« ステキなお客さま | トップページ | CD発売日 »

2008年4月15日 (火)

ウクレレ日記

すでに書いているように、3月末で帰国する予定が、
急遽、滞在が3ヶ月延長となり、6月末までハワイにいることになった。

急なことでバタバタしたこともあったけど、
3ヶ月、という時間が目の前にぱーーーっと広がり、
何だか急に可能性が広がったような気がして、
「まだたくさん出来ることがある!」と、私の欲がムクムクと芽生えてきました。

例えば、ランニング。
あともう一回、ハワイの大会に出られるぞ!と、6月半ばのハーフマラソンに
エントリーし、しばし遠ざかっていた日々のランニング
を再び始めました。

そしてもう一つ。
ずっとやりたかったけど、なぜかやらずにここまで来てしまって心残りだったこと。
それは、ウクレレのレッスン、です。

私の手元には、5年ほど前にハワイで購入した、Gストリングのウクレレがあって、
たまに見よう見まねでポロロンと弾いていたのですが、
ちゃんと習ったことはありませんでした。
そんな私でも、一曲だけ弾ける曲があります。
それは、「アカカ・フォールズ」。
以前から好きだった曲ですが、オータサンとハーブ・オータJr.の共演作である
「アカカ・フォールズ」を聴いたときには、本当に心がふるえました。

で、いきなり「アカカ・フォールズが弾けるようになりたい。」
というのは、なんとも無謀な話だったと思うのですが、
スタジオリムのエンジニアのゆうさんが、私の無茶なリクエストに応えて
私にも弾けるアレンジにして、教えてくれたのです。
さらに、楽譜がないため、ご自分が弾いたものを録音してCDにして渡してくれたので、
それを耳で聴きながら、ひたすらその1曲を練習しました。
だから、ゆうさんバージョンの「アカカ・フォールズ」だけは、
今では手元を見なくても弾ける。

でも、それだけです。
だから、いつかちゃんと基礎から習いたいなあーと思っていたのだが、
ここにきてハワイにいられるのもあと3ヶ月!と思ったら、いてもたってもいられなくなり、
最後のあがきで、ウクレレレッスンを受けることにしたのです。

でも、「それならば『柴田玲の、私だって弾けるもん!』という企画にしよう」
とのレイコさんの一言で、3ヵ月後には番組でウクレレを披露しなくてはいけないことに
なっているのですが・・・・・そのことは、今は考えないようにしよう。

今回、レッスンを担当してくれることになったのは、
ワイキキのパシフィック・ビーチ・ホテル1階にあるウクレレショップ「ぷあぷあ」(
 http://pua2.com/ )でアルバイトをしている、ギャビン君。 まだ19歳!
小さい時からフラを習っていて、ウクレレは独学で11歳から始めたそうです。
自分の半分くらいの歳とは思えないほど、折り目正しく大人のギャビン君。
とても褒め上手(笑)なので、レッスンがどんどん進みます。

実は今日が2回目のレッスンでした。
まずは、コードをたくさん練習して、覚えよう!と、
先週はスタンド・バイ・ミーなどのポピュラーソング、
今週はプア・オレナとかプア・リリレフアなどのハワイアン・ソングを練習しました。


P4153624_2
毎回、練習に熱が入りすぎて、
写真を撮るのを忘れてしまう・・・ので、
ギャビン先生の紹介は、また今度。

季節はずれのぬいぐるみと、ウクレレと。

« ステキなお客さま | トップページ | CD発売日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/20298241

この記事へのトラックバック一覧です: ウクレレ日記:

« ステキなお客さま | トップページ | CD発売日 »