が「black bean and corn salad」。
奥は「海草サラダ」。

3種類のグリーンの中からサラダのパックを選んで
その上にトッピングを選んでのせてもらう
サラダコーナーがあったり、
カリフォルニアロールやいなり寿司、手巻き寿司が
パックに入った寿司コーナー、
サンドイッチやパニーニ、スープ、ピザ、ハムやチーズ、
ケーキ、、、、とそれはそれは種類も豊富。

清潔感のあるおしゃれなデリは、食欲もそそられる。

デリの横には、The Coffee Bean&Tea Leafのコーヒーショップも併設されていて、
これも表通りからは気づかなかったので、びっくり。

お店の全体的な品揃えはコンビニではあるんだけど、
よくよく見れば、他にもちょっとおしゃれなコーヒーや紅茶、お菓子、化粧品などが
売られていておみやげにもよさそうだし、ワイン売り場もけっこう充実してたな。

coco coveさん、すみません。 
外からチラッと見ただけで、勝手に「面白くなさそう」と決めつけていた私が
間違えておりました
~(>_<)。


そして、夜-。
女性4人+男性2人でとあるワインバーに行ったのだが、
このお店もまた、表から見ただけではその魅力が分かりづらいお店だった。

場所は、カパフル通りを北上して、キング通りとぶつかる角。
foodlandというスーパーを中心に、ちょっとした小売店が並ぶ
Market City Shopping Centerというところがあるのだが、
ここの一角に
、「FORMAGGIO」というワイン&チーズバーがある。

ほんとに”ショッピングセンターの一角”という表現がぴったりくるお店で、
外観が目立つわけでもなく、表のドアも味気ない、黒いガラスで中が見えないような
お世辞にも素敵とはいえないドアなので、
知らなければそのドアを開けることはないと思うのだが、
実は中は、洞窟のようなイメージ?の、照明が暗めの落ち着いた雰囲気の
レストラン&バーになっているのだ。
非常に分かりづらい(&意外な)場所にあるにもかかわらず、
ワイン好きの人の間では話題のお店で、うわさには聞いていた。
(私が持っている日本のガイドブックにも載っていた)
予約を受け付けないお店なので、私が訪れたの金曜日の夜は、
中に入るのを待つ人でいっぱいだった。

ワインは、テイスティング気分で楽しめる2ozのサイズと普通のグラスサイズがあり、
選ぶのに迷うぐらい種類がある。
食事は、ピザ、パニーニを中心に、チーズやエスカルゴなどのつまみから、ロブスター、
ハンバーガーといったしっかりしたものまで、ワインに合うラインナップ。

DOLCIも充実しているので、ワインと甘いものをつまみに来てもいいかも。
大人のカップルorグループに似合うお店です。

美味しいワインと会話であっという間に時間がたち、気がつけば午前2時近く。
お店の入り口にあった、↓この看板の言葉にナットクです。

25wine    25wine2

2007年5月24日 (木)

ハワイアン・キルトに挑戦

最近、ハワイの文化を何でも体験してみよう!という気持ちが
自分の中で盛り上がっていて、
今日は、以前から気になっていた”ハワイアン・キルト”レッスンに行ってみた。

たぶん私をよく知る人なら、「アナタに針仕事は無理でしょ~!」とつっこむと思うのだが、
ハワイアンキルトの模様にはそれぞれに意味や魂が込められていて、
「ベッドカバーには動物柄は縫わない。 なぜなら、夜になって動物たちが活動すると
人間が安眠できないから」という話を聞いて、面白いなあ~と俄然興味が湧いたのだ。

「キルトを習うなら、ロイヤルハワイアンショッピングセンターとイオラニ宮殿で
講習を開いている
”Poakalani Quilting Class”のJohn Serrao氏がキルトマスターとして
知られていてオススメだよ」とスタジオリムのレイコさんから聞き、
「イオラニ宮殿でキルト作りだなんて、いいですね」なんて話していたのだけど、
なんとなく行くきっかけを掴めずにいたところ、
先日、ランチ会でご一緒した方々が、みなさんキルトを習っていらして、
「今度ぜひ来てみたら?」ということになった。
やっぱり人の縁とタイミングって大事だな。

というわけで、番組の収録が終わるやいなやスタジオを飛び出し、
水曜日の午後4時過ぎからロイヤルハワイアンショッピングセンターで行われている
キルトレッスンに行ってみた。
うわさに聞いていたJohnさんと、娘さんのCissyさんが教えていて、なんと無料。
何種類かあるキルトセットの中から好きなものを選んで購入すると(35ドル)、
布に合った色の糸も針も入っているので何も持っていかなくてもダイジョウブ。
その他、仮縫いに必要な糸や針、はさみなどはテーブルに用意されている。

私が選んだのは、茶系のキルトセットで、ククイナッツ柄。
「キルトは初めてなんです」と伝えると、
Cissyさんが、「まずは布をピンでとめて、仮縫いから・・・」と手順を教えてくれ、
最初の何針かを縫ってくれた。
そして、途中、一人で手間取っていると、Johnさんが心配そうにのぞいてくれて、
「ちょっと貸してごらん」と縫ってくれたりする。

23kilt2 23kilt
こうして仮縫いから
始まるのだが、
拡大すると
    →
   こんな感じ

いやはや・・・・・この作業だけでも一日かかりそう。

この後、仮縫いのラインに沿って布を織り込んで縫っていくので、
仮縫いとはいえ、けっこう重要らしい。
模様が複雑に入り組んでいるので、見た目以上に時間がかかりマス(>_<)

結局、たいていの人は2時間のレッスンでは、この仮縫いを終えることが出来ず、
「来週までに家でやってきてね!」ということになるらしい。 
私ももちろんそう!
この作品に取り掛かっているうちは、何度でも来ていいらしい。
旅行中で一回しか参加できない人には、先の工程まで丁寧に教えていて、
いたれりつくせりなレッスン。


23kilt3
そんなわけで、来週までに仮縫いを終えて、
また次の水曜日、教えてもらおうっと。

*ちなみにイオラニ宮殿のレッスンに参加している方
によれば、途中でティータイムがあるらしく、
そちらも楽しそうな雰囲気。(土曜朝、レッスン料6$)
               
                 
                 先生のCissyさんと→

2007年5月23日 (水)

ルーム・フレグランス

今日はお天気がよかった!

・・・・のだけれど、予想通り、腿が筋肉痛(>_<)。 やわなワタシ。

さらに番組の準備をはじめ、取り掛からなければいけない様々な仕事を抱えていたので、
家でずっとパソコンに向かっていたら、外に出るのがメンドウになってしまって、
今日は一歩も外に出ずに終わってしまった。 
こんな日もあるさ。 

そんな、部屋で過ごす時間を少しでも快適にしてくれるのが、
最近購入した、ルーム・フレグランス。

17sent3
ワイキキ、ビーチウォークエリアに出来た
oasisというお店で見つけたもの。

このお店は食器やキャンドルなどのインテリア小物、アクセサリー、洋服など、リゾートの香り漂うグッズを
扱うお店で、最近お気に入
りなのだ。

このルームフレグランス、
もちろん香りが気に入って買ったんだけど、
名前がまたいいの!

