« 地上の楽園スパ | トップページ | ワイキキにて賑やかな夜 »

2007年12月 6日 (木)

嵐が明けて・・・ライオン・キング

ここのところ、嵐続きのハワイ。
またしても昨夜、荒れに荒れまくりました。
昨夜っていうか、今日の明け方まで。
私があまりの音に目を覚ましたのは、午前3時ごろで、それからずっと眠れなかった。

今住んでいるのが20階で、窓が大きく作られている部屋だけに、
空が近く感じられて本当に怖い。
窓一面に怪しい色の空が広がり、雨が洪水のようにたたきつけ、
そして時おり見える稲光。
うちの裏手にある細い路地には電柱があって、電線がはられているんだけど、
目を見張ったのは、その電線に沿って、火花が走ったのです!
バチバチバチバチバチーーーッと。何度も何度も!

後でレイコさんに話したら、
「まさにバック・トゥー・ザ・フューチャーだね!」って。
そうだ、そうです。まさにあの有名な時計台のシーン!
あれも嵐の夜でしたね。
じゃあ昨夜、あの路地で車を走らせたら、過去に行けたのかもしれぬ。

でも上から見ているだけで、火事になりやしないかと怖かったです。
今朝見たら、見事に倉庫の屋根が真っ黒焦げになっていましたけど。

こういう嵐がやってくると、小さい島に住んでいるんだなあということを実感します。
今回の荒天は、ハワイ諸島の暮らしに様々な影響を与えていて、
多くの学校が休校になったり、停電が続いたり、道がふさがれたり、と大変。
それに、ワイキキ周辺の道路も、水がたまって川のようになっていますからね。

しかし、雨・風が強い日が続くハワイ。
今週はホノルルマラソンウィークなのに、このお天気、いつまで続くのだろうか。

さて、そんなわけで今日の夜も雨。
そんな中、やっと念願の『ライオン・キング』を観に行きました。
ハワイではなかなか本場のミュージカルやビッグネームのコンサートって
観るチャンスが少ないので、
ブロードウェイ・ミュージカル、ディズニーの『ライオン・キング』、
本場からハワイに上陸して、この秋はかなり話題になっていました。

Img_0442 Img_0443                        
















会場の
ブレイズデル・コンサートホールでは、夜になると建物にライオンキングがライトアップされ、
この様子を車で走りながら見るたびに、ああチケットとらなきゃ、って思っていました。
9月中旬に上演がスタートして、最初は10月で終わる予定だったのに、
人気のため延長が途中で決まったのでした。
それで、ああ、まだ大丈夫だな、なーんて思っていたら、
気がついたらもう公演最終日が迫っていました(12月9日まで)。
やっぱりこういうのは早めに行動しないとダメですね。
あわてて先週チケットをとったのですが、1階席はぜんぜんとれず、
2階席の真ん中辺りの列がようやくとれました。
以前、って言ってももう何年も前になるなあ、東京で劇団四季のライオン・キングを
一度観たことがあるので、
演出上、1階席がいいなあと思っていたのだけれど、会期末間近では無理でした。
それでもチケットがとれただけ、よかった。

正直、英語も舞台や映画になると、全部のセリフを理解するのは難しい

でも、セリフなんて、関係ないかも。
最初のシーン、幕が開いた瞬間から、一気に気分が高揚し、
血がぐわ~って全身を駆け巡りました。
それぐらい、ライオンキングの最初のシーンって、夢がある。

それに、東京ではありえない、ハワイの人たちの歓声と拍手!
幕が開いた瞬間に、キャーーー♪ヒューヒュー♪と、舞台上のキャストの歌声が
かき消されるぐらいの大拍手なのです。

笑えるシーンも多いミュージカルですが、
すごく気が利いていたのは、あるシーンで、キャストが
「MAHALO(マハロ。ハワイ語のありがとう)」って言ったところがあったのです。
その使い方も、すごくしゃれてて、そりゃあもう客席は大喜び。

最終週に滑り込みセーフで、よかったー。

« 地上の楽園スパ | トップページ | ワイキキにて賑やかな夜 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/9306390

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐が明けて・・・ライオン・キング:

« 地上の楽園スパ | トップページ | ワイキキにて賑やかな夜 »