« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月に作成された記事

2007年11月30日 (金)

こんな木曜日。

今朝はあまりに空が、というか太陽がまぶしくて、そのまぶしさで目が覚めてしまった。
朝の空のご機嫌によって、目覚めの気分がかなり左右されます。
今日みたいな日は、いい日。

そういえば昨日のハワイは、ちょっとコワくなるぐらいの稲妻と豪雨でした。
例えるなら、空からというよりは地面から揺さぶられるような感覚に陥るほどの、
激しいカミナリと雨で、巨大な怪獣がやってきたようなお天気。

少し前の予報では、今年のハワイの冬は雨が多そうということでしたが、
どうなのかな。

気持ちよく目覚めた後は、スタジオリムにてJFNの生放送。
ランチをはさんで、FM NORTH WAVEの公開収録。

そのランチの時のこと。
「昨日、夜中2時ごろ電話が鳴ってさ・・・」とノビーさん。
「とても出られなかったんだけど、後で留守電聞いたら、
レイコの声で『Hi マイケル ! 今、成田空港なんだけど、明日の迎えは・・・』って
入ってるんだよ!」
やだ! ノビーさんとマイケル、間違えちゃったんだ。
笑っちゃいけないけど、、、、、でも笑える!
そう、レイコさんは日本から今日帰ってくる予定。
じゃあマイケル、空港に迎えに行けなかったかもね・・・と心配になり、
午後になってスタジオに現れたレイコさんに聞くと、
「ああ!だからマイケルこなかったんだ・・・・・。 それなら、怒れないわね」
アララ・・・やっぱりマイケル、来なかったらしい。 
「怒っちゃったんですか?」って聞いたら
「うん。でもいきなり怒られて、向こうも怒ってた」らしい。
久々のマイケル・ストーリー、でも今度ばかりはマイケル、かわいそうでした(>_<)。

そんなレイコさん、スタッフ1人1人にいろいろとお土産を持ってきてくれたのですが、

29c
私へのお土産には、もちろんコレが入っていました。
「週刊文春」。

中学生のときから愛読していますから・・・
けっこう年季入った読者です。

先日、ノビーさんが久しぶりに日本から帰って
きたときのお土産も、やはり文春。
つい最近、TFMの後輩だったさっちゃんも
やはり文春をお土産に買ってきてくれました。

「シバタには文春を買っていけばいい」というのが
浸透しつつあるようで。ありがとうございます!!

丸美屋の「手のりたま」(ふりかけ)の
特別着ぐるみバージョンもいただきました。
外でプレートランチを食べる時にご飯にふりかけられるように、バッグに入れておきましょう。


夕方からは、あさってに迫った早慶クリスマス・パーティーの打ち合わせ。
去年ハワイに来たばっかりの時はびっくりしたけれど、ハワイ稲門会&ハワイ三田会
によるクリスマス・パーティーが毎年12月に開かれます。
今年もノビーさん(慶)×シバタ(早)のスタジオリムコンビ
で司会です。

29b
家に戻るとちょうど陽が落ちる時刻でした。

日に日に日没の時刻が早くなってきていて、
外は暑いけれど、やっぱり冬なんだと感じます。

今の部屋は西向きなので、こんな風に夕陽が見えます。
でも、自分の部屋から海の方角を見ると、
高い建物が2棟あるので、
その二つの建物をフレームのようにして切り取られた海を、ちびちびと?!楽しんでいます。
今の時期は、この中にちょうど夕陽がおさまって
くれて、得した気分です。

陽は落ちてしまったけど、急いでひとっ走り。
アラモアナビーチパークでランニング。
今週は、ホノルルマラソン前の、最後の走り込み、とばかりに、毎日のように10km前後のランニング。
来週はもう直前なので、あまり走れないので。
なんて言うと、これまでコツコツと走ってきたかのように聞こえるけど、そんなこと全然なーい。
”コツコツ何かをやる”っていうのが一番ニガテな性分です。
その代わり、直前になるとものすごい集中力が湧き出てくる。
だからいつも本番直前になって、とつぜん何かをやりだす始末・・・。
「なんであんなに時間があったのに、コツコツとやってこなかったのだろう」
といつも思うのですが、出来なかったのだから、仕方がない(>_<)。

走ることに関しても、結局コツコツはやらなかったなあ。
でも、走る大会にはよく出ました。
距離はいろいろだけど、全部で6回かな?
走ることそのものより、大会に出て、地元の人と一体感を味わうのが
好きだったのだと思う。
それに、走るたびに、ハワイの街が自分の日常の風景になっていった。
”自分の街”だという意識がどんどん強くなった感じです。
だから今度ホノルルマラソンを走るときは、
自分の街を走る喜びと安心感を抱きながら、目いっぱい楽しみたいと思うのです。

そんなことを考えながら、ランニングをしていたら、どっぷりと暗くなってきたので、
8kmで終了。夜の公園はちょっとコワい。あわてて公園を去りました。

2007年11月27日 (火)

クリスマス・フラ

月曜の夜はカイルアにてフラのレッスン。
季節のせいなのか、場所柄なのか、H1からパリハイウェイに入って北上していくと、
ぽつぽつと雨が降り始める。
ここのところ毎週のように、レッスン中はずっと雨です。

レッスンは19時半からで、終わると21時半近くになっていることが多いので、
それからまたワイキキまで運転し、戻ってくると22時頃になり、
家に着いてみると、けっこう疲れてた・・・ってことに気がつくんだけど、
レッスンを終えたときの気分はいつもスッキリ!

それもこれも、クムの家が、何とも言えないアロハな空気に包まれているからだと思う。
そして、笑いの絶えないレッスンでもあるのです。
もちろん、上級クラスになるとクムも一転して険しい表情になるらしいけれど、
私が通っているのは中級クラスなので、クムの表情もやわらかい。
そして元来クムは、かなりおっちょこちょいな性格なので、
レッスン中も、ご本人はそのつもりはないかもしれないけれど、
私たち生徒は予期せぬ出来事やびっくり発言が飛び出て、
驚いたり笑ったりの連続です。

ここのところ、クリスマスソングを習っています。
「Christimas in Hawaii」と「Another Christmas without you」の2曲。

Img_0420
こうしてプリントも渡してくれますが、

ふと手書きの日付を見ると、
1976年の11月29日となっていました。

30年前からこのプリントを使って
教えていたのでしょうか?


このクリスマスソングは、
12月21日に、カネオヘにある、
シニアの方々が暮らす施設へ踊りにいく
ことになっています。

人を楽しませるには、自分が楽しまないといけません。
しっかりフリを覚えよう!


さて、一週間以上ビハインドだったブログを一気に書き上げ、
やーっと現在まで持ってくることができました・・・・・
これからはタイムリーに日記をつけたいと思っていますが、どうなることやら・・・・・。

2007年11月26日 (月)

ハワイ大学、大人気!!

今、ハワイ大学のフットボールチームが盛り上がっています。

・・・ということを、ニュースではなく、じわじわと周りの状況から感じることが出来る。

市バスを見れば、バスの前面の上の行き先が出る表示部分に、
「GO WARRIORS!」(ハワイ大学フットボールチーム)の文字が、
「WAIKIKI」といった表示と交互に映し出されているのを発見したり・・・
町中のスーパーで、ハワイ大学グッズが売れているのを目にしたり・・・
なんか盛り上がっているなあと思いきや、
先週の金曜の試合に勝ったウォリアーズが、
WAC(ウェスタン・アスレティック・カンファレンス)のチャンピオンに輝いて、
盛り上がりは最高潮に達してしまったのです。
しかもウォリアーズは11勝0敗の無敗でここまできている。
今週の土曜にアロハスタジアムで行われる残り1試合に勝って、
全勝でシーズンを駆け抜けるか、ということで、
そりゃあもう、行け!行け!ムードになっているのでした。

ハワイでは2月にNFLのオールスターが集まるプロ・ボウルが開かれるけど、
NFLにはハワイのチームはないので、
ハワイ大学のフットボールチームっていったら、一大学のチームという存在をこえて、
国民的人気になっているように感じます。

それを目の当たりにしたのが、今日のワードセンターでの出来事。
ワードには、ハワイ大学のグッズを扱う「Rainbowtique」っていうお店があるんだけど、
Rb2

うわわわわーーーー。
なんじゃ、この行列!!

普段は決して人の多くない(すみません)この
ワードセンターの細い建物の中に、人・人・人!
ざっと数えて6~70人は並んでいたかな。

で、みんな何を買い求めているのだろうと
行列の先を追ってみると、
Rb3
チャンピオン
Tシャツ!

1枚18ドル
でした。












1人が何枚も何枚も買って行くので、Tシャツの山が見る見るうちになくなっていきます。

Rb1
とんでもない人気になってしまった、
rainbowtiqueです。

うちの母も、一応ハワイ大学(の英語プログラム)に通っているので、
最終試合のチケットを学校で買おうとした
らしいですが、チケットが残っているわけは
ありませんでした・・・!