17sent2

・・・・ね!

だから一日
部屋にいても快適♪

2007年5月22日 (火)

フラ漬けの一日

今日は無謀にも朝に夜にとフラのレッスンに通い、夜になって、文字通りフラフラ~。

午前中は、こちらでフラを通じて知り合ったA美ちゃんが
ワイキキコミュニティーセンターで開かれているフラ・レッスンへ行くというのでお供する。

Imgp5213_1
毎週月曜日朝9時からこちらの講堂で行われている
Kumu Hula、Nalaniのレッスンは、
以前旅行に来たときに参加してみたら、
彼の人柄が素敵でとても楽しかったので、
「せっかくハワイに来たので地元の人にまじってフラを
習いたいのですが」と聞かれた時には、こちらのレッスンを
オススメしている。

やはり本格的なハラウに短期間だけとか、ビジターで
訪れるのは難しいが、このレッスンは広くいろんな人に
開かれていて、基本ステップの経験があれば気軽に
参加できる。ちなみにビジターは一回7ドル。たいてい2、3週で一曲をマスターします。

ステージの上で踊って歌ってウクレレ弾いて・・・・・
一生懸命にあちこち動き回るNalani先生は、言葉で表すならば、まさに”チャーミング”そのもの!

なので彼のレッスンはとても人気が高く、
長年通っている地元の人から観光客までたいてい60人~70人ぐらい集まって大盛況。

それだけ大勢の人が一斉に踊るので、細かい指導を受けられるわけではないのだが、
とにかくAlohaな気分。朝からハッピーな気持ちになれること、間違いなし!

さて、ここ数日ハワイはコナ・ウィンドの影響でとっても蒸し暑い。
1時間半のレッスンで相当汗をかいた後、
コンドミニアムの屋上でランチを食べながら、陽にあたっていると、ウトウト・・・・・
とそこへ、昨日行われたトライアスロン大会の仕事のために来ていた友人Aさんから
電話が入る。

「どこか新しいお店ないかしら?」と言うので、
スタイリッシュな24時間営業レストランとしてお気に入りの
「mac 24/7」へ!
21sweet
何度か書いているけれど、
クヒオ通りの「ヒルトン ワイキキ プリンスクヒオ」の
中にあるレストラン。

ここの食事は超ボリューミーなので
いつもデザートを試すチャンスがなかったのだが
今日はすでにランチを食べていたので
バナナのデザートを注文してみた。

二人で分けてもあまっちゃったけど、
フルーツを使っている分、甘すぎず美味しかった!

その後、再びA美ちゃんと合流。
今度はカイルアのハラウで行われる夜のレッスンに向かう私たちを、Aさんが車で送ってくれる。
しばらく3人でぷらぷらカイルアをショッピングしたのち、
腹ごしらえを!とカイルアの小さなショッピングセンターの中にある
「Round Table Pizza」へ。
ピザを食べて話し込んでいると、突然隣の席にいた男の子が日本語で話しかけてきた。

「スミマセン。日本人の方デスヨネ? ボクのお父さん、このお店経営してイマス。
 どうしてこのお店にキタンデスカ?? 日本人はほとんどお店に来ないから、
 スゴクめずらしいデス!」
「そうなんだ~。 ごめん、お店に入ったのはたまたまだったんだけど、
 でもピザはとっても美味しかったよ!」って言ったら、
「そうですか! じゃあ、いっぱいオトモダチに紹介してクダサイ!」だって。

ごめん。ほんとは最初、味にはそんなに期待していなかったんだけど、
ピザは注文してから焼いてくれて、クリスピーで具沢山で、ほんとに美味しかった。
このお店、チェーン店でワイキキにも何店舗かあるので、今度行ってみようかな。

そして本日二度目のフラ・レッスン。
これから真面目に通おうとしているカイルアのハラウだが、前回訪れたときは、
クムが旅行中で不在だったので、今回が初対面!
会ってみた印象は、、、温かさと厳しさと豪快さを併せ持った女性。
笑いの絶えない1時間半で、時間が経つのはあっという間だった。

そして何と今日は、昨日のブログにも書いた、モロカイ島のフラの奉納のため、
こちらのクムと共に参加していたサンディーさんも東京からいらしていて、
贅沢なことに”ダブル・クム”状態。

0521kumu
サンディーさんは私とA美ちゃんのために
熱心に日本語で指導してくださって、感激(>_<)。

英語と日本語でダブルでレッスンを受け、
気持ちはとても充実していたものの、
「こりゃ、明日は筋肉痛かなあ・・・」と思いつつ、
ベッドに入ったのであった。
おやすみなさい・・・zzz




2007年5月21日 (月)

お腹いっぱいの日曜日

お誘いを受けて、Mさんご一家のコンドミニアムにて開かれた、
持ち寄りランチ会におじゃまさせていただいた。

・・・と言っても、お食事のほとんどはMさんの奥様のお手製!

20lunch1_2
彩り華やかでとっても美味しかった。
ごちそうさまでした!

これぞ日曜日の醍醐味とばかりに
昼から美味しい食事とお酒、楽しい会話で
あっという間に夕方になっていた。

そんな楽しい時間を演出してくれたのが、
コンドミニアム最上階からの眺め。



20lunch4 20lunch3
こちらの建物の最上階は
展望台のようにぐるーっと360度
回廊になっているのだ。
キッチンもついているので、こうして食事パーティーも開ける。

直射日光をさえぎりつつ、
外側はの天井は吹き抜けになっているので、風も入ってきて
気持ちがいい。

海側も山側も景色が楽しめるが、昼間は海側が最高。


20lunch2 ワイキキの西に建つこちらのコンドミニアムからは
ダイヤモンドヘッドも海もばっちり。

見るたびに思うけれど、
ダイヤモンドヘッドのこのユニークな形状は
自然の偶然の賜物だけど、本当に絵になる。
そしてやっぱりいいなあと思う。


お腹もいっぱい、そして昨日のチャリティーウォークの疲れも出てきて、
夕方から自宅でうとうとしかけたけれど、
私が東京で通っていたフラスタジオのインストラクターの先生&スタッフの皆さんと
連絡がとれて、カイムキの
『ハレ・ベトナム』へ食事に行く。

ちなみに皆さんは、数日前にモロカイ島で行われた
”カ・フラ・ピコ”へ参加した帰りに
オアフに立ち寄ったところ。
私は最近、この”カ・フラ・ピコ”というのを知ったのだが、
フラ発祥の地とされるモロカイでフラを神様に捧げる厳粛な祭事で、
人に披露して楽しませたり、人と競い合ったりするものではない。

食事をしながらその時の様子を聞いてみると、
参加したのは、およそ20ハラウぐらいだそう。
ただし、踊りは辺りが真っ暗な午前3時ごろに始まるので、
人が踊っている姿もほとんど見えないんだって。
「その代わり、目がまわりそうなくらい、星が見えてきれいだったよ~」と言う。
想像するに、いにしえのハワイにタイムトリップしたような感じなのかなあ。

ところで、美味しくてヘルシーなベトナム料理がいただけるこの『ハレ・ベトナム』、
ハワイに遊びに来た友達や家族から
「そろそろ野菜が食べたいわ・・・・・(主に女性)」とか
「時差ボケで食欲がないのでアッサリしたものが食べたい」というリクエストを
もらったときには、たいていここへ行くことが多い。


Imgp1202 Imgp1201
今日も食べたけど、
ここでいただける、
”ベトナミーズフォンデュー”というお鍋が好き。

←この”酸っぱ辛い”、
ダシの効いたスープが
絶品で、ここにお肉やエビ、野菜を入れる。
スープの味がしみた具を、ライスペーパーをお湯で戻したもので各自くるんでいただく。
レタスやたまねぎ、トマトや香草など野菜もたっぷりくるむので、
野菜がたくさんとれて、味もあっさりしていてヘルシー。

私はよく、最後に白いご飯を頼んでスープに入れ、おじやにするのだが、これまた絶品。
麺をいれても美味しい。
スープだけでも飲みたいくらい美味しいんだけど、
このスープ、どうやって作るのかなあ・・・・・。


そうそう、話はまた昼に参加したランチ会に戻るのだが、
このハレ・ベトナムもある“カイムキ”という場所。
「シバタさんが出ているMSNビデオのハワイ番組で、
 ”カイムキ”はハワイの”西麻布”って言ってたけど、
 そんなにオシャレじゃないでしょ~(笑)!!」とみなさんから総攻撃!
そ、そうかな・・・やっぱり・・・・なーんて家に帰ってもう一度確認したら、
”西麻布”と表しているのはモンサラット通り周辺だった。そうか。

それなら、”カイムキ”を東京にたとえるならどこだろう。
町並みは素朴なんだけど、一軒一軒を覗くとこだわりの店がある場所。
根津・千駄木あたり???

でもそんな話をきっかけに、みんなで
オアフのいろんな場所を東京の地名に例えてみた。
「カハラは田園調布でしょ~」
「カラカウア通りは・・・表参道かなあ」「銀座じゃない?」
「カラカウアから一本入ったクヒオ通りは夜の香りがするから六本木?」
「ハワイカイは成城?」「でも海の近くということで、湘南とか逗子のイメージかな」
「アラモアナは?」

・・・といろいろ当てはめて盛り上がってみたものの・・・・・
東京とオアフじゃ、違いが大きすぎてなかなか無理がありますな。 というのが結論!
あちゃ。

2007年5月20日 (日)

歩くのに太る?!チャリティーウォーク

朝5時に起床。   
・・・・・の予定だったのに、ちょっと寝坊してアセる(>_<)!
でも、どんなに時間がなくても、今日は約10kmの道のりを歩くのだから、
日焼け止めだけはぜったいに塗らなきゃ!とSPF50を入念に塗って家を飛び出した。

今日は5月の第三土曜日。
ここオアフをはじめ、カウアイ、ビッグアイランド、マウイ、モロカイ、ラナイ各島で
一斉に
『CHARITY WALK(チャリティー・ウォーク)』が行われたのだ。
このイベントは、”ハワイホテル協会”が主催するもので、
聞くところによると、ハワイ州最大のチャリティーイベントのひとつらしい。


その名の通り、楽しく”ウォーキング”する大会で、決してタイムを競うレースではない。
歩く距離は島によって違い、オアフ大会は一番長くて6マイル(9.6km)。
参加者は、最低35ドルの参加費を払うことになっており(もちろん上限ナシ!)、
この収益金がハワイ州の約200もの非営利団体に寄付される。
前にも書いたけれど、ハワイでは本当に頻繁にチャリティーイベントが行われていて、
参加する身としては、選択肢がいろいろあるので、
自分が楽しい!と思えるものや、自分のお金を役立てたい!と思えるものに
参加できるからいいなあと思う。
このイベントのように最低35ドルを寄付するというのは、
かなり設定が高いほうだと思うが、その分、寄付の成果もあげているようだし、
参加してみて、それだけ寄付する価値のある楽しいイベントだと思った。

あ、大事なことを書き忘れていた!
このチャリティー・ウォークの最大の特徴は・・・なんと”食べ歩き”だということ。
コース上には、このイベントに参加しているホテルが出店しているチェックポイントがあって、
食べ物や飲み物のサービスが受けられるのだ!
チェックポイントの数はスタートとゴールを含めて16箇所。
約10kmの間に16箇所で食べ物や飲み物をお腹にいれるのだから、
いくらそれなりの距離を歩くとはいえ、逆に太っちゃうんじゃないの??
そんな大会、聞いたことないよ・・・。
いったいどんなものが食べられるのか?という報告は、コチラ↓


スタートは、朝7時! 
Imgp5161 この季節、朝7時ともなれば
ハワイはすでに強い日差しが照りつける。

アラモアナビーチパークは
子供からご年配の方まで大勢の人でぎっしり。

早くに申し込んだ参加者は、各ホテルなどが
この日のために制作したTシャツをもらえる。
私はもちろん、”ハイアット”Tシャツを着て
参加した。


                                        

Imgp5156 Imgp5210
         

                       

                  

                   

              

             

                  

          本日のコースは、アラモアナビーチパークを出発し、
カラカウア大通りに出てワイキキを通過、カパフル通りを北上してアラワイ運河沿いを歩き、
ワイキキ縦断してハレクラニやヒルトン、プリンスホテルなどを通って
再びアラモアナビーチパークへ戻ってくる、というもの。
つまり土曜の午前中、ワイキキ周辺を数千人もの人がぞろぞろ歩く光景が
繰り広げられるのだ。

各チェックポイントではカードにスタンプを押してもらったり、
食べ物や飲み物をつまむので、歩くペースはかなり遅い&歩道は渋滞状態に!

Imgp5166 Imgp5163 Imgp5169





                      

                      

Imgp5180                                               Imgp5177_1                       Imgp5189 Imgp5192                                 
Imgp5170 Imgp5186    
Imgp5185
コース上ではミュージック
パフォーマンスがあったり、
こんな人が出迎えてくれたり。

← 心なしか太め・・・
  じゃないですか?





市販のお菓子を配るところから、手作りフードを配るところまで様々でしたが、
私の個人的な嗜好に基づき、好感度の高かったサービスとそのホテル
を発表!

☆新鮮なイチゴとグアバシャーベットを出してくれたPacific Beach Hotel
☆甘いものが続く中、スパムむすびと、かわいいイルカのイラスト&Kahalaマークの
  入ったオリジナルペットボトルの水を出してくれたKahala Hotel&Resort
☆サクサクの美味しいクッキーとホテルオリジナルペットボトルに加え、
 かわいい”シャボン玉”という意外性のあるアイテムをくれたAqua Hotels&Resorts
☆カルアピッグの中華サンドが美味しかったPrince Hotel

Imgp5184
これがシャボン玉。かわいいでしょ!

