« Raiateaへインタビュー | トップページ | ソルトクッキー »

2007年8月 1日 (水)

KOHALAと感激の再会

今日は、嬉しい再会があった。

夕方からアラモアナホテルで行われた、ハワイアンバンド、PALIのCD『TRIBUTE』を
記念したマハロ(=ありがとう!)パーティーに出席させていただいた。

このアルバムは、先日の2007年度ナ・ホク・ハノハノ・アワードで
”ベスト・コンテンポラリーアルバム賞”を受賞したもの。
KALAPANAやTHE PETER MOON BAND、CECILIO&KAPONO、SUMMERなどなど、
数々のハワイの名バンドの曲をカバーしたもので、
さらにそれらのメンバーもレコーディングに参加したという一枚。

このお知らせをいただいたとき、出席者の中に、嬉しい名前を見つけた。
それは・・・「KOHALA(コハラ)」!!
うわーーーーーーーーい。 名前を見て、一気に興奮度がアップする。
なぜならKOHALAは、私が唯一、お互いを”友人”と呼び合えるハワイのミュージシャン。

その出会いは、TOKYOFMで2002年から2006年まで担当していた
『Supreme』という番組。
その中で、KOHALAには”レギュラーコーナー”を担当していただいていたのだ!
毎週金曜日、東京からハワイ島に住んでいるKOHALAのメンバーに電話をして、声を聞く。

ほぼ毎週、リーダーのチャールズ(Charles Michael Brotman)が担当してくれていたんだけど、
「ALOHA~。お天気はどう?」って聞くと、
「Oh、、、 、、it's GREAT! Blue sky、、、and sunshine、、、
(すばらしい天気だよ! 空は青いし、陽射しも気持ちいいし、、、)」って、
チャールズは、ほぼ100%、同じ答を返してきた(笑)。

でも、私はそれが聞きたくて、同じ質問をいつも投げかけていた。
チャールズの口から、「Oh、、It's great!!」って言われると、もうそれだけで満足だった。

だって、毎日見ているはずなのに、チャールズは、まるでその日、初めてハワイの空を
見たかのように、ほんとに嬉しそうに、「すばらしいお天気だよ!」って言うのだ。
それが、声から伝わってくる。
だから東京にいる私も(そしてきっとリスナーのみんなも)、一瞬でハワイにトリップできた。

これって・・・今の私がラジオで伝えなくてはいけないことなんじゃないか?
実際、毎日見ていても、朝起きて、ハワイの青空を見るたびに、
「なんて今日もスバラシイお天気!!」と感動する。
この感動に慣れてしまわず、毎週、番組を通して伝えなくてはいけない、と思う。

というわけで、ハナシを元に戻すと、
KOHALAはメンバー3人で活動しているんだけど、
その中の1人、チャーリー(
Charlie Recaido)は、
このPALIのアルバムでフィーチャーされている”Summer”
のメンバーとして
活動していたミュージシャン。
そして、このアルバムのレコーディングにも参加している。
そんなわけで、今日のパーティーにはKOHALA3人が出席することになったのだろう。

私が最後にKOHALAに会ったのは、去年の6月の終わり。
東京のHAKUJUホールでの彼らのライブに行ったときだ。
その時、「もしかしたら、ハワイに行くかも」とは伝えていたものの、
実際にハワイに来てからは、ハワイ島を拠点にする彼らに会う機会がなかなかなかった。
すみません、連絡していなくて・・・。

さあ! 会場でドキドキしながらチャールズに声をかける。
振り返ったチャールズ、最初に私の顔を見て、そして1、2秒したら急に表情が崩れた。
「えええーー?? なんでここにいるの??」という感じの表情。
きゃーーー久しぶり!!のハグ。
すると、そこへチャーリーも現れる。
「おやおやおやおや!! 誰かと思ったら! こりゃー同窓会だね!」

もちろん、彼らはスタジオリムとも馴染みがあるので、
レイコさんと私が一緒に並んでいるのを見てびっくりしていて、
事情をいろいろ説明したら、さらににびっくりしていた。


31kohala

そんなわけで、元Supremeのスタッフの皆さま!

ハワイでコハラに会えたよ!







そしてこの後、もう一つ再会があった。
といっても、こちらは電話越しなんだけど、
斉藤リョーツさんのJFNの番組『SUNSET JAM』の中で、
電話でハワイの夏の話をレポートさせていただいたのだ。

リョーツさんは、以前TFMで鈴木啓三郎さんと『サタデーキックオフ』という超・長寿番組を
担当されていて、私は入社一年目にその番組のアシスタントについた。
私にとっては初めてレギュラーでついた番組だったから、本当に思い出深い。
・・・し、お二人には頭があがらない(笑)。

当時、朝早い番組だったから、
お化粧もしないでキャップを被っていったら(今考えたら、かなり失礼・・・)、
二人から「シバレイ!! 化粧ぐらいしてこいよ!! 額に青筋たってるぞ!!」
と”口撃”を受けたのが忘れられない(笑)

すごく好きだったな、あの番組。
そんなリョーツさんと、ラジオでトークするのは久しぶりだったので、とても嬉しかった。
もしかしたら”サタオフ”以来?  だとすると、もう11年かー。

そんな、いろいろな再会があった後、
お隣のアラモアナショッピングセンターの上にある、『Pearl』にて、女3人で軽く食事。
31pearl
週末は、クラブと化して、
外にまで行列ができるほど、ものすごい人だけど、
平日の夜は、静かに食事が出来るので、
穴場と言っていいかも。

何といっても、ここで出されるワインは
毎回、かなり美味しい。

明日からもう8月かー。

« Raiateaへインタビュー | トップページ | ソルトクッキー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/7386059

この記事へのトラックバック一覧です: KOHALAと感激の再会:

« Raiateaへインタビュー | トップページ | ソルトクッキー »