2007年11月25日 (日)

パンケーキハウス

家から歩いて5分ほどのところにある「The Original Pancake House」へランチしに行きました。

Ph Ph2                           













ほうれん草とベーコンとチーズのオムレツは、卵がふわっと軽く、チーズがとろとろに
入っているので、見た目以上にライトなテイスト。するするとお腹に収まっていきました。
しかし本当はこのオムレツにパンケーキが3枚ついてきて、
それはほわほわで、バターとメイプルシロップが染み込むと何ともいえない美味しさ
だったのですが、さすがに全ては入りきらず、パンケーキはほとんど家に持ち帰りました。

このお店、カピオラニ通りに面したところにお店の名前は見えるものの、
入り口はビルを入った中、奥にあって、通りからはお店が全く見えないため、
知らないと入りにくい。http://www.originalpancakehouse.com/index.html
にもかかわらず、行くといつもお店には列が出来ている。
週末は、ゆっくりと新聞を読みながらブランチタイムを過ごすご夫婦や、
家族連れでにぎやかに朝ごはん、という人、観光客でいっぱいです。

なぜかフシギと、パンケーキのお店ってどこも午後2時まで、というところがほとんど。
こちらも例にもれず、そう。

とても気になっているメニューが「アップルパンケーキ」。
「焼くのに約1時間ぐらいかかるから、食べたい時は、
店に入るや否や、席に着く前にまずこれを注文して!」と
お店の人に言われました。  
りんごとシナモンをたっぷり使って焼き上げたものらしく、かなり甘そうだけど・・・・・
ぜひ今度トライしてみたいです。

2007年11月24日 (土)

ウィリーさま

そういえば、今日の重大な出来事を記すのを忘れていました。

この方にお会いしたのです!

23willie2 ウィリーKさんです。
もう、とにかく嬉しい!

先日、自分の誕生日の日に
チャイズでのライブを聴きにいった
のですが、
今日はあらためて、番組出演を
していただきました。

心と体と音楽が一体化している感じ。
そして、まさに音楽がそうである
ように、彼の心の中には
境界線がまったくない!
ということを、彼自身の言葉で知ることができました。

私の勝手な言い分ですが、
スティービー・ワンダーにお会いしたときに似たような感動を、彼からは受けます。
音楽の懐の深さを教えてくれるんです。


そして彼は、才能あふれるミュージシャンでありながら、大のお笑い好き!
いや、お笑い好きっていうか、とにかく人を楽しませることが好きなので、
お笑いは避けて通れないのでしょう・・・
しかし、その笑いのセンスが、好きです。

だって、新しいBarefoot Natives(彼のユニット)のアルバムの写真、
かなりおかしいです。 一見、意味不明なんですけど、おもしろすぎます。
ぜひハワイでアルバムを購入して、中を見ていただきたいです。
音楽も、楽しすぎます。

そんなウィリーKさんの出演は
K-MIX『Saturday Morning LOMILOMI』は12月1日(土)、
FM NORTH WAVE『Island Breeze From Hawaii』は12月9日(日)の
予定です。

3度目?!の誕生日会

サンクスギビングデー(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日は、
どこのショッピングモールも一斉に大・大・セール!
一年で最もお得な買い物ができる日、と言われています。

と同時に、この日からクリスマス商戦がスタート。
ハワイ(アメリカ)の人は、クリスマスに向けて、ハンパなくお買い物をする(家族・親戚・
友人知人へクリスマス・プレゼントを買う)ので、
一年の中でも顕著に激しくモノの売り買いがなされる時期なんですね。
アメリカ人と結婚した知人も、「プレゼントを用意することでいつも頭がいっぱいで、
夢にまで出てくる」と言っていました。
楽しいはずのプレゼント選びが、半ば義務化してる、ってことでしょうか・・・。
それはそれで大変そうだ・・・。

そして、この感謝祭翌日の金曜は、ブラックフライデーと呼ばれる。
由来を全然知らなかったので、調べてみたら、
どうやら「どんな赤字のところも、この日は黒字になる」という意味合いから
”ブラック”なんだとか。

そんなお買い物フライデー、ブラックフライデーがやってきました。
新聞の広告を見たら、ワイケレのアウトレットは時計の針が金曜日になった瞬間、
つまり深夜0時にオープンして、セールを始めたらしい。驚き。
そしてアラモアナセンターも、今日は朝6時オープン。
今住んでいるところから横断歩道を一つ渡ると、そこがアラモアナセンター、
という近さなのですが、さすがに6時に行くパワーはなく、
朝8時ぐらになって母と一緒にのぞきに行ってみました。

すでにモール内には、週末か!っていうぐらいの人が。

でも、あまりに”大セール!”を勝手に想像しすぎていたせいか、
どのお店も思ったほど派手にセールをしているわけではなく、
お店の一部商品がセールで並んでいるようなところがほとんどで、
ちょっと肩透かしのような気分。
中には、お店の中のもの、全て○○%OFF!というようなところもあったけど、
8時頃だと、まだかたくなに通常の営業時間まで扉を閉ざしているお店もあるし、
逆に大売出しをするようなお店は、朝一番で福袋のようなものを販売していたらしく、
8時頃にはそれも一段落していて、何とも中途半端な時間帯でした。
それに、激安で売り出されるものは、家電や生活用品、子供用品などが多いらしい。

そんなわけで、私と母も、何も買わずに帰ろう、という気分でした。
がしかし・・・・・。
とあるお店で、一部商品50%OFFセールをしており、
このお店は、サンクスギビング前から50%OFFセールをしていて、
ブラックフライデーとは関係ないのですが、
とにかく、その50%OFFの商品と出会ってしまいました。
それがハワイでは絶対に着る機会がないだろう、という革のジャケットで。
Img_0418
しかしこのしなやかな雰囲気に惹かれ、
着てみると、待っていたかのようにぴったりでは
ありませんか。
(って、こういう風に言いたくなる経験って誰にでも
あるよね・・・こじつけって分かってるけど)
よし、自分への誕生日プレゼントだ、と思い、
それでも大きな買い物だったので、
「ずっと大切にします」と店員さんに告げてきました。

これを着たいがために、冬の日本に帰りたいです。

さて、サンクスギビングデーの翌日は、ワイキキではパレードも行われます。
Bus
ほとんどがクリスマスの飾り付けをした車で、
行進するブラスバンドも、クリスマスソングを演奏しています。

そんなパレードを少し眺めながら、ワイキキのイタリアン『Taormina』へ。
11月21日が誕生日のレイコさんと17日が誕生日の私と合同パーティー
という名目で、女性ばかりで楽しく食事を!
Uni
今夜印象的だったのは、
隣のテーブルの方が注文していて
美味しそうだったので食べてみたら、
ほんとーに美味しかった、
ウニのスパゲッティー。

美味しい食事と共に、
よくしゃべり、よく笑いました。

そして、みなさんから頂いた、それぞれの個性と心のこもったプレゼント。
本当にありがとうございます。


みんなで写した写真、誰か持っていたらぜひ送ってくださーい。
そうそう、今夜ご一緒した一人、まさこさんから
「この間、玲ちゃんのブログでM子さん、って書いてあったの、さびしかったなー」
と言われました。
そうそう、あの9月の深夜2時までのバースデーカラオケの時ですね!
人の名前や顔写真を勝手に載せないようにと、イニシャルにしてあるんです・・・
って言ったら、
「全然かまわないから~。写真も、みんなのブログに載せてもらえるように
送ったのに~」と言うので、今、カラオケ中の写真を見返してみたんですけど・・・
まさこさん!! これはやっぱり載せられませんって!!
Pict0014
だって、おかしすぎ!

レイコさん!

素敵です(笑)!


本人から「削除して」って言われるかも・・・・

2007年11月23日 (金)

サンクスギビングデーのディナー

木曜日恒例、JFNの生放送&FM NORTH WAVEの公開収録です。

日本も勤労感謝の日を含めた連休のせいか、
今日はスタジオにいらっしゃるリスナーの方が非常に多い。
しかし、アメリカはサンクスギビングデーだということを知らない方もたくさんいらっしゃって、
「今日はお店はほとんどお休み!ワイキキにとどまっていてくださいね」と言うと、
みなさん「えええええ~」とガッカリなさる。

アメリカ以外の国からの宿泊客と思われる方も、スタジオリムを訪ねてきて
「今日は、どこに行けばお店があいているの?」と尋ねていく。

ワイキキ内であれば、ほぼお店やホテルは通常通り。
通常通りどころか、今日はターキー料理が食べられる可能性も。
私も今夜は、「せっかくこの時期にハワイにいるのだから、ターキーが食べたい」と
母が言うので、ハイアットのお隣、シェラトン・プリンセス・カイウラニの
サンクスギビングデー・ディナー・ビュッフェを予約しておきました。

Pk
通称”PK”でおなじみのこちらのホテルの一階
には、「ピカケ・テラス」というレストランがあり、
気軽にディナー・ビュッフェがいただけて、
夜はハワイアン・ミュージック(フラ)ショーも
行われている。
オープンエアーが気持ちいいです。
見上げると、お隣のハイアットが見えます。

サンクスギビングやクリスマスなどの季節の
イベント時には、
それにあわせたお料理が並ぶので、
去年のクリスマス・イブにもここで友達と
食事をしました。









Pk1
今日のメインは、何といってもターキー。

ターキー自体は好きなので、
ターキーサンドウィッチなんかはよく食べるんだけど、
なんせ、この「クランベリーソース」をターキーに
あわせるのがニガテです。
お醤油か何かかけて食べたい気分です。
写真を撮った後、一番下の、
ソースがかかっていないお肉を食べました。

お料理にフルーツを使うのが、どうもニガテで。
コールスローサラダの中にりんごとかみかんの缶詰めとかレーズンが入っているのとか、
よく引き合いに出される、酢豚にパイナップルとか、
あ、横川の釜飯に入っているアンズは、とりあえず先に食べちゃいます。

Pp1
そうそう、昨日受け取ってきたパンプキン・パイ。

昼にスタジオのみんなと一緒に食べました。

見た目はいたってシンプルなパイですが、
味は、いろんなスパイスをたっぷり使っているようで、
シナモンの味がきいた、本格的なパイでした。

2007年11月22日 (木)