しかし、どこのポイントでも暑い中、笑顔でサービスしてくれた人々に拍手!です。





私は女性6人で歩いていたのだけど、最初はぺちゃくちゃおしゃべりして、
モグモグ食べて、飲んで、笑顔で歩いていたものの、
炎天下をてくてく歩くものだから、最後のほうはみんな言葉少なに・・・。
全部を食べていられないので、持って帰れるものはどんどんカバンに入れていくため、
荷物もけっこう重くなってくるし。
 予想以上に体力消耗したなあ。

めでたく全てのチェックポイントを通過してゴールしたのは、3時間半後の午前10時半。

Imgp5198 Imgp5212
完歩した人には
大会ロゴ入りの
携帯ラジオをくれた!

そして驚くことに・・・・・
まだ食べる!!
なんと”昼食付き”



Imgp5195 しかもその場でグリル
してくれるという
サービスにはびっくり。




Imgp5197

←一緒に参加したHarmony
スタジオリムから放送しているInterFMの番組のDJを
しているHarmonyは、ハイアットのPRアシスタントマネジャー
でもあります。
                                   
Imgp5196
←スタジオリムの
 レイコさん&ワタシ

いやーSPF50も
ほとんど汗で流れて
しまった・・・。
かなり日焼け度UPです。


この後、ホテルの宿泊券などが当たる抽選会も行われ、
本当に盛りだくさんの内容のイベントだった。

報告によると、参加人数は1万人以上で、寄付金は円にして1億円以上集まったそう。

誰でも無理なく参加できて、街を歩いて、地元の人と触れ合って、
美味しいものを食べて、ハワイに寄付も出来て・・・・・
観光に訪れる人にもぜひオススメしたいイベント!!

2007年5月19日 (土)

”永遠の切手”を買いました

郵便料金が5月14日から値上げされた。
・・・・・と、今日レイコさんに聞いて初めて知った。 えええ~そうだったの?!

アメリカ国内の郵便物(封書)の料金は39¢~だったのに、41¢~になったのだ。
(1ozまでの重さの、標準大の封筒)
普段、家賃と電気料金を払うのに、パーソナルチェックを封書で郵送するほか、
他にもチェックで支払いすることも多いので、
39¢の切手をシートでまとめ買いしている。
たった2¢足りないがために郵便局に行かなきゃいけないのか・・・
ちょっとメンドウだわ。 もちろん使うけど。 
幸いにも手持ちの39¢スタンプが残り僅かだったのでよかった。

レイコさんいわく「確か、39¢に値上げしたのも、ついこの間だったと思うのよね~。
しょっちゅう値上げされるとたまらないわよね。 
でもね、、、”
Forever Stamp”っていうのが出てるのよ~。知ってる?」

Forever Stamp?? 永遠の切手?? っていったいナンダロウ・・・。

ということで、郵便局に行って、買ってみた。

18stamp1
確かに、料金の代わりに”FOREVER”の文字が
切手に印字されている。

購入金額は、41¢×20枚つづりで8.20ドル。

どういうことかというと、
今後、郵便料金がまた値上げされて、
41¢じゃなくなったとしても、
このスタンプは”ずっと”使えるのだ。
つまり、これを貼れば”永遠に”41¢でOK。

なんてユニークなサービスなんだろう。

だったら、他の41¢スタンプを買うより、
こっちが断然お得。

「でも、結婚式の招待状とかに貼ったら、
”永遠の幸せ・・・”って感じでいいかもネ」とレイコさん。 うん、たしかにそういう使い方もいいかも。

”FOREVER”というフレーズがイキだなあ。

・・・てついつい、感心しそうになったけど、忘れちゃいけないいけない、
そもそも値上げされたんだったわ!

でも、こういう切手が販売されると、また値上げ~?と怒る気持ちも和らぐのでは?
だったら、今のうちに買いだめしておこうか、なんて。

しかし、よくよく考えたら、「またいつ値上げするか分かりませんよ~」と
堂々と予告されているようなものとも言える・・・・。

うーーーーん、すっかりアイディアにヤラレタ!という感じです。

2007年5月15日 (火)

カイムキでまったり

たまに、目が冴えて冴えて眠れない夜がある。
昨夜もそうで、何度も寝返りをうったり、本を読んだりしているうちに(逆効果!)、
窓の外からチュチュン♪と鳥のさえずりが聞こえてきて、空も白んできた。
結局6時近くになって眠りに落ちていった・・・ような気がする。 
わお。

そんなわけで、午前中の予定をキャンセルし、昼からカイムキへ出かける。

正直、どこからどこまでを”カイムキ地区”と呼ぶのか定かではないのだが、
私が勝手にとらえているイメージでは、ワイキキから北東方面へ向かい、
カハラ地区に入る手前、”ワイアラエ通り”沿いにいくつかお店が並んでいるあたりの
町並みが”カイムキ”・・・・・なのかな?
ワイキキからだと車で10分ちょっとぐらいかしら。


カイムキに行くことになったきっかけは、この石のペンダントトップ。
14neckless
友人Aちゃんが作ったもので、
彼女はこういった天然石と心を通い合わせて
ワイヤーやビーズを使って素敵なペンダントトップを
作ることをライフ・ワークにしている。

で、このたび私が気に入った、
ヘミモルファイトという石で作られたこのペンダントトップを
譲り受けたのだが、
これに似合う革ヒモを買いにいきたい!ということで、
カイムキにあるビーズ・ショップに連れていってもらう
ことになったのだ。

そこで、”昼のカイムキの黄金コース”とでも呼びたい、
ワイアラエ通りでお気に入りの3軒をまわることに。


最初の一軒は、『town』というレストランでランチ。
14town_1  14town2                                          
14town3                    

              

                     

              

         

ランチは2度目で、デイナーは未体験だけど、
ホノルルで美味しいレストランベスト3をあげるとしたら、ゼッタイこのお店を選ぶな。 

”繊細な”アメリカ料理?とでも言うのかな、日本で食べる美味しい
カフェめしを思い出すような味わい。
インパクトがある、というわけではないんだけど、
お腹に優しく、しみじみと「美味しかったなあ・・・」と後でつぶやきたくなるような美味しさ。
聞いたところによると、野菜は地元のオーガニック野菜を使ったり、
お肉なども素材にはかなり気を使っているみたい。

今日はじめて試した”town レモネード”は、見た目もユニークでクセになる美味しさ。
こちらも私が勝手に選ぶ、”ハワイの一杯”に認定!

まずは”味ありき”だけど、このレストラン、インテリアもかなりおしゃれ。
昼はパソコンをテーブルに置きながらくつろぐ人もいるんだけど、
夜はかなりにぎやかになるらしい。
そういう意味では、料理もインテリアも雰囲気も、東京のカフェを思い出す一軒だ。


続いて、待望のビーズ屋さんへ。 『BEAD IT!』というのがその名前。
14bead

お店に入るなり目に飛び込んでくるのは
壁いっぱい、ショーケースいっぱいに置かれている
カラフルな石やビーズ。
キャンディー屋さんみたいでワクワクする。

よく見れば、天然石から人工のもの、木や銀など
いろんな素材のものがあれこれ。
好きなパーツを自分で選んで、ネックレスでも

ピアスでもブレスレットでも何でも作れちゃう。

アクセサリー作りの教室も開かれているそうで、
「6月の教室のスケジュールはいつ?」なんて聞いてしまった。

あれれ?わたし、そんな趣味、あったっけ? そもそも手先は器用じゃないんじゃ・・・・?
まあとにかく、そんな私でも作ってみたい!という気持ちにさせるお店なのだ。

そうそう、今日の目的は、革紐。
14neckless2
好きな色と太さの革紐を選んだら、
好きな長さにきってもらう。

さらに好きなパーツを選んで、取り付ける。
お店の方に頼むと、加工賃を払うことに
なるのだが、ペンチを貸してもらって
その場で自分で取り付けてもOKなんだって!

というわけで、、、、手先の器用なAちゃんにつけてもらった。

イルカの形をした留め金・・・かわいいでしょ!
紐とこういったパーツをあわせても10ドル弱ぐらい。


ショッピング後に立ち寄ったのは、『Coffee Talk』。
14coffee_talk1                                             
14coffee3 14coffee2

                                    

パソコンや教科書片手に勉強しているような人がたくさんいて、
大学のそばにでもありそうなコーヒーショップなんだけど、
時間がゆったりと流れていて、別の考え事をしてしまいそう。


ワクワクでもないし、生活感とも違うし、落ち着くというのでもないし、なんとも表し難い。
時間が止まったかのようにまったりしているくせに、
こだわりをもったおしゃれな店が静かにたたずむ町、それがカイムキ。

2007年5月13日 (日)

引越し

今日は朝から引越し。

・・・・・と言っても私自身のではなく、友人Kちゃんの引越し。
借りていたコンドミニアムの一室を、オーナーさんが売却したため、
同じオーナーさんが所有する、別のコンドミニアムの一室に移るそうだ。

1人暮らしにしては荷物がたくさんあるKちゃんだが、
家具付きの部屋から家具付きの部屋に移るので、引越し業者に頼むほどではなく、
「終わったらビールと焼肉で乾杯しよう!ごちそうします!」というKちゃんの言葉に
吸い寄せられるように集まった友人たちで引越し作業をお手伝いしよう!
ということになったのだ。


12uhaul
そこで借りてきたのがこちらのバン。

私も初めて知ったのだが、U-HAULというもので
車体に書かれたように基本料金と、
走ったマイルの分だけ追加料金が取られるだけで
とてもお得に引越しができるのだ。


「ねえ、アイロン台まで日本から持ってきたの?」 
「もしかして、掃除機も?」 
「あれ?みんな持ってきてないの?」
「持ってきてないよ!!!」

・・・とKちゃんがみんなに突っ込まれる中、
「それは私も日本から持ってきた!」「私も!」「私も!」
とみんなの意見が一致したのは、さて何でしょう。

答は・・・・・”洗濯ネット”でした。 

Kちゃんのお部屋には何度かおじゃましているが、
オーナーさんが部屋をとてもきれいに改装し、
インテリアも”テーマ性”を持って統一されていて、
かなり居心地のいい空間に仕上がっているから、きっと次のお部屋も素敵だろう・・・
と思ったら、素敵なインテリアに加えて、ダイヤモンドヘッドとワイキキの海が
窓いっぱいに広がるという素敵な景色もついていた!
しばしみんなでみとれることしきり。

思い起こせば私もハワイに来た当初、部屋探しには胃が痛くなるほど悩まされ、
結局、今暮らしているところは便利さをかったものの、
暮らしにくいところがいろいろあって決して満足はしていない。
でも一番大きいのは”眺め”かもしれない。
1人暮らしはなかなか気がめいることもあるし、
部屋からの眺めは毎日見るものなので、かなり気分を左右する。

そんなわけで、限られたハワイ暮らし、
やっぱり私も海が見える部屋をそろそろ本腰入れて探そうと思う。

2007年5月12日 (土)

ビーチウォークにお店が出揃ってきました

朝9時から『Hawaiian Moon』の新店舗のグランドオープニングへ出かけた。
『Hawaiian Moon』は家族で着られるハワイメイドのハワイアンウェアをそろえるお店で、
ワード・ウェアハウスと、ワイケレのアウトレットに続き、
今もっともワイキキでホットな場所、ビーチウォークにお店をオープンしたのだ。

ハワイで新しいお店をオープンするときには必ずと言っていいほど、
店の入り口にマイレという葉っぱで作られたレイがかけられ、
お祈りや歌がをささげられた後にお店のドアをオープンするという儀式が行われる。
今日も大勢の招待客が見守る中、儀式が行われ、華々しくお店がオープンした。

11hmoon5 11hmoon6

                    

                             

2_2 ←私も一着だけここのドレスを持っているけど、
ハワイの植物をモチーフにしながらもシックで大人っぽく、
同じ柄でも、ストンとした形でカジュアルなものから、
少しシェイプされていてドレッシーなものもあって、
印象がいろいろ選べるので便利。
私の持っているのは後ろのすそが前よりも長くなっている
ので、歩くと裾が揺れてきれい。
パーティーにさらりと一枚着ていくだけでOKだし、
職業柄、司会などをするときにもとても便利だ。


ハワイに旅行に来たとき、ちょっとおしゃれなレストランに
行くときはこういう感じのドレスが一枚あると便利だと思う。


で、私の一番のオススメとしては、
ハワイで結婚式に出席するとき
例えば新婦の女友達で色違いで揃えたりするのもかわいいだろうし、
男性用・女性用、子供用と全部揃うお店なので、パパ・ママ・兄弟や子供たち、と
親族のみなさんでそろえたりするのもいいと思う。きっとかわいいよ!

そう、常々思っていたのだけど、日本だとパーティー服に”黒”を選ぶことも多いですよね。
でも、ハワイで結婚式に出席するときは、黒だと・・・ザンネン!!って感じがするのです。
よくホテルのロビーや砂浜を、黒いドレスの集団が歩いているのを見かけるのですが、
ハワイの陽射しや景色の中では、ちょっと窮屈そうというか、実際とても暑いと思うし、
どこか悲しそうな集団に見えてしまいます。

先日、こちらで告別式を目撃したのですが、
そのときでさえ、女性は白いドレス、男性はアロハシャツを着ていました。

結婚式を挙げる当事者だったらいろいろと情報も入ってくるけど、
出席する立場だと、何を着たらいいかなんて情報が入ってこないから、
ついつい黒のパーティードレスで着飾ってしまいがちだと思うのですが、
ここは一つ! カラフル
、かつ軽やかな素材のものを着てみては?
日本で見たら「これじゃあベタすぎるかな・・・」と思うくらいのハワイアンプリントが、
案外こちらの陽射しや景色には映えたりするものです(笑)。

先日、ハワイで挙式した後輩の時は、新婦から「黒は禁止よ!」と言われていて、
出席した女性はみんなカラフルなドレスを着ていたのですが
写真を撮ってみたら、白いドレスの新婦を囲む女性陣のドレスが、
結婚式を彩る花のようで、やっぱりきれいでした。


・・・と話はそれたが・・・・
そういえば、お店では”ミス・ハワイ”もハワイアン・ムーンのドレスを着て招待客を
迎えており、レイコさんと「隣に並ぶのはかなり勇気がいりますね・・・・
しかしここは、記念に思い切って一緒に写真撮りますか!」ということになり、
それぞれツーショットを撮ってもらった。
しかし、その写真をここに載せる勇気は・・・・・・ない(>_<)

11hmoon1_2 「犬も家族!」ということから、
ハワイアン・ムーンでは犬の服も置いてある。
ライオンか?!みたいなぬいぐるみだけど。

あと、素敵なリボン・レイが手に入るのもオススメ。

11hmoon7

  

                         

                      

                     

                     

                  

                      

            何と今日は、出席した人にお隣のホロカイ・グリルで朝食までサービスしてくれ、
至れりつくせりのグランド・オープニングだった。

ルワーズ通りの両脇に新しいお店が立ち並ぶワイキキ・ビーチウォーク。
ちょっと前まで工事中のところも多かったけど、気がつけばかなりのお店が
オープンしてきている。 ざっと数えて20数店舗はあるかしら。

11cookie
私の周りではハワイのお土産として圧倒的な人気を誇る、
Honolulu Cookie Companyもオープンしたぞ~。

2007年5月10日 (木)

とんかつがワイキキにやってきた

昨日、おととい、と筋肉痛ですっかりダウンしておりました・・・・・。

もともとの原因は、”サーフィン” !!かも・・・ (情けないコトに)

それでもおとといは午前中にフラのレッスンに行き、
午後は仕事で、あるハワイアンアーティストの写真撮影のため、
カメラを持って公園を走り回っていました。(私はカメラマン!)

その後、深夜まで仕事をして家に帰った途端、ベッドに倒れこむ・・・。
軽く発熱もしてしまい、昨日は一日家で寝こんでしまいました(>_<)

全てがサーフィンのせいではないと思うけど、
この肩から背中にかけてのひどい筋肉痛は、やっぱりサーフィンだろうなあ。
初心者には、あのパドリングがかなり体力を奪うのですね。

さて、復活の水曜日。
今日は、スタジオリムのレイコさんともども、とても楽しみにしていた出来事がある。

それは・・・・・・
9bairin1
じゃじゃーん。

待っていました!

この
スペシャルカツ丼を!

(すみません、勢いあまって
写真を撮る前にちょっと食べちゃいました)


このスペシャルカツ丼を看板メニューにしているお店といえば

、「とんかつ 銀座 梅林」さん。
今日5月9日、ワイキキ・ビーチウォークにオープンしたのだ。

私はさほど”トンカツ好き”というわけではなかったのだが、
日本を離れてみて、トンカツが妙に恋しい。
トンカツって日本の味なんだなあって思う。
そして、ハワイで正統な日本のトンカツを味わうのはなかなか難しい。
だから3月に日本に帰った時も、すかさずとんかつを食べにいきました。
と言っても、我が家は”とんき”派なのですが。

でもこの”梅林”には思い出がある。

会社に入って、一から私を育ててくれ、一番面倒をみてくれた先輩が、
「ここのスペシャルカツ丼、食ったこと、あるか?うまいぞ~」といって、
銀座でごちそうしてくれたのです。
響きがいいですよね。 “スペシャルカツ丼”。 まさに”ごちそう”っていう響き♪

ハワイの梅林には、このスペシャルカツ丼はあるのかな・・・?と思っていたら、
やっぱりこの看板メニューをはずすわけはない。
ありました、ありました。 

先輩にごちそうしていただいたことを懐かしく思い出しながらいただきました。
ヒレカツを使ったカツ丼の上に、さらに半熟の卵が乗っているのが特徴。

サラダやお味噌汁、お新香がついて、こちらのお値段で18ドルなり。
卵を割ってとろ~んと広がったところを、カツとご飯と一緒にほおばる幸せ・・・・・
梅林さん、極上のランチタイムをありがとうございました。

もし、その先輩がハワイに来ることがあったら、
今度は私がこのスペシャルカツ丼をごちそうしよう、と思いました。


そして、そんなスペシャルカツ丼にまつわる思い出話をしていたら、
「じゃあ本日はワタクシがごちそうしましょう」とレイコさんがごちそうしてくれました!
センパイ! ごちそうさまです!!

9bairin2 9bairin3

            

               

            

               






この『梅林』のお隣には、去年大晦日にオープンしたお蕎麦の『松玄』があり、
そのさらに隣にはイタリアンの名店『arancino(アランチーノ)』がある。
というわけでこのビーチウォーク通り、かなり魅惑の3軒が並んでいる。

誰かにごちそうしてもらうなら、この通りだな!
9matsugen 9arancino

2007年5月 7日 (月)

35歳のサーフィン初体験

6surfing
ついにこの日がやってきた。

「せっかくハワイにいるんだから」強化年間の
2007年度(?!)。

4月はフラ・ハラウに足を
踏み入れてみた。
5月はサーフィンにチャレンジだ!



↑陽射しの強い、本日午後2時。
ワイキキ・ビーチとアラモアナビーチパークの中間辺りに集合。
今日参加したのは、インストラクターは全て女性という団体が月に一度、
”カマアイナ(住民)”を対象に開いているレッスン。


しかしワタクシ、サーフィンは今日が35年間の人生で初めて。
サーフボードをじっくり触ったのも初めてに等しい。
今日は生徒5人に2人のインストラクターがついてくれたのだが、
人生初サーフィンは、どうやら私だけのよう・・・・・。

まずビーチで基本的な動きや注意事項などのレクチャーがあった後、いよいよ海に出る。

サーフボードに乗って海に入ってみて、まず思う。 「ああ、こんな感じなんだ~」。
”素”で海に漂っている時よりも、ボードで波を受けるほうが波を大きく感じる。
まともに波をくらうとひっくり返ってしまうので、上半身を起こして波に乗りこえてゆく。
ただ浮かんでいるのもタイヘンなんだな~。

沖の方のサーフポイントまでパドリングしていく時点ですでに腕がイタイ。
ゼーゼーハーハー。 みんなははるか先へと進んでいる! 待ってえ~。

無事に沖へ出た後は、波を待つ。
・・・・・と言っても、どこでどういう風に波をキャッチすればいいのか
まったく分からないので、もちろん最初はインストラクターまかせ。

はい、遠くのほうから波がやってきた。
「Rei、準備して!」の声に、よし、来たか~と緊張。
「はい、パドル始めて! もっともっとはやくはやく! ほーらいってらっしゃい!」
・・・の声と同時にぐいっとサーフボードを押し出してくれた


はっと気づけば、ぐんぐんぐんぐん自分が前へ
進んでいるのがわかる。
その時の感覚は、波とサーフボードが一体化している感じ。
あれ、ここで立たなきゃいけないんじゃ・・・・・・? もういいのかしら?それともまだ?
とまどいながらも、上半身を起こし、両足で立ってみる。
でも、想像していた以上にスピードがあるのと揺れるのとで手が離せない。
初めて味わうこの感覚。 楽しみの前に恐怖感。

しゃがんだ状態でしばし進んでバランスをとった後、思い切って手を離して立ってみる。
しかし周りを見る余裕もなく、フラフラ~っとしてあっという間に海にぼっしゃーん。


・・・・・いやあ~波に乗るっていうのはこういう感覚なのですね。
初めて分かった気がしました。

って、正確には全然”乗って”ませんけど。 ”流された”って感じ・・・・・。

”流された”後は、再び沖へと戻らねばならない。
しかし、波に流されてなかなかみんなのいる方へ戻ることができない。
インストラクターも、キョロキョロ探してくれている様子。
おーい、私はここにいまーーーす!!
数分後にようやく会えた時には、「久しぶり! 元気にしてた?」
「うん、何とか生き延びてた」。

その後も何度もインストラクターがうまく波に乗せてくれるんだけど、
最後まで満足のいくようには立てなかったなあ。

ずっと大波と長いボードの上で”踊らされてる”っていう感覚で、
人生初のサーフィンを終えたのでありました。


しかし、体力使います・・・・・。
沖に出るのも、波に乗るのも、海に落ちるのも、ビーチに戻るのも。 
10代、20代の頃にやってみたかった・・・。
夜になっても頭がフワフワしている。

どうやらサーフィンの才能がある方ではなさそうな私だけど、
でもこれで終わるんじゃ、ね。 やっぱりもう一度チャレンジしてみるべきか。

2007年5月 6日 (日)

ワイキキがDon Ho氏に別れを告げた日

5market1
土曜日の朝。 起きたらすでに9時過ぎ!
11時までのマーケットに間に合うかしらと
急いで支度をしてカピオラニ・コミュニティ・カレッジ
のファーマーズマーケットへ一人で出かける。
何度訪れても大好きなマーケット

5market2




5market4








本日のお買い物は、↑こちらのカフク・コーン。
ハワイで私が美味しいなと思うものに、カフク・シュリンプとカフク・コーンがある。
カフクってなぜ美味しいものが育つのでしょう??



いったん帰宅した後、夕方からのセレモニーにあわせて再び外出。
今日は、ワイキキで大きなセレモニーがあり、相当の人出が予想されているのだ。
それは、先月14日に亡くなったエンターテナー、Don Ho(ドン・ホー)氏の追悼セレモニー。

私はハワイに初めて来たのが今から3年半前なので、彼のステージを観たことはない。
正直なところ、亡くなってから今日までの間にいろいろと見聞きするようになり、
いかにハワイにとって、Don Hoの存在が大きかったのかを知ったのだ。
約40年に渡ってこのワイキキで歌い続け、ハワイを訪れる人々をもてなしてきたDon Ho。
亡くなってからしばらくは、ワイキキのほとんどのホテルで半旗を掲げていたのも
彼の存在の大きさを物語っていたと思う。

5don_ho21
それは今朝の新聞ホノルル・アドバタイザー紙に
掲載されていた、この言葉からも →
伝わってくる。

最後のWe'll always remember Youという言葉は、
彼が歌って大ヒットした曲、
「I'll remember you」をもじったもの。

エルビスも歌ったこの曲、
ラブソングのようでいて、youはハワイ、あるいはワイキキのことを指しているとも感じられる曲だ。

彼自身が歌うこの曲は、甘くて優しい歌声が、ハワイの暖かい空気によく似合う。

彼が亡くなってから、この曲が頻繁に街で聞かれるようになったのだけど、
今日はことさらにあちらこちらで流され、また演奏され、歌われているのを耳にする。
いまや、この曲で歌われる”You”は、Don Ho氏自身を指す言葉となり、
街のあちこちからこの曲が聞こえてくると、彼を失ったハワイの悲しみが伝わってくるようだ。


そんなわけで、夕方4時半からはシェラトン・ワイキキの中庭で
近親者の方々による、追悼式が行われた。
と言っても、ホテルやビーチサイドからは式の様子が見られるので、
人がワンサカ集まっていた。 私もよいしょと背伸びをしつつ、式の様子を見る。
厳粛な雰囲気の中、奥様やお子さんたちによって歌が歌われる一場面もあった。


5don_ho8
その後、TVカメラや観光客、地元の人々など
大勢の人でごった返す中、
遺灰を海にまくため、家族などを乗せて
何隻ものカヌーがワイキキビーチを出発。

そして、関係者が身につけていたシャツにも
やっぱり「I'll Remember You」の文字が。

5don_ho9 5don_ho12

                                     

                                                   
                                          





                                                               

                                         

                    

5don_ho15
ちょうど同じ頃、ワイキキをずーーっとダイヤモンド
ヘッドの方へ歩いていった先にある、
Queen's Surf Beachでは、
大画面でセレモニーの様子が映し出され、
トリビュートライブが始まろうとしていた。

今度はそちらの様子を観に行こうと思い、
私もてくてくとワイキキを歩く。

5don_ho18
途中、人が沖の方を
見ているので、
何事かと思えば、
大きな船から放水して
いる模様。

その直後、大きな、
というよりは爆音を
たてながら、戦闘機が空をかけぬけていった
です!!

新聞によれば、一時期空軍にいたDon Ho氏のために、ペンタゴンから許可を得て、
特別にF-15戦闘機、イーグルが追悼のために飛ばされることになったのだそう。


5don_ho19 5don_ho20









トリビュートライブの途中ステージにあがったホノルル市長は、
以前メインランドに行った時、「あなたはホノルル市長をされているんですか? 
だったら、Don Hoのサインをもらってきてくれませんか?」と言われたことがある、とスピーチ。
結局ライブは、夕陽の落ちる時間帯をはさんで夜の10時近くまで4時間に渡って行
われたのでした。

「♪I'll Remember You」という曲。 
私はこの先、この曲を聴くたびにハワイで暮らした日々を思い出すんだろうなあ。

2007年5月 5日 (土)

金曜の夕方はハイアットで

金曜日の夕方。 
ハワイの人は、3時、4時ごろ仕事を切り上げてしまう人も多いと聞きます。

みんなの気持ちが緩む、そんな金曜日の午後5時ごろ、
ハイアットに気持ちのいいハワイアンミュージックが響き渡りました。
何だろう?と思い、スタジオリムのある3階から下を覗き込むと、
吹き抜けになっている1階のアトリウムにステージが設けられ、
ライブが行われていました!

4hyatt4
聞けば、今月から始まった、金曜夕方の
ライブイベントだそう。

今夜ステージに立っていたのは、

Kaukahi(カウカヒ)というハワイアングループ。
全員が歌える、男性4人グループです。

しかし、なんともリラックスしているのは、
みんな短パン!! それも、しわくちゃの、ね(笑)。
足元も、ビーサンです。 一人は裸足ですよ~。


途中、フラダンサーも飛び入りしたりして、演奏はたっぷり2時間ぐらい続きました。

始まった時には青空だったのに、終わる頃にはすっかり夜のワイキキに。
ライブイベントにあわせて、お酒を出すバーも設けられるので、
食事の前のゆったりとした時間を過ごすのにぴったりですよ。

4hyatt1 ライブの途中に、思いがけず、
ホテルからプルメリアのプレゼントも!

いただいた花を髪に飾り、お酒を飲みながら(ワタシは
赤ワインをいただきながら)音楽に身を任せ、
気持ちのいい夕暮れが過ごせました♪

ところで、お花を髪に挿す時の正しい位置、知ってますか?
シングル(恋人募集中!)の人は、右に。
パートナーがいる人は、左に。
結婚指輪と一緒ですね。

←・・・ということは、この方は、現在”フリー”?!

4hyatt3_1
なお、Kaukahiのアルバムは、日本でも発売中!

雰囲気としては、クラシックスタイルの、
落ち着いたハワイアンソングという感じです。

ちなみに日本版CDのライナーノーツは
スタジオリムのNOBBY池田さんが書いてマス!

2007年5月 2日 (水)

Rei in Lei Day 

今日5月1日を、ハワイで迎えるのをひそかに楽しみにしていました。

なぜって5月1日は、「レイ・デー」。
シバタレイ、、、、、ではもちろんなく、首にかけるレイ=leiの日です。

でもね、やっぱり自分の名前と同じ日があるって、嬉しい。
例えば仮に、”山の日”なんていうのがあって、それが”キョウコ・デー”だったら
京子さんも恭子さんも今日子さんも嬉しいでしょ?
(注:キョウコは山ではありません!)

でも、レイが”豚肉”とかそういう意味だったら、全然気分が変わっていただろうな(笑)。
あの”レイ”で本当によかったです。

というわけで、シバタレイ、ハワイで初めて迎えた”レイ・デー”。
ワイキキビーチからすぐのカピオラニ公園でイベントが行われると聞き、
午前中からのぞきに行ってみました。

見ていて飽きなかったのは、いくつも並んだレイを売るスタンド。

1lei_day8
一軒一軒のぞいてみると、
ティーンエイジャーからおばあちゃん、おじいちゃんまで
様々な売り子さんがいて、
花の組み合わせ方に個性が現
れているんです。

ハワイにいると、日常的にレイを送ったりもらったりすることが
頻繁にありますが、
レイ・デーにももちろん身近な人とレイを送りあうそうです。 


この会場でも、「これ、君に似合うよ」とか「あなたにぴったり」
なんていう感じで、男性が女性へ、女性が男性へ、
レイを選んで買ってあげているカップルの姿が目につきました。




1lei_day9 ワタシが訪れたときはちょうど、
カピオラニ公園のステージで”ミセス・レイ”を選ぶ
イベントが行われている最中でした。

ちなみにワタシは、普段から”ミセス・レイ”(笑)。
・・・・・これは、単なる事実
ですけど。

おそらく”ミス・レイ”を選ぶイベントもあったのでしょう。
その他ライブなども行われ、盛り上がっていました。
   1lei_day12_1 

1lei_day1 1lei_day2
レイ・メイキングの
デモンストレーションでは、
ユニークなレイも発見。

”毛糸”で作ったレイです。

ハワイでこれを
首からさげていたら
暑そうだけどね!

いろいろなもので
作ってみると楽しそうです。




1lei_day5
今日は一日、レイをかけて過ごすと聞いたので、
自分にもレイを。

もう一つのレイは、
今日出会う身近な誰かに送るために。

・・・・・そして午後、スタジオリムの
レイコさんに会ったので、さっそくプレゼント!
お互い”レイ”という名前を持つ者同士、
レイをかけて過ごしました。

Happy Lei  Day !!

2007年5月 1日 (火)

カイルア散策

2週間ぶりにカイルアへ行きました

30cinamons そこで本日のランチは、カイルアのアットホームな
レストラン、
Cinnamons(シナモンズ)に決定!

今日は”エッグベネディクト”にトライ。
ワタシ、卵は火が通っているものよりも、生卵のほうが
好きなので、ナイフを入れるととろろ~んと黄身が
あふれ出す、このエッグベネディクトが好きです。

でもけっこうしつこいから、一つで十分なんだよね。
それに、食べるたびに「うっ。かなり高カロリーに
違いない・・・」という思いが心をかすめるので、
一つにとどめておくのが得策かもネ。

ここのエッグベネディクトは、野菜もたっぷりだし、
ちょっと酸味のあるマフィンを使っているのもアクセントになっていました。

30cinamons2 そして、やっぱり食べたいパンケーキ!
ここのパンケーキは、フルーツ使いが◎。
輪切りのバナナが生地に練りこんである
バナナパンケーキも美味しいんだけど、
今日はアップルシナモンパンケーキ。
シナモンバターでソテーしてあるりんごの甘みで、
美味しくいただける。

ハーフポーションを二人で分けても十分な量でした。(↑これでハーフですぞ)

ゴールデンウィーク中とあって、ワイキキ周辺は人が多くなっているけれど、
平日のカイルアのダウンタウンはとことん、のどかな雰囲気です。

そういえば、カイルアのフラレッスンに行ったとき、
レッスンに来ていた女性に「かわいい洋服が見つかるわよ」って教えてもらった
お店があったっけ。

あった、あった。 カイルアショッピングセンターの中にありました。
”Mary Z’s”という洋服屋さん。
けっこうな広さの店舗内に、女性モノの洋服が雑然と並んでいるのですが、
端からこまめにチェックしていくと、これ好き!っていうものに出会えそうなお店です。
ハワイにいると、こういう服があると便利なのよね、って思うような、
派手目の柄でゆるーいラインのトップスやワンピースが揃っています。

2skirt
ワタシが買ったのはこちらのスカート。

ウェストは背中側がギャザーになっていて、
リボンは後ろで結びます。
裾が少し絞ってあって、ふわんとなるのがかわいい。
色のトーンも柄も気に入ったので、試着してみました。

そして試着室から出てきたワタシを見て、店員さんが一言。
「あの、実はそれ、スカートじゃなくてトップスなの」

ええ!そうなの?
そうか、ウェストだと思っていたところが胸にくるのね。
チューブトップとして着るんですね。
裾の部分は、腰まわりでふわっとなるわけだ。

「でも、たいていの人がスカートと思って試着するの。
つまり、どっちにも使えるってことなの、いいでしょ?」
ということで、購入しました。
気分によって、上に着たり、スカートにしたりして楽しみたいと思います。
約40ドルなり。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »