« プロボウル前夜祭 | トップページ | 夜のスーパー »

2008年2月11日 (月)

7時20分

自分の意志の弱さにムチ打って、まだ暗いうちに起きて(7時ぐらいにならないと明るくならない)
車を走らせた。
目指すは、「7時20分、カピオラニ公園」。

「グレートアロハラン」(2月18日開催)に向けたランニングクリニックが
毎週日曜日のこの時間に行われている。
3週間前の日曜日に、日本から来ていたランナー友達と一緒に参加したのだが、
「来週からは一人で参加するわ」なんて言っていたにもかかわらず、
いつも眠気との闘いに、ダウン。
私なんて、その気になれば週に3~4日ぐらい日曜日があるような生活なのに、
やっぱり”日曜日”なのに”早起きする”のは”ツライ”と、頭が考えてしまい、
カラダが動いてくれなかった。

で、あれ以来ぜんぜん参加していなかったのだが、
いよいよグレートアロハラン本番が近づいてきて、
少しはカラダをならさなければ!と、今日は固く決心して一人参加に成功!です。

やったぜい。(小さな達成感)

参加してみれば、走り出す頃にはすっかり夜も明け、
朝陽に照らされて海がキラキラと輝くのを横目に、
ダイヤモンドヘッドロードを走り抜ける、気持ちのよさ!
他に参加している人との楽しい会話もあり、一体感もあり、充実したひとときです。
私はこういう一体感が好きなので、一人で走るより、
練習会に参加したり、レースに参加したりするのが好き。

グレート・アロハ・ランは、ハワイの地元の人が多く参加する大会なので、
雰囲気で言えば、ある意味ホノルルマラソン以上に「ハワイらしさ」を体感できるかも。

スタート前の盛り上がり(人々の歓声)も、負けてない!
端の一車線をずーっとミリタリーの人たちが、掛け声を発しながら走っているのも

レースの雰囲気を大きく盛り上げます。
また、
沿道で音楽を奏でてくれるボランティアの方々とか、声援を送ってくれる人もいて、
短い距離(8.15マイル)ながらも、ハワイらしさを満喫できるポイントが揃ってます。
そしてこの距離だから、子供からお年寄り、ベビーカーを押す人、歩く人など、
本当に色んな人が参加するのです。
最後は、アロハスタジアムに飛び込んでゴール!っていうのもポイント高し。

そんなわけで、この大会、ハワイを肌で感じる体験として、私は本当にオススメです。
旅行中の方も、この距離なら前後に負担がかからないので、
気軽に参加していただきたいです。

« プロボウル前夜祭 | トップページ | 夜のスーパー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/10572941

この記事へのトラックバック一覧です: 7時20分:

« プロボウル前夜祭 | トップページ | 夜のスーパー »