« 先輩&後輩に囲まれて! | トップページ | 美味しい店には行列が »

2008年1月27日 (日)

クジラからチャイナ、キューバまで

3泊でハワイ旅行なんて、寝るヒマないね!
と昨日書きましたが、その言葉を実践するかのように今朝は6時起き。
・・・と言っても遊ぶためではありません。
今日はあるボランティア活動を体験取材することになっていて、
「めったにない体験だし、それにTFMの番組用の取材だから!ね!」と
トウヤに言い聞かせ、無理やり同行です(スミマセン)。

でも、本当にこのボランティア、この時期のハワイならではのものなんです。
それは「ホエール・カウンティング」。
冬の時期、あたたかい海を求めてアラスカからハワイへやってくるクジラのシーズンは
今がちょうどピーク。
様々なところで「ホエール・ウォッチング」ツアーが行われていますが、
でも、私たちが参加するのは「ウォッチング」ではなく「カウンティング」。

数える、のです!

どうやって?

目視、です!

ハワイ島、カウアイ島、そしてここオアフ島のいくつかの海岸から海を眺め、
見えたクジラの数をカウントする、というもの。
毎年その数の推移を記録して、クジラの生態をつかむのに一役買っているとのこと。

今年の一回目となる今日は朝8時から各地一斉に行われるのですが、
私たちが指定されたのは「カカアコ・パーク」に7時半集合。
我々メンバーは、レイコさん、トウヤ、ユウコちゃん、そして私。
それ以外に集まったボランティアの人々は12~3人ぐらいでしょうか。

「クジラが見えるときは、明らかに波や、他の物体とは違うので、確信を持って
数えることができます! 子クジラの姿を見つけると、側に親クジラが必ずいるので
見つけやすいです」なんていう説明を受けて、かなりワクワクする。
そして、それぞれ数字を書き込むシートと鉛筆をもらう。 本当にアナログな方法です。

間もなく8時の合図と共に一斉にスタート。
ここからは、ひたすら沖を眺めます。
右から左へ。左から右へ。視線をゆっくり動かして観察し続けてください、
と言われたとおりに、ひたすら見つめ続ける。
これ、結構大変な作業です。
そんなに次から次へとクジラが姿を現すわけではないので、
ひたすらじっと座って沖を眺め続ける。
しかもちょっと雲が多いお天気のため、日が陰ってかなり寒い。風が冷たい。
朝ごはんにと握ってきたおにぎりや、お菓子を食べ、少しはおしゃべりもするけど、
でも目は常に海を見つけ続ける!
これを、お昼12時まで4時間、続けるわけです。時間が経つのがとっても遅い。


Whale4 突然レイコさんが
「あれっクジラじゃない!」と声をあげると、
「あれはダイバーです」と隣の人から
冷静な一言。
レイコさん、いくらなんでもそんな岸から
すぐのところにクジラは来ませんって(笑)。

しかしこの日は全くクジラが現れず。
私たちはひまつぶしに空港から飛び立つ
飛行機の数を数えだす始末・・・
そのうち、寒かったのはどこへやら、
今度は強い陽射しが照りつけて、ジリジリと肌を攻撃してくる。

そんな4時間を過ごしたのち、結局カウント数、ゼロ!
今日は誰一人としてクジラを発見することは出来ませんでした。
他の場所からのレポートによると、島の西側のほうではたくさん目撃されたそうですが、
南側はほとんど見られなかったそうです。
ああ、がっくり。

この後、2月23日、3月29日と2回行われるので、地元のボランティア活動に
参加してみたい方は、ぜひ!

美味しいものを食べて元気を取り戻そうと、ランチは、カピオラニ通りにある
「The Original Pancake House」へ。
朝6時から午後2時までしか営業していないんだけど、いつも人気で、
特に今日は土曜日とあって、長い行列。
でもこの行列を利用して、以前から食べてみたかった幻?!のパンケーキ、
アップルパンケーキを注文してみました。

なぜ”行列を利用”したのかというと、このアップルパンケーキ、
焼くのに1時間近くかかるので、テーブルについてから注文すると「もう遅い」と
断られたことがあったのです。
そこで今日は順番待ちをしている間に、
「アップルパンケーキを一つお願いします」と先にオーダーだけ入れておいたというわけ。
すると店員さんも「OK」と応じてくれました。


Pancake そして現れたアップルパンケーキ。
大きなお皿いっぱいに茶色い塊がドーン!
そしてシナモンの香りがぷーんと漂う。
見た目はナンだ?!って思うけど、
ナイフを入れると、パンケーキの上に
リンゴがぎっしりのっていて、
その上にシナモンシュガーでコーティング。

食べてみると、一番下の生地はパンプディングのような食感で、真ん中のリンゴは
アツアツ、トロトロ。
一気に口に入れると、ヤケドしますぜ、お嬢さん!
そして上のシナモンシュガーはカリッカリッとして香ばしい。
ワタシはアップルパイが大好きで、シナモンが大好きなので、
これは本当に夢のパンケーキでした。

しかし、これ以外にオムレツ2皿を4人で分けて食べていたので、
このアップルパンケーキは4人でも食べきれませんでした。
なのに隣のカップルは、それぞれが2皿をぺろりと食べて、颯爽とお店を去っていった・・・頼もしい。

早起きがたたって、家に帰ってお昼寝zzz
・・・のつもりが、起きたらすでに夕方。
時差もあってツライだろうなあと思いつつ、「夕陽が沈むよー」とトウヤさんを起こす。

そして再びレイコさんと集合して、ニューイヤーを控えて毎週のようにイベントを行っている
チャイナタウンへ出かけました。

26chinese_2 
26chinese1_2 26chinese2
          

この時期にチャイナタウンへ足を運ぶのは初めてだけど、
ほんとうに「ここはどこ?!」と思うほど、アジアの雰囲気に包まれている。
広場は人でギッシリで、前に進むのにも人をかきわけ、かきわけ、という状態。
よく考えたらハワイでは”人ごみ”ってほとんど経験しないなあ。

人ごみにちょっとぐったりきてしまったので、
場所を変えて、歩いてすぐのキューバレストラン「soul de cuba cafe」でディナーです。
お肉や豆の煮込んだものを中心に、お魚やシュリンプなど様々なおかずとご飯が
一皿にドーンと盛られてきて、どれも食欲をそそる美味しさ。
普段からランチやディナーを食べにちょこちょこ訪れているお気に入りのレストランで、
お店の雰囲気も落ち着くし、店員さんもみんなステキなのですが、
最近、店員さんにも顔を覚えられてきたところ、
少し前から、以前から知り合いだったMattくんがここで働くようになり、
ますます親近感を抱くようになりました。

みんなで一緒に記念写真!

Jisuscuan_twins2_2 

真ん中が、オーナーでJesusさん(本名なんです)。
向かって右隣にいるのがMikeで、左がMatt。
この2人、兄弟!?っていうぐらい顔や雰囲気が似ている。
Jesusさんも初めてMattを街で見かけたとき、
「オレの知り合いのMikeに似てるなー」と思ったそう。
その後、Mattのことを何回も街で見かけるようになって、これは運命だ!って
感じたんだって。
実際は全く関係ないそうですが、今でも一晩に一回はお客さんから
「2人は兄弟ですか?」って聞かれるそう。

ごめん。 私たちも聞いちゃった!

« 先輩&後輩に囲まれて! | トップページ | 美味しい店には行列が »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/10310021

この記事へのトラックバック一覧です: クジラからチャイナ、キューバまで:

« 先輩&後輩に囲まれて! | トップページ | 美味しい店には行列が »