« ワイキキの新顔「kaiwa」をチェック | トップページ | ウクレレ・フェスティバル »

2007年7月22日 (日)

念願のキューバレストランへ

夕方、出かけようと家を出ると、雲行きが怪しくなってきた。
パームツリーも風にあおられて右に左に激しく揺れているし、
雨も降ってきて、そのうちさすがに傘ナシでは歩けないほどしっかりした雨に!

それでもそんな中、レイコさん&K子ちゃんと私、女3人で
「フォスター・ボタニカル・ガーデン」へ出かける。
夜のボタニカル・ガーデンにキャンドルの火を灯し、様々な催し物が行われるのだが、
あいにくの雨で、キャンドルの火も消えてしまう。
K子ちゃんが最近ハマっているというベリーダンスのショーを見に来たのだが、
雨が激しく降ってきて、ちょっとしか見られなかった、残念。
でも、雨の中、緑が生い茂るボタニカル・ガーデンを歩いていたら、
緑と土の匂い、そしてしっとりした空気・・・静かな雨音・・・
「何だかハワイじゃないみたいな空気で、ちょっと楽しいね」。
ワイキキ暮らしをしていると、たまの雨に心が落ち着く。


Img_0095 そうそう、このボタニカル・ガーデンには
なんと、大仏さまが鎮座されているのを、ご存知?

鎌倉の大仏さまに比べたらサイズは小さいですが、
神奈川県から奉納されたもの。
これだけ見ると、ハワイじゃないみたい! 

ちなみにこの写真、今話題のiPhoneで撮りました→
かなりキレイに撮れます。
でも写真のサイズがけっこう大きくて、
iPhoneではサイズが変えられないので、
そのままメールで送ると、受け取った人から
「びっくりした!」と言われました。




さて、雨のボタニカル・ガーデンを後にし、
場所が近いので、以前から行きたいと思っていたダウンタウンのキューバ・レストラン、

『soul de cuba cafe』へ。
www.souldecuba.com

ダウンタウンの中でもおしゃれなお店が並ぶことで知られるBethel Streetにある、
人気のレストラン。
私も一度予約を入れたことがあったのだが、
その時は、急に行かれなくなってキャンセルしてしまった
ので、今夜やっとリベンジ!

お店の中はいっぱいだったけど、運よく3人で座れるテーブルが一つ空いていた。

21cuba2
席に着くと、3人でお店の雰囲気にうっとり。

壁にぎっしりとかけられた、写真や絵。
高い天井で回るファン。
テーブル席の他に、バーカウンターのある店内は
エキゾチックな雰囲気が統一されていて、
ちょっと大人っぽい。 
でも妙に落ち着く

で、キューバ料理とはなんぞや?
そんな疑問も、お店に入ると、スパイスのいい香りが漂ってきて、頭よりお腹が先に反応してしまう。
ギュルルルル。 早く食べたい!
メニューを見ると、豆を使った料理、そしてスパイスを効かせたチキン、ビーフ、などが並んでいる。

21cuba1                        

しばしメニューを見て迷っていると、
お店の人がやってきて、
「まずはこれを飲まなきゃね!」とお酒を勧める。

そのお酒とは・・・「モヒート」!!
キューバといえば、モヒート。

私はあまりカクテルは飲まないのだけど、
(ということで、ここでもしつこく手前の赤ワイン)
レイコさん&K子ちゃんによると、
たまに甘いソーダで割ったものもあるけど、
ここのモヒートはライムとミントがグラスの中にも
ぎっしり入っていて、味も甘すぎず、すっきりだそう。

味見させてもらったら、夏にぴったりの味。

21cuba3
お料理は、揚げ物を中心とした前菜の盛り合わせの
ほかに、ビーフ、チキン、シーフードと
それぞれメインを注文してみた。

手前が私が注文した「ropa vieja」というビーフ料理
で、ライスの上にどどーんとトマト味で煮付けた
ビーフが乗っていて、付け合せのブラックビーンと、
バナナのフライもおいしかった!

スパイシーなチキンも、カニのシーフードパスタも
どれもしっかりとした味付けながらも食欲を刺激する
味。美味!

唯一、パスタだけは「給食のソフト麺を思い出すね・・・」
なんて3人で苦笑いだったんだけど、スパイシーなお料理が食べたいときにはオススメ!
ボリュームが多いから、みんなお持ち帰りだったけど。


それにしても、この店内の雰囲気とスパイシーなお料理、
雨の夜の”ガールズ・トーク”にはぴったりね!

« ワイキキの新顔「kaiwa」をチェック | トップページ | ウクレレ・フェスティバル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/7273898

この記事へのトラックバック一覧です: 念願のキューバレストランへ:

« ワイキキの新顔「kaiwa」をチェック | トップページ | ウクレレ・フェスティバル »