幸せなお菓子

つい先日発見したばかりの、ダウンタウンにあるパン屋さん、
「Great Harvest Bread Co.」へ朝イチで車を走らせ、”あるモノ”を受け取ってきました。

それは・・・明日のサンクスギビングデーに欠かせないお菓子、パンプキン・パイ♪
Pp
各スーパーなどの店頭でも、
この時期は一斉にパンプキン・パイが
並んでいたりするけれど、
このパン屋さんでは予約販売をしていて、
「パンが美味しかったから、きっとパイも
美味しいに違いない!」と思い、
すぐにお店に予約の電話を入れておいた
のです。

明日のサンクスギビングデー、
あのアラモアナショッピングセンターでさえお休みになるほど、
この日は働く日じゃない!という感じの祝日ですが、
日本にあわせて仕事をしているスタジオリムにとっては、あまり関係ない。
ロコガールであるハーモニー以外の日本人スタッフは、全員出勤日!
そこで、パンプキンパイを一緒に食べよう!と思ってます。

Tk
もう一つ、この時期のスーパーに大量に
並ぶのが、ターキー。
丸ごとごろごろ、山積みになっています。

値段を見ると、10ドルから20ドルぐらい。
外からじゃ分からないけど、
一生懸命品定めをしている人が
売り場の周りにたくさんいます。

でも私は一羽焼いても食べられないからなー。
見るだけ。
しかし、全米中で食されるターキーを思うと、いったい何羽のターキーが?!って思いますよね。

さて、今日は私がとってもお世話になっている、さそり座のアノ方のバースデー。
それは、もちろーん、
P8303841
レイコさん。
おめでとうございまーす!!!!!

ハワイらしからぬ写真ですが・・・
8月にハワイ島・マウナケア山頂の一歩手前
(4200m手前)で撮った秘蔵写真なので、
この厚着。 公開しちゃったから秘蔵じゃないけど。

8月でも0度近かったから、当然なんだけど、
「でも、ぜったい怪しいですよ!!」っていうぐらい
の厚着(変装)で4200mでも私を笑わせてくれた
レイコさんでありました。


新しい一年も、笑いの絶えない年を過ごしてください!
そして、私のことも笑わせてください!?

夕方、スタジオでミーティングがあったので、ノビーさん、レイコさん、私で
バースデーケーキでお祝いです。
Cake
ノビーさんとレイコさんに
「このろうそく、かわいい~どこで買ったの?」と聞かれたので、
ちなみに・・・
ろうそくは、アラモアナにある「PAPYRUS」
というお店。
カード屋さんで、とにかく色んな用途の、
凝りに凝ったかわいいカードがぎっしり。
カードだけでなく、ちょっとした机の上に置く
小物や、こういったお祝いグッズも揃っていて、すごくハッピーなお店です。

そしてケーキは、同じくアラモアナにある「Patisserie La Palme D'or」のロールケーキ。
今日は抹茶味にしました。
生地がしっとり&ほわほわで、たまらなく美味しいです。
節分の太巻きのように、一本丸ごとかかえて無言で恵方を向いて食べたいくらいです!

2007年11月21日 (水)

ゼッケン番号は・・・「西、見な!」

ホノルルマラソンまであと19日。
朝は、家のほぼ目の前のアラモアナビーチパークをランニング。

午後には『日刊サン』の記者の方に、ホノルルマラソンに関するインタビューを受けました。

『日刊サン』は、ハワイの町中で気軽に手に入るフリーペーパーながら、
日本のニュースを一般からスポーツ、芸能までほぼタイムリーで読むことが出来る新聞。
ですからほとんどが日本のニュースで紙面が構成されているのですが、
ホノルルマラソン前の数日間は、紙面でホノルルマラソン特集を組まれるそうです。
その中に、ハワイに住んでいる日本人でマラソンに出る人へのインタビュー記事を
掲載されるとのことで、知り合いの方からインタビューのお話をいただきました。

ホノルルマラソンに去年出てから、いろいろハワイで開催されている走る大会に
出てきましたが、なぜこんなに走ってきたかというのには、けっこうはっきりとした理由が
あったので、それをお話させていただきました。
でも今ここにそれを書いちゃうわけにいかないので、
私自身も日刊サンを楽しみに待っていようと思います!

インタビューはスタジオリムの中で受けていたのですが、
驚くことに、タイムリーすぎるぐらいのタイミングで、
スタジオにホノルルマラソン事務局からの郵便物が届いていました。
中身は・・・ゼッケン引き換え書。
これをもって、大会前日までにゼッケンや靴につけるチップを受け取りに行きます。


Hm
そして、ゼッケン番号も明らかに。

2437、だ。

西、見な!

スタート地点のアラモアナ公園からは、
まず西に向かって走ります。
だから、いい番号ってことにしましょう。

2007年11月20日 (火)

さまざまな発見

先日、母が突然「車の免許を取ってみようと思う」と言い出した。
私も何度か話題として触れたように、こちらの生活ではいろいろとIDが必要なシーンが多く、
それには州のIDを取るのが手っ取り早いけれど、
車の免許は一度取ったら6年間有効。(その後、更新)
しかも何かと車の免許を持っていると便利だし、
というわけで、もともと日本で車の運転をしている母は、チャンレジする気になったらしい。
周りは「お母さん、どんどん攻めてくね~」と驚くけど、
今も昔も柴田家で最もパワフルなのは母なので、私は全然びっくりしません・・・。

というわけで、運転免許を取得するのに必要な書類を依頼するために
ダウンタウンの連邦政府ビルまで母を車で送りとどける。


Post 

その後、すぐ近くにあるダウンタウンの
中央郵便局へ、
日本から届いていた小包を受け取りに。

受け取ってみると、ずっしりと重く、
差出人はダンナであります。

中身はナンダロウ・・・?と思いながら
帰宅しようとした瞬間に、
隣のブロックに黄色いひさしが見えて、
それが妙に気になりました。


「何か美味しそうなものがありそうな気配がするなあー」と思って近づいてみると、
そこはパン屋さん。

Br2 Br1                             















「Great Harvest Bread Co.」という名前も、
美味しそうな雰囲気が漂っています。
ハワイではなかなかおいしいパン屋さんが見つからないのが、
パン好きの私にはちょっと残念だったから、かなり期待しながらお店の中に入ってみた。

すると、パンの香ばしい匂いがして、
ショーケースの中には、見た目はナチュラルというか素朴な感じの
美味しそうな色合いに焼けたパンやスコーン、クッキーなどが並んでいる!
見てすぐに、これは美味しそう!と思って、いくつか気になるものを買って帰りました。
ついでに言うと、店員さんの笑顔もキュートでした。

Br4 Br3















左がブルーベリー・クリーム・チーズスコーンで、右がパンプキンのお菓子。
どっちも優しい甘みと香ばしさがあって、オイシイ!
家に帰ってからネットでいろいろと調べてみると、
ハワイにはダウンタウンの他に、カハラ、カイルア、アイエアと店舗があるらしい。
さらにパンやスィート類は日替わり、月替わりのメニューになっているそうなので、
また日をかえて行ってみよう。
 とにかくこのパン屋さんは嬉しい発見でした。

ところで、ずっしり重い、ダンナからの小包・・・開けてみると・・・

Img_0415
ポータブルDVDプレーヤーと、
大量のDVD、デシタ。

これはお天気の悪い日にでも
家の中で・・・と言いたいところだけど、
お天気の悪い日なんて、ほとんどない!
ってことは、確実に夜中に見て、
寝不足になりそう・・・です。



しかし、この日に限っては、夕方からまさにバケツをひっくり返したような、
という表現がぴったりくるぐらいの土砂降りの雨。
まさに家でDVD鑑賞するのにぴったりなお天気だったのですが、
月曜の夜はフラのレッスンなので、豪雨に打たれながらも
車をカイルアまで走らせました。

さてレッスン後、クム(先生)と話をしていたら、
間もなくやってくるサンクスギビングデーの話になり、
「うちにはミス・ハワイも来るのよ~」とクムが言いました。
「え?どういうこと?」って言ったら、
「私の孫がミス・ハワイなのよー。そこに写真が貼ってあるでしょ!」
壁に貼られた写真を見てみると・・・あれ?どこかでお会いした顔だけど・・・

あ!! 思い出した!
「私、彼女と一緒に北海道に行きましたよ!!」
そう、ミス・ハワイであり、クムの孫であるアシュリーさんとは、
9月に札幌ファクトリーで開催されたハワイ州観光局のイベントで、ご一緒していたのです。
私は司会で、アシュリーさんをミス・ハワイとしてご紹介し、
その時彼女はフラも2曲ほど披露してくれたけど、あれはクム直伝のフラだったのか~!
クムも、彼女が北海道に行っていたことを知っているそうで、
あのときに私たちが一緒だったことにお互いにぴっくり。

しかしビックリといえば、あのアシュリーさんが孫って、いったいクムはおいくつ?
「私、つい数日前に73歳になったばっかりよ♪」
いやいや、驚きです。
私には、60をちょっとこえたぐらいにしか見えません。本当にお若い。
「つい数日前って、いつ?私も17日が誕生日だったんだけど」と言ったら
「あら、私は16日よ。じゃあ、さそり座の女同士ね~」とクム。

そう、日本でも”さそり座の女”って、ちょっと意味ありげに使ったりしますが
ハワイでも同じような意味合いを持つ言葉として通用するらしい、
というのが最近分かりました(笑)。

しかし驚いたのは、11月16日といえば、ハワイのカラカウア王と同じ誕生日。
このカラカウア王は、ハワイの文化を大切にし、
それまで禁止されていたフラを復活させた王様として、フラにとっても大事な存在。
その王様と同じ誕生日なんだから、やっぱりクムはフラと縁がある方なんだなあと
あらためて感心してしまった夜でした。

2007年11月19日 (月)

ハワイシアターでクラシックコンサート

Ht
今日は、母が聴きに行きたいと言っていた
ホノルル・シンフォニーのコンサートへ
行って来ました。


Magnificent Mozart(=素晴らしきモーツァルト、
っていう感じかな?)と題された、
指揮に大山平一郎さんを迎えての、
モーツァルト特集企画。


会場は、ハワイシアターです。

ハワイシアター、っていうだけで、
気分が高揚します。

特に夜はライトアップされて、
オールドアメリカンタウン、というか、昔の映画に出てきそうなステキな雰囲気に!

この写真のネオンにちょうど映し出されているけれど、ガイドツアーも行われているようで、ちょっと興味があります。

周りには、ユニークでおしゃれなレストランやバーがあるんだけど、
日曜はほとんど休みのところばかりなので、
今日は残念ながら立ち寄ることはできませんでした。

そうそう、肝心のオーケストラですが・・・
私もそんなに数を知っているわけではないので、えらそうなことは言えませんが、
ホノルルシンフォニーの音って、ハワイらしいというか、
ALOHAな感じっていうか、全体的にマイルドな印象です。
とんがっていない。 みんな良い人、って感じの音なのです。

とにかく曲目がモーツァルトだったので、なじみやすいコンサートでした。

ステージといえば、今ライオン・キングがハワイに来ています。
もう残りの公演もわずか。
行きたい! 早く行かなきゃ!!

2007年11月18日 (日)

誕生日の夜は・・・

今日もフラ・カンファレンスの会場へ取材。
午前中に”ハワイ語”の教室を訪れてみると、
先生から「あなたも席について、ぜひ一緒に参加しなさいよ!」手招きしてくれるので、
参加者のみなさんと同じテーブルについてお話をききました。

常々ハワイ語をもっとちゃんと勉強したいな、なんて思っていたのですが、
なかなかそういった機会もなかったので、興味津々。
「日本語はもちろんのこと、英語もいっさいナシ!」と言って、
授業はハワイ語のみで進められていく!
でも、ハワイ語をいきなりどうやって理解するかというと、
先生は手振りなどのジェスチャーと、積み木や切り絵などを使ってくれるので、
視覚と聴覚をフルに働かせて、ハワイ語を体に取り込んでいく、、、という感じなのです。
今日は色の名前を中心に学んだのですが、
目で見て、耳で聞いて、口に出す、の繰り返し。
そうすると、ハワイ語だけでも教室内のコミュニケーションがだんだん成立してくるのです。
面白かったなあ。

Pb170980 今回のフラ・カンファレンス、最後の授業
にあたる時間には、
ほとんど全ての教室をまわって、いろんな
クム・フラのそれぞれに違うスタイルを
取材しました。
こうしてあらためて見ると、さすがみなさん
人をひきつける魅力がある方々ばかり。
「出来る限りのことを学んで帰りたい」という
参加者の気持ちとあわさって、
どの教室も、情熱にあふれていたなあ。

全ての授業が終わった後、参加者の方々にお話を伺ってみたのですが、
どの方も充実感いっぱいの顔をされていたし、
話しながら、あまりに胸がいっぱいになって泣いてしまったハワイの女性、
目に涙を浮かべて話してくれた日本人の女性にも会いました。
それと、台湾からきたという女性2人にもお話を伺ったのですが、
台湾は、まだまだフラはポピュラーではなく、学べる場所もないんですって。
「でも、日本の映画の『フラ・ガール』で、フラの人気が台湾でも高まったんですよ」と
教えてくれました。 そうだったんだ!
「この経験を生かして、台湾でもフラがもっと知られるように頑張ります!」と
話してくれました。

そうそう、来年の日程ももう決まっています。 11月13日から15日です。
気になる方は、公式webサイトをチェックです。

さて、今日は自分の誕生日。
レイコさんが、私の好きなウィリー・Kのライブが、
アロハタワーの「チャイズ」であるから食事にいかない?と予約をしてくれました。
そこで、フラ仲間のアケミちゃん、11月生まれの親しい知人を誘って、
うちの母も交えて女5人で食事に行きました。

17chais1 Pb170994















演奏を終えたWillie Kと、彼と一緒にBarefoot Nativesを組んでいるエリック・ギリオムも
交えて、記念写真をとってもらいましたー。
(実は今度、番組にゲスト出演してくれることになりそうです)

Pb170998
こんなステキなデザートも。

11月生まれ同士、3人で一斉に
「願いがかないますように!」と
火を吹き消しました。

これから36歳の一年がスタートです。

2007年11月17日 (土)

思い出に残る夜

本日、インターナショナル・ワイキキ・フラ・カンファレンスの二日目です。

今年が記念すべき一回目のイベントなので、
とにかく今回は出来る限り取材してみようと思い、
朝9時からの講座に間に合うよう、会場に行ってみました。

取材パスを携帯している人は、どの教室も自由に入ることが出来るのですが、
まず最初に”チャント”講座の教室に入ったら、
先生の熱意を感じ、教室を抜け出せなくなって、
結局そのまま講座を聞いてしまいました。

チャントの講座は、まず呼吸から始まるんだけど、
先生いわく、「頭の中に、ハワイの海を想像してください。
チャントを学ぶには、海に行くのが一番いいんだ。
波が寄せてはかえし・・・寄せてはかえし・・・しているのにあわせて呼吸していくと、
自分と海が一体化していくような感覚になる。
そして波の高まりと共に、自分の気持ちも一緒に高まっていき、
そして自然に自分の内側から声が出るようになるんです。
それが真のチャントなんです」と。

自然とともに暮らしているハワイの人々ですが、
ほんとうに自然から多くのことを学んでいるんだなーと実感させる言葉を、
実際にハワイの人から聞ける、っていうのが素晴らしいひとときだと感じました。
うーん、やっぱりこのカンファレンスは、フラという枠を超えて、
”ハワイ”を知ることができるイベントだなあと思う。

午後の番組収録までに、まだ取材する時間があったので、
10時45分からは”アウアナ”(現代フラ)の中級クラスの教室を覗いてみました。
そこでは、毎週一緒にカイルアまでフラを習いにいっているアケミちゃんの姿も発見!

そのレッスンは、クム・フラ=レイモミ・ホーさんが教えてくれる「Lei Nani」という曲。
こちらでも、はじめは録音機材を持って取材していたのですが、
またまた先生の熱意に動かされて、というか、
こんな貴重な機会、ただただ見ているだけではすまなくなって、
私も後ろのほうで踊ってしまった。 何事も体験取材です!

レイモミ・ホーさんは、それはそれは陽気な方で、
はじめのアイサツからして「私のことをクムって呼んでもらってもけっこう!
アンティー(おばさんの愛称)でも、まあええわ。
でもミセスっちゅー呼び方は、やめてほしいわね。
ミセス!言われても、ぜったい振り向かんから!」(イメージ的に、こんなトーン!)
とおっしゃって、爆笑を誘っていました。

さて、1時間半のレッスンが終了し、Lei Naniをマスターしたところで、
「さあて、今夜踊る人は??」とクム。
このカンファレンスでは、レッスンで学んだ曲を、夜のワイキキで披露する、
というクラスもあるのです。
レイモミ・ホーさんは今夜、ワイキキの中心にある
ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターの広場でフラ・ショーを予定しており、
その中でこのレッスンに参加した人たちでLei Naniを踊ることになっているのです。

クラスに参加していた人は70人ぐらいいたと思うんだけど、
全員の手があがる、というわけでもない。
「ほらほら、もっと踊らないの??」とはっぱをかけるクム。
え~あんなところで踊れるなんて、なんて素晴らしい体験・・・
それならば・・・私も体験取材ってことで、踊ってしまおうか・・・・・!

Pb160964
というわけで、ずうずうしくも、
私も参加させていただきました!

どこにいるかというと。
Pb160964b
ここにおります!










オープンエアーの広場だけに、ハワイの空気を感じながら踊れたし、
ここに集まった多くの観光客の皆さんから受ける眼差し、拍手もとても温かく、
さらには今日初めて会った参加者の皆さんとの一体感が、いい感じ!
そして最後にはクム、レイモミ・ホーさんも一緒に踊ってくれて、
それを見たときに、うわーこの瞬間を忘れないように、とにかく楽しまなきゃ!
って思いました。

でも、一曲なんてあっという間。
もうちょっと楽しみたかったなあ、というところでお別れです。
Dsc01388
係の人が1人1人にレイをかけてくださり、
さらにはクムから”ハワイの地で踊った
証明書”もいただきました。

あの空気感は、何とも言えません。
ハワイでの数ある経験の中でも、
忘れられない出来事の一つと
なりそうです。

さて、この夜はまだまだ続きます。
翌日17日が私の誕生日、そして21日がレイコさんの誕生日、ということで、
スタジオのスタッフや、親しいリスナーの方々と一緒にバースデー食事会です。

大勢で、肩肘はらずにくつろげる場所・・・とくれば、お座敷か?!
というわけで、集まったのは「義経」。
Pb160974
お箸の袋に書かれた”義経”の文字を
一生懸命見せようとしています。
が、見えませんね・・・。

ここはいつ訪れても、
社員旅行で熱海に来たような気分に
なれます(笑)。
「じゃあ、お風呂いきますか」と言いたくなる。
スタッフの方のアットホームなサービスも
GOODです!

またまた思い出に残る夜になりました。

2007年11月16日 (金)

フラ・カンファレンス始まる

Hula1
朝早くからハワイ・コンベンションセンターへ。

今日から3日間、ここを会場にして
『第一回 インターナショナル・ワイキキ・
フラ・カンファレンス』が開催されるのです。

初日の今日は、朝9時から開会式。
参加人数は550名と聞いていますが、
地元ハワイはもちろんアメリカ本土、日本、
台湾、オーストラリアやドイツなどなど、
世界からハワイを学びに集まってきています。
その顔ぶれを見たり、直接お話したりしているうちに、
参加者のみなさんの期待、ワクワクする気持ちが伝わってきて、会場が高揚感に
つつまれています。

このカンファレンスは、”フラを学ぶための3日間”。
フラを構成している様々な要素、踊りそのものはもちろん、ハワイ語、楽器(自分で作ったりするらしい)、チャント(祈り)を学ぶ講座のほか、
フラと共に生きてきたクム・フラによる講演、などなど、
参加者は3日間で最大8つの講座を受けることが出来るんです。

”フラ”と聞いて、「フラやってないし・・・」って他人事に感じる人もいるかもしれないけど、
大きく言えば、フラとは結局、ハワイそのものとも言えるから、
ハワイのことを、ハワイの人から直接学べる、すごーく貴重な機会!
ハワイが少しでも好きな人だったら、誰にでも参加してほしいくらいのイベントです。

しかも、講師陣はハワイの著名なクム・フラ(フラの先生、師匠、フラの生き字引?!)
のみなさん。
会うだけでも大変な人もいらっしゃいますが、しかも直接お話を聞いたり、
フラを直々に教えていただいたりすることができるんです!!

って、すごく力が入っちゃったけど、
何より私自身もこのイベント、ものすごく楽しみにしていたから・・!

Photo
こちらは、イベントプロデューサーの
マーニー・ウィークさん。

これだけ著名なクム・フラたちがこのイベントに
参加しているのも、彼女がみんなに参加を
呼びかけたから!

カンファレンス初日を迎えて、マーニーさんも
とても嬉しそうです。


開会式後、JFN『SKY CONNECTION from HAWAII』の生放送にてレポート。

すぐにワイキキのスタジオリムへ移って、
今度はFM NORTH WAVE『ISLAND BREEZE
from HAWAII』の公開収録です。

さて夕方、INTER FMの番組の収録に来たハーモニーが、
何だか重そうなものを持っています。 
Tk1
「何、それ??」

「ターキーです!」

そうか!サンクスギビングデーも近いもんね。

「そう。ハイアットの従業員にタダで配られたの」

えーさすがだね!!
でも、ターキー丸ごとって、かなり重いんだよね。
小さいものでも6~7kg、
大きいものだと10kg以上あったりします。

さあ、常々(料理はあまり得意でない・・・)と言っているハーモニーは、
果たしてこのターキーをどのように調理したのでしょうか?
きっと料理上手なダンナさんが格闘したに違いない!

Tk2

2007年11月15日 (木)

カイルアから動物園へ!?

今日は、東京から遊びに来ている友達と一緒にドライブ。
せっかくだから、彼女が”まだ行ったことのないハワイ”へ行こう!ということになり、
まずはカイルアからラニカイへ。

Pb140920
ここのところ、毎週フラのレッスンで
カイルアまでは行っているけど、
レッスンは夜なので、
ビーチまでくるのはワタシも久しぶり。

今日はときおり厚い雲がかかって
雨もぱらついたりしたけれど、
それでもここのビーチのやわらかい
絹のような砂の感触と、
海に入ろう!という気にさせる海のきれいさは、見ているだけでもいい。



さて、カイルアへ行くと決めたときから、
ランチは「パンケーキにしよう」と思っていたのですが、
いつもなら「Cinnamon's」というお店に行くところを、
パンケーキがおいしいことで知られていて、ワタシもまだ行ったことがない
「Boots&Kimo’s」というお店に行ってみよう!ということになりました。

これが、なかなかどうして場所がわかりづらくて・・・
お店の電話番号は持っていたので、何度も電話をしては何度も説明を受けるはめに!
ぐるぐる辺りをまわり、もうあきらめようと思ったら、目の前に看板が現れました。

Pb140922 Pb140921












私がよく行く「Cinnamon's」は、地元の人から愛されてる!という雰囲気のお店で、
いつでも日曜の昼下がり、っていうようなゆったりとした時間が流れているのですが、
こちらの「Boots&Kimo's」も、同じように地元の人でいっぱいでした。
でもCinnamon'sはインテリアがファンシーな感じなのに比べて、
Boots&Kimo'sは、それをもっともっとカジュアルにした、スポーティーなお店。

しかしそのカジュアルさとは裏腹に、お料理は美味しかったなあ。
チリビーンズの入ったオムレツと、シンプルなパンケーキを頼んだのですが、

035
見た目にはこんなシンプルなパンケーキも、
ほわーんとやわらかくてやさしくてほっとする味。
どうやら上のソースが、いわゆる”当店自慢の”
ソースらしいのですが、
甘さ加減も程よくて、するするとお腹に入ります。

オムレツも、味のバランスがGOODで、
2人できちんと完食!しました。

ちなみにどちらのレストランも、午後の2時で
営業が終わってしまうので、行くならお早めに!!






さて、カイルアへの道すがら、「ワイキキにある動物園も、外から見る以上に充実している
んだよ」なんて話をしていたのですが、
ランチを終えた後、「思い切って行っちゃおうか!」ということになり、一路ワイキキへ。
そこで私が見たものは・・・・・

Pb140926
土と同化している、イノシシ(笑)。

一応、イノシシ年なもので、気になる存在では
あるのですが、寝ている上に、土にまみれて
すっかり同化していたため、
あまりお近づきにはなれませんでした。












Pb140924
そして・・・・・
ちょっと恐竜を思わせる、
コワモテの亀。

あまりの迫力に、柵を飛び越えてきやしないかと
少しビクビクしました。

ここの動物園は、柵と言っても、
かなり人と動物が近く、
ほんとうに自然の中に動物たちが住んでいる
ような感じなのです。
そこがいいところでもあり、
「こんな壁、平気で乗り越えてくるんじゃない?」と
思うとちょっとスリルです。


Pb140927

Pb140929_2














ちょっとかわいい系の動物たちも載せておきましょうか・・・。

外から見る以上に広い、ホノルル動物園。
木々に囲まれて動物たちがゆっくりと歩いたり、寝ていたりする光景は、
なんとも時間がゆっくり流れていて、普段見ているハワイとはまるで別世界を
旅している気分になれます。
大人が8ドル、カマアイナだと4ドル、子供は1ドルで、5歳以下だと無料!
っていうのも嬉しいポイント。
平日の昼間なんて、動物園の動物たちの方が、人間よりも圧倒的に多いだろう、
というぐらい空いていて、静か~な空間です。
大人の方も、ぜひどうぞ!

2007年11月14日 (水)

townで友達と再会

今日は(今日も?)、すがすがしいというか、どこまでも広がる青空が
部屋の窓いっぱいに広がっていて、外に遊びに行きたい衝動に駆られたけれど、
夕方までは自宅でパソコンに向かって仕事。

その後、東京から遊びに来ている友達夫婦と食事に出かけました。
去年の同じ時期にも来ていたので、「また今年も会えたね!」という一年ぶりの再会。

何が食べたい?と聞くと、「シバタレイプレゼンツで!」との答だったのですが、
彼らは何度もハワイを訪れていて、ハワイにも詳しいので、
さてどこに連れて行こうかな~としばし悩む。
久しぶりに会う友達と気軽に出かけられて、話が落ち着いて出来て、
ちょっとオシャレで、もちろん料理が美味しくて、
できれば旅行者があまり足を運ばない場所・・・・・って、
こーんなにたくさんの条件に合うところはあるのかー?!
いえ、あるのです!

まさにぴったりじゃないかしら!とワタシが選んだのは、
カイムキにある「town」。
同世代の友達と出かけるには、ここが一番かなあ。
何回か書いてきたけれど、海も山も見えない、飾りっ気のない場所にあるんだけど、
なんだかお店の空間がなごむので、とても好きなレストラン。
それになんといっても、お料理が断然、オイシイ!!
ハワイの地の物、それにオーガニックのものを率先して使っているようです。
さらに、ドリンクのコースターは、必ずチラシとかお店のメニューに使った紙を再利用して
いたりして、それがまた上手く使っていておしゃれなんだけど、
そういうお店の姿勢にも共感できるので、気に入っている。

でも今日はちょっとワタシにはお店のクーラーが効きすぎて
寒く感じられたので、
「何か温かい飲み物はありますか?」って聞いたら、
「ホットコーヒー、ホットティー・・・あるいはスープはどう?
それとも・・・ウォッカ?ジン? あ、熱燗は?」
とユニークな店員さん!

13c_3 写真も一生懸命撮ってくれました。
ちょっとぼけてたけど・・・・でもありがとう!

お店の雰囲気がちょっとは伝わるかな?

そして、友達の体格で(笑)・・・
親しい人は分かるかな~?
 


2007年11月13日 (火)

磯の娘とフラ・ガール

今日はベテランズ・デーという祝日。
だけど、すべてがお休みというわけではなく、官公庁・学校などはお休みでも
民間の会社は通常通りというケースも多いらしいです。

「・・・らしい」と、ちょっと他人事なのは、ハワイの祝日についつい疎くなってしまう
自分の生活のせい。
週休5日なんていう週もあれば週休1日のときもある今の生活では、
そもそもあまり祝日が関係ないんですね、ハハ。
それから、今も昔も仕事の中心は、日本のFMステーションの番組制作。
今はこうしてハワイに身をおき、番組の内容こそハワイだけど、
日本で番組が聴かれている以上、日本の祝日や季節などを、
いつも頭の中で意識するクセがついているのです。
それにハワイが祝日でも番組がある日はスタジオに向かうしね!


そんなこんなで話がずれてしまったけど、今日は私もオフ。
そして同じく仕事が休み!というK子ちゃんと、久しぶりにワイキキでランチです。
お互いハワイに移ってきて1年ちょっと経つので、
いろんなところに行き尽くしたね~と言いながらも、
ワイキキのニューフェイス、「Taormina」というイタリアンレストランへ。

013
ワイキキ・ビーチウォークに出来た
このレストランへは、オープン初日にランチを
食べにきて、その後ディナーに1回来たから、
今日で3回目になるのかな。

お店の中に入ると、ハワイにいることを
忘れるぐらい、東京のような空間です。
そしていただくパスタも美味しくて、
東京でイタリアンを食べているような錯覚に
陥ってしまう・・・。

いろいろ試してみたけど、
パスタはどれを選んでも美味しい!
そして、デザートも甘さ控えめで品のいい感じです。


左はディナー時にいただいたプリン、
右はランチについてくるジェラート。

Pa110651 010












お互いの近況などを話していたら、あっという間に数時間が経ちました。

夕方からは、一路カイルアへ。
夏前に少し足を運んだフラ・ハラウへ、先々週から再び通い始めているのです。
何だか今は、フラを学びたい!という気持ちが充満している感じ。
夜、カイルアまで行くのは決してラクではないけれど、
レッスン後の帰り道は、いつもいい気分で、「今日も行ってよかった」って思います。

レッスンは夜7時半からなので、ワイキキからカイルアまで一緒に車で通っている
アケミちゃんと、「晩御飯どうしようか~」というのが毎週の課題。
腹が減ってはフラは踊れぬ!
今日は、偶然見つけたレストラン「Lucy’s」に入ってみました。

037038_2


















お店の外観とは裏腹に、フードメニューはアジアンテイストにあふれていました。
添えられてきた海苔、「磯の娘」って・・・・・(笑)!
大森の海苔ですよ! しかも味付け海苔! 嬉しいぞ!

2007年11月12日 (月)

人でごったがえす新SAFEWAY!

今週を乗り切った安堵感から、かなりふか~い眠りにつき、
今日は何時まででも寝られそうだったけど、なんとか午前中のうちに頑張って起きる。
このまま寝て過ごすのはもったいない!と思えるぐらいにお天気が良かったのです。
ハワイで暮らしていたら、こういうお天気は決して珍しくはないけれど、
それでもやっぱりハワイの陽射しと青空は、
「家の中にいてはもったいない」と思わせる力があるのです。

すでに外出していた母が、「ワイキキでちょっといい服を見つけちゃった」と電話を
してきたので、どこにいるのかな~と行ってみると、「Moonbow Tropics」。
おっ。 ここは私もけっこうのぞくお店なので、やっぱりねと思いました。
シェラトンからウェスティンに変わった、モアナサーフライダーの1階、
カラカウア通りに面しているお店です。
こちらは、いわゆるアイランドスタイルと呼ばれるような、
ちょっとシックなリゾートウェアーを扱っていて、
例えるなら、パナマ帽なんかが似合いそうな雰囲気のお店です。
貝を使ったバッグやアクセサリー、上質なプリントのパレオなども手に入り、
たまに覗いていたのですが、
ある日、一見このお店では扱っていなさそうな、カジュアルなデザインの洋服を
見つけました。
それが、xcviというブランドの服で、かわいい! 
ボトムスを中心に扱っていて、ほとんどが無地でシンプルなんだけど、
デザイン、カットがおしゃれ。
そして肌触りがよくて、履き心地がラク。

http://www.xcvi.com/

というわけで、密かにxcviの服が手に入るお店としてチェックしていたのですが、
母も見つけるとは!
ちなみに今日私はこんなパンツを買いました。

Xcvi

ヒップハングではくようなスタイルで、
裾がかなりワイドのパンツなので、
スカートみたいにヒラヒラとします。
シャーリングが入っていて、
クールさもかわいらしさも両方ある、って感じです。

素材はカジュアルだけど、黒だったら
夜のお出かけにもOKですね。
特にハワイだったらなおさら!





さてさてその後、まだ母が行ったことがないというザ・カハラまで車を走らせ、
ビュッフェ・ランチをとりました。
実は先週の日曜も、日本から遊びに来ていた後輩と一緒にここでランチを
したのだが、なんせ先週は、豪雨。 それも稀に見るキョーレツな豪雨・・・・・。
それに比べて、今日は絵に描いたようなすがすがしい日曜の午後。

Pb110864 Pb110872 
















本当はこういう景色を見せてあげたかった・・・と思いながらシャッターを切りました。

そして、ザ・カハラの特徴の一つが、イルカのいるラグーン。
いつもは横を通るぐらいで、まじまじと見ていることはあまりないのですが、
今日は、ホテルのゲストの方々がラグーンに入るところに出くわしたため、
しばしイルカのショーを眺めて楽しみました。

Pb110902 Pb110900                         


















なんでしょう、このイルカのなんとも言えない顔つきったら、たまらない。
人徳のありそうな・・・・・あ、”人”ではないか。

動物といえば、このザ・カハラでは、犬と一緒に泊まれるプランを始めたとか。
ホテルに到着した犬にも、レイをかけてくれるらしいと聞いたので、
一度そのシーンを目撃してみたいな、と思うのですが。
ペット連れでハワイ旅行、という新しい提案は、他がまだ実施していないだけに
面白いですよね。

夕方、帰宅する前に立ち寄った場所がもう一箇所。
ここは、もしかしてワイキキ近辺では今もっともホットな場所かも・・・よ?
その場所とは、SAFEWAY!
そうです、スーパーマーケットです。
新しいスーパーがオープンしただけでも、ハワイ住民にとってみたら、
じゅうぶん大きなニュースです(笑)。
それが証拠に!?、日曜の今日は駐車場に入るだけでも一苦労!
みんな家族連れで遊びに来てるよー。

しかしこのカパフル通りにオープンしたSAFEWAY、ハワイで一番大きいのだとか。
そしてSAFEWAYを中心に、飲食チェーン店も並び(まだ全てはオープンしていないけど)
ちょっとしたショッピングセンターとなっています。
SAFEWAYの中にもスタバや、デリ、お寿司を食べられるコーナーなどもあり、
新しいのと人が大勢集まっているのとで、なにやらとてもキラキラとした雰囲気。
とにかく他のSAFEWAYとは違い、
「ちょっと食材にこだわって集めてみました」という雰囲気なのです。

実際、私の目をひいたのはオーガニック野菜コーナーの充実ぶり。

031 011 

陳列の仕方も、購買意欲をそそる感じ。




そして、”○○・バー”と呼びたくなるような売り場も目につきました。
”ナッツバー”に”はちみつバー”、そして”ピーナッツバター・バー”。

018_2  028                            















012 021                             

















しかし・・・・・もしかしたら、一番ハッとさせられたのは、これかもしれません。

Pb110905_2
じゃーん。
ダイヤモンドヘッド。
頭からお尻まで(!?)全てが
きれいに見える。

SAFEWAYの屋上の駐車場から店舗へと
降りる階段の途中から見えました。
こんなにさえぎるものがなく、
きれいにダイヤモンドヘッドが見られる場所、
意外となかなかないかも。

そんな密かな喜びもあった、SAFEWAY探索でした。

2007年11月11日 (日)

サンセットとのたたかい

今日も外が暗いうちに起き、朝7時に現地集合。
8時からの撮影に備え、まずはヘアー&メイクアップ。

今回の撮影はアメリカ人スタッフとの作業ですが、
キャスト9人のうち、私も含めて3人が日本人。
それにあわせ、アメリカ人キャストとは別に、
私たち日本人キャストの衣装選び&ヘアーメイクは
日本人のスタイリストさんとメイクさんが担当してくれました。
シーン設定にあわせて、どんな服装をすると映えるのか、
もしくはナチュラルに見えるのか、という視点で衣装を選ぶときには、
やはりそれぞれの文化を分かっていないと難しいし、
ヘアーメイクも、顔立ちが違うので、日本人の方に担当していただくと、
お互いにやりやすい。 いろいろな点で、安心して仕事に望むことができました。

しかし、普段あまりメイクをしっかりしないせいもあると思うんだけど、
なかなか初対面で自分のキャラクターや趣味がばっちり分かってもらえる、というのは
難しいですよね。だから、仕事でプロの方にメイクをお願いすると、
なんだか自分じゃない他人みたいな顔のように感じられて、
居心地の悪さを感じることもあったのです。

でも今回ヘアーメイクを担当してくださった、AKIさんは、すばらしかった!
しっかりメイクをしてもらっているのに、居心地が悪くない。
ナチュラルに見えて、でもカメラを通して見ると、普段のぼやけた私の顔が
くっきり~としている。
・・・って、プロのメイクさんに対して今さら私が言うまでもないことですが、
でもほんとに、AKIさんに担当していただいて、現場がより楽しくなりました。

014_2 Pb100853_4                         
そんなわけで、
←こちらがAKIさん。

ホームページは

http://itoakiko.com/
です!

現場が楽しかったといえば、
仕事に携わっているスタッフ、キャスト、
みんな明るくて楽しかったなあ。
楽しいことは、大事なことだ、うん。

しかし、撮影も最終日となると、だんだんみんな無口になっていくのが分かった・・・・・だけど、
私はこの人のおかげで最後まで現場で笑っていられました!
その人とは・・・・・

Pb100842
もちろん?! レイコさん。

「最近の生活は、全然寝てなくて消防士さんのよう・・・」
(つまり、いつでも出動できるように次の日の洋服を着て
寝てるってこと??)
とぼやいていましたが、
撮影最終日の朝、カメラを向ければ、この通り!!
いつもパワフル、レイコさん健在です。

今日の撮影は、このワイキキビーチでの
とあるサーファーの方へのインタビューシーンから、
だったのですが、さすがハワイアンタイム。
予定の時刻にそのサーファーの方が、来ない。
ハワイで待つことには慣れていますが、
しかし撮影は日が落ちるまでの限られた時間内で終わらせなければいけないから、ちょっと不安。
そして案の定、、、、、本日の撮影は、ラスト1シーンを取り残して、
夕陽が沈んでしまい、あえなくタイムリミット!となったのでした。 やっぱりね。

でも、主要なシーンは無事に撮り終え、ひとまずプチ・クランクアップ!

Pb100847_2
というわけで、恒例の記念撮影です。

左からAKIさん、わたし、今回のキーパーソンの
1人であるキャストの男性、レイコさん。


 





Pb100849
そして、運命共同体?!
英語ナビゲーター&日本語ナビゲーターで
監督をはさんで記念撮影。

監督は日本に関心が高いようで、
最後のほうは、私たち日本人は「カントク!カントク!」と
日本語で呼んでいました。
他のキャストも撮影が進むにつれて、いろんな日本語を
覚えていったのは、言うまでもありません!






Pb100851_2 
そして最後には、日本人チームで
カントクを囲もう!ということになりました。

ところで、私が手にしているのは、
撮影中に現場に貼っていた注意書き。

ここになんて書いてあるかと言うと・・・

Fl
「ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・リゾート&
スパは本日ここで撮影を行っております」

・・・というわけで、今週PRビデオの撮影を
行っていたのは、ハイアットだったのでした。
スタジオリムに通うようになって、一年ちょっと。
ハワイの中でも最もなじみのある場所である
ハイアットとこのような仕事ができて、嬉しかったです。
いつもハイアットで働くスタッフの方々には、優しい笑顔を向けてもらって、
ずいぶん助けてもらってきたからなあ。 
ちょっとでも恩返しになればいいのですが。

仕上がりがオソロシクテ見られない・・・。

2007年11月10日 (土)

撮影、ラジオ、そして撮影

今日は今週の仕事のピークと言ってもいいかもしれない。
というのも、金曜のレギュラーである14時からのスタジオリムでの
『SATURDAY MORNING LOMILOMI』(K-MIX)の公開収録の前後に、
撮影の仕事があったのです。 

朝8時からまずは撮影の現場へ。
例にもれず、シュールなジョークのまじった演技に加え、
今日はなかなかの長ゼリフもある。
長い時間覚えていられないので、
シーンごとに直前にセリフをがーっと覚え、カメラの前ですべてはきだし、
そのシーンを撮り終えたら、すぐに忘れ、次のセリフへと移る!(笑)

しかし、セリフを覚えるということだけでもいっぱいいっぱいなのに、
指定された立ち位置や動きを守りつつ、カメラ目線や姿勢にも注意し、
体の表現力と演技が求められ、言葉にはナチュラルさと説得力を持たせる、
さらには正確なセリフ、、、と。はあああああ。
カメラ素人の私には、こんな風に一つ一つのポイントがバラバラになって襲い掛かり、
自分のキャパシティをこえそうになりましたが、
幸い、自分の姿を自分で見ることができないので、怖いもの知らずで体当たり~。
あとは、ラジオの現場で養ってきた集中力あるのみ!!

その後、いつもの私よりも数段濃い、撮影用のメイクのままスタジオリムへ。
ノビーさんに「どちらさまですか」と言われつつ(笑)、
1時間の公開収録ののち、再び撮影現場へ舞い戻りました。


017_2
と言っても、撮影は待ち時間もけっこう長いから、
スケジュールがぎちぎち、というわけでは
ないんですよね。
この”待ち時間”の長さは、
ラジオの現場にはない部分ですね。
カメラの位置と照明を決めるのに、時間がかかったり、
太陽を待ったり、人の流れを待ったり・・・
そうこうしているうちに、メイクがくずれた!
髪型がくずれた!なんてことになったり。
携わっている人数も多いですし、
いろんな意味で、タイヘンな作業だなあとつくづく。

↑こんな風に衣装をそろえるのもタイヘン。
これは、控え室の様子。
数日ここで一緒に過ごしている間に、出演者同士、当然のことながら連帯感が生まれてきます。

主な出演者は自分も入れて全部で9人、なのですが、
一足早く、今日で撮影を終えるキャストがいたので、記念撮影!

Pb090839
アメリカ人ファミリー役のキャストと、
日本人ハネムーナー役のキャストのみなさんです。
(いったいどんな映像なのでしょう・・・)
おつかれさまでした!

向かって一番左は英語のナビゲーター役、
で私が日本語のナビゲーター役。
私たちはまだ明日も撮影が続きます。

予定では、明日が最終日。
もう一日、がんばりましょう!!

2007年11月 9日 (金)

ハワイアンジュエリーをネイルにオン!

今日は、久しぶりの青空のハワイらしいお天気。
ちょっと湿気が多かったかな。
そんな木曜日。
午前中はTOKYO FM(JFN)の生放送、午後はFM NORTH WAVEの公開収録、
というラジオ・デーなので、撮影はオヤスミ。
本来の”しゃべる”仕事に戻って、なんだかホッとする。
そして、いつもより多くしゃべってしまった気がする・・・。

今日は、TFM時代の後輩が子供を連れてスタジオに顔を出してくれたり・・・
北海道からのお客様も多数!
ここ数週間、日本からの観光客数がそれほど多くない時期なので、
スタジオへ遊びにいらっしゃるお客様の数も少なかったのですが、
今日はにぎやかで嬉しかった~。
みなさま、いつも重いのにお土産をありがとうございます。

その中でも「先日番組で食べたいって言ってたでしょ・・・」と、
006_2
じゃじゃーん。
コレを持ってきてくださった方が!

「三方六」でございます。 う、うれしい。
ノビーさんが「持ってかえっていいよ」と言ってくれたので
お言葉に甘えて独り占めしてしまいました。

北海道に暮らす親友しょーちゃんに教えてもらってから、
大好きになった三方六。
バームクーヘン。
大切に食べよっと。


ところで、今日NORTH WAVEの番組でもお話したのですが、
今週、撮影にのぞむにあたり、それこそ頭のてっぺんから足のつま先まで、
いろいろサロンに通ったり、自分でお手入れしたりして、キレイにしました。
手足のお手入れは「ネイディーン・ハワイ」というネイルサロンにお願いしたのですが、
そこで、かわいいハワイアンジュエリーを発見。
他では手に入らない、“ネイル用”のハワイアンジュエリーなんです。
Pb080836
正直、今回のネイルにはあまり合わないかな・・・と
思いつつ、あまりにもかわいかったので、
半ば無理やり、ネイリストの方にオーダーして
つけてもらいました。

ベースはカルジェルですが、
薬指についているのが、
プルメリアのハワイアンジュエリー。
薄いチップになっていて、カルジェルや
スカルプチャーに埋め込んでくれます。
他にはハート型やクロス型、イニシャルなども
あり、ひとつ20$。

そして、このネイルをオフするときには、
このジュエリーをきれいにクリーニングしてくれ、
また次のネイルにつけてくれます。

つまり、一度購入すれば、自分のハワイアンジュエリーとして、何度も使用可能なのです!

ハワイアンジュエリーの職人さんが彫ったという、このネイル用チップ。
珍しくて、かわいいでしょ??

今回は、後から思い立ってつけてもらったのですが、
次回はこのプルメリアを活かすようなデザインのネイルにチャレンジしてみようかな。

2007年11月 7日 (水)

撮影スタート

いよいよ今日から撮影スタート。 朝7時に撮影現場へ集合。
昨日は天候が悪くて撮影スケジュールが変更になり、
衣装合わせのみとなったけれど、さて今日のお天気は・・・?というと、
残念ながら朝は曇り空。
でも屋内の撮影から始めているうちに、お天気が回復してきて、
昼前には屋外での撮影もできるようになった。
予定していた全ては撮影できなかったけど、
せっかくのハワイの撮影なのに、何も曇り空で無理に撮る必要はないよね。
とにかく初日が無事にスタートしてよかった!!

一年のほとんどが青空のハワイで、なぜ今週だけお天気が悪いのだ!
と文句の一つも言いたくなるけれど、これぞ季節の変わり目らしいお天気。
「ハワイもウィンターシーズンにはいりつつあるねえ」と、周りの人も口々に言っています。

ところで、今回の撮影の仕事内容はというと、、、、、
とある場所のPRビデオなんです。
実は先々週、初めてオーディションなるものも受けていました。
そんなこんなで、とにかく撮影が動き出したので、かなり気持ちが切り替わり、
あとは集中力で全力投球!!
それから、肌のお手入れを念入りに(笑)!!

無事に撮影が全て終わったら、どんなPRビデオか、ぜひお話したいと思います。
005
撮影の現場はこんな感じです。

英語バージョンと日本語バージョンを同時に
撮っていて、もちろん私は日本語バージョン。
←現在、英語バージョンの撮影中!!

ディレクターをはじめ、スタッフはみなアメリカ人
ですが、みんな日本語が分からないので、
日本語ディレクターとして、レイコさんが抜擢されています。
英語をそのまま日本語にしてしまうと、不快に感じ
られたり、変だったりすることがあるし、
日本人には不自然な動きとかがないように、
しっかり監督しています。

しかし、このアメリカ人のディレクターは
アメリカンドラマのような(後ろから「ワッハッハ」って、笑い声が聞こえる、ああいうタイプのドラマ!)
シュールな笑いを盛り込んだビデオを撮りたいらしい・・・・。
そんなわけで、コミカルな動きも求められたりする・・・
つまり少々演技をすることも求められるというわけで、
今まで映像の仕事の経験も少しはあるんだけど、
それはあくまでもラジオパーソナリティーとして、画面上でしゃべる、
というようなものだったから、、、
演技力、それも”笑い”って・・・ハードル高くない!?

とにかく今回、いろんな意味でチャレンジです。

夜帰宅して、ご飯を食べたら、ドーンと深い眠りにおちました・・・

2007年11月 6日 (火)

クリスマスまであと50日

001
・・・・・なんですね。
クリスマスまで、あと50日。
今日、ワイキキショッピングプラザで
こんなツリーを見かけました。

ブログを更新する時間もないくらいに
バタバタと過ごしていたら、もうこんな時期に・・・。

このブログでシバタの近況を確認してくれていた
友人のみなさま、ずっと音沙汰がなくて
スミマセン(>_<)。
私はあわただしくも元気にしております。
10月から、仕事もプライベートも、
身の回りの環境がいろいろ変わる出来事があり、
生活のペースがぐちゃぐちゃになっていますが、
でもさすがに一年もたつと、ハワイという場所に慣れてきたなあと実感しているところです。



一方、このブログを”ハワイの情報”として見てくださっていたリスナーのみなさま、
その他のみなさま、ずっと更新がなくて申し訳ありません。

カフェグローブの連載は更新していますので、
ぜひぜひそちらもお楽しみいただければ・・・と思います!

http://www.cafeblo.com/shibareihawaii/

実は今週はずっと、朝から晩まで、慣れない仕事にチャレンジしております。
普段、音声だけの仕事に携わってる私が、慣れない仕事とは・・・・
ずばり、映像の仕事!! カメラに向かってしゃべらねばなりません。
この仕事に携われることを嬉しく思いつつも、
少々、いやかなりナーバスになっていて・・・。

そんなわけで週末は美容院に行くわ、今日はネイルサロンへ駆け込むわ、
あちこちをまずはキレイにしてきました。
いや、普段ラジオだから、身なりをきれいにしていない、
ってわけじゃないんですけれど(笑)、やはり映像ともなると・・・。

「最近はハイビジョンだしね~」とレイコさんにダメ押しの一言をいただき、
ついに、肌のお手入れには、このクリームまで投入してしまいました。


Photo
値は張りますが、
このクリームにはやはり肌は確実に反応します。
30代になってからはちょこちょこお世話になっている。
以前は、日本で買うよりもハワイで安く手に入るということで、ハワイへ旅行に来るたびに買っていました。
ここのところ、使っていなかったのですが、
久々に力を借ります。

そんなわけで、明日は朝6時起き。
気持ちにもあまり余裕がないので、今日はこの辺で・・・・・



と思いましたが、ちょこっと近況報告。

最近またフラを始めました。
始めた途端、仕事で行けなかったりするのですが、カイルアまで頑張って通います!

それからランニングは・・・練習する時間はとれないんだけど、
昨日は”ホノルルマラソンへの強化レースシリーズ”の最終回があり、
朝5時半からハーフマラソンを走ってきました。
しかし、土砂降りの雨。豪雨。稲光つき(笑)。
自分のキャップのつばから、滝のように雨が流れていました・・・
シャツもパンツも絞りながら走ったっけ。
そんな豪雨の中を走っている自分の姿がシュールすぎて自分で苦笑いでしたが、
他のランナーもちゃんと来て、みんな普通に走ってた。 
おかしな集団ですね・・・。
タイムは2時間11分と、前回のハーフからわずかに縮めただけだけど、
距離にはずいぶん慣れた気がする。

そういえば、今日のマラソン、
実はスタート前にお手洗いの列に並んでいたら、「プオーーーン」とスタートのホーンが
鳴ってしまった。
でもコース上にお手洗いがないことは分かっていたので、
とりあえず順番を待って、遅れてスタート!
走る前には水分を補給しておきたいのですが、
お手洗いに行くタイミングがうまくいかないのが悩み。
変な悩みですが・・・ランナーの方なら共有してもらえるかなと思って・・・。

気がつけば、ホノルルマラソンまであと一ヶ月。 はやいなあ。

時間が経つのがはやいなあ・・・と感じるのは、いいことなのか、悪いことなのか。

002_2
きっとあっという間にクリスマスが
来るんだろうなあ。

← こんなショーウィンドー見たら、
ここはいったいどこ?!という感じだけど、
ハワイです。
こちらはDFSギャラリアのウィンドーで、
今日見かけました。

日本もクリスマスの飾り付けが始まっている頃、
でしょうか・・・・?

2007年11月 1日 (木)

ハワイで2度目のハロウィン

一年を通してハワイで過ごしてみて、
こりゃーワイキキが一番盛り上がるわ!と思ったのが、ハロウィンの夜です。

毎年この日を狙って、しかも日本で入念に衣装を用意して旅行に来る方がいらっしゃる、
というのも分かる気がします。

もちろん、メインストリートであるカラカウア通りを歩行者天国にして出店が立ち並ぶ、
”ブロック・パーティー”も一年に何度か行われ、
その時はこれ以上ないってくらいの人・人・人で埋め尽くされるのですが、
ハロウィンは、歩行者天国にもならず、出店もなく、
いつものように街の営みが行われつつ、歩道をあれだけの人が歩くのだから、すごい。
しかも屋外では飲めないから、ほとんどの人がただひたすら歩いているだけ。
もちろん、ほとんどの人が仮装しているのですが、
夕方から深夜まで、みんな飽きもせず、何時間も歩いている。
そしてそれを見に来る人とでごったがえして、歩道が満員電車のような状態に!


すごいと言えば、この日の人々の仮装っぷりも、すごい。
すでに朝から、交差点には動物の耳やしっぽをつけた女性が普通に立っていたり、
エレベーターに乗れば、包帯をぐるぐる巻きにした人に出会うのです。
あれ?この人は普通だな、って思うと、バギーカーの中の赤ちゃんが
着ぐるみを着せられていたり。
お店の人もたいてい朝から、あるいは夕方ぐらいから仮装して接客にあたる。
仮装していないほうが、悪いことをしているみたいな気持ちになります。

そう、思い起こせば去年はシャツにジーンズと言う普通の格好で通りを歩いてしまった私。
仮装した人を見ているのは楽しかったけど、ちょっと疎外感を感じました。
そこで、今年こそは仮装を楽しもう!ってずっと思っていました。

それに輪をかけたのが、遊びに来ている姉が、甥っ子に「プーさんの着ぐるみを買って
あげよう」と言い出したこと。
ディズニーストアへ一緒に衣装を買いに行った時、甥っ子に、
「誰と一緒に歩きたい?」と聞くと、「僕はミニーが好きなの」と一言。
ううむ・・・ミニーか・・・。 35歳の君のおばさんには、つらい注文ですな。

同じディズニーストアには、白雪姫やシンデレラ、そしてミニーの衣装もありました。
でも子供用だからなあ・・・と思って見にいくと、
一番大きいサイズの「女児用 10歳-12歳」と書いてあるスカート、
パッと見、私でも入りそうな感じでした。
で、試着してみたら、、、、、入った!
こんな格好は、アメリカで迎えるハロウィンでしか出来ません。
そこで、このミニー衣装を思い切って購入。
(しかし、ハロウィンを前に、すでにセール品になっているのがよく分かりません!?
とにかく、セールだったのです)

そして、当日はこんな風になりました・・・・・

Imgp5419
あらら!
お隣にいるかわいい(セクシーな?)
ビアガールは、レイコさん。

夕方スタジオへ行ったら、この格好で
パソコンに真剣な顔して向かっていたので
かなり笑いました!

そして、プーさんになった甥っ子は・・・
夜のカラカウア通りで大人気となったのでした。




Pa310784
知らない人からカメラを向けられ、
人見知りなこともあって、かなり表情も身も固くして
いた彼ですが、彼なりに一生懸命プーさん役を
全うしようと思っていたらしく!?、
固まった表情のまま、手を振っていました。

子供は、あちこちでお菓子をもらえるので、
「頑張ってプーさんをやれば、お菓子がもらえるんだ!」と思ったのかもしれません。

















Pa310791
いろいろとユニークな仮装を見かけたのですが、
今年らしいな~と思ったのが、
iPhoneになっていた人!

あれこれ考える、そのアイディアがすごいです。

そういえば、私のiPhone生活も順調です。

携帯電話の存在を、
便利だけど時々メンドウに感じたりも
していたのに、iPhoneのおかげで
楽しくなった、というのは紛れもない事実。
何でも楽しく変えていかなきゃね。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »