« 2008年5月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年6月に作成された記事

2008年6月23日 (月)

車を買って下さる方を探しています。

なんだか、いつも気持ちがそわそわした日々が続いています。
父が亡くなってから、あまりに残された家族がやらなければいけないことが多いのに
びっくりしています。
初めて経験することばかりで、これも社会勉強とは思っているけれど、いろいろありますね。

通夜・葬儀には、ワタシがこれまでお世話になってきた方々にも
たくさん足を運んでいただいたり、お花やお言葉を頂戴したりして、
これまで自分はこんなに色んな方に支えていただいてきたんだなーと、
とても心強く思いました。
こんなところでお礼を申し上げるのも失礼なこととは思いますが、
本当に、ありがとうございました。
これからまたゆっくり、お一人お一人にお目にかかりたいと思います。

今日は、星出さんが父に会いに家に来て下さいました。
先日も記した通り、父と最後にきちんと言葉を交わした日が、
星出さんの息子さん、彰彦さんが宇宙へ無事に飛び立った日で、
一緒にニュースを見て、よかったねえ・・・と語ったのが最後の会話でした。
無事に帰還されるニュースを父が知ることができなかったのはとても残念でしたが、
我が家でもそうだったように、宇宙へ行って、そして無事に帰ってくるというのは、
いろいろなところで、人々に夢や希望を与えているんだろうなあと思います。
すばらしい。

それにしても、そわそわした日が続いている、というのは、
なんかずっと行く先が定まらないままに、走り続けている感じがするのです。
今日、お世話になった方からいただいたメールの言葉が、まさにぴったりでした。
「ハワイのあの空の下から、突如、日本の病院へ通う生活、
そして、お父様との別れ・・・あまりの急展開に、きっと、
現実感を感じられないのではないでしょうか」
と書いていただいたのですが、ほんとにそんな感じです。

ありがたくも東京には自分の家があって、ダンナ・家族がいて、友達がいるわけだけど、
まだハワイにも自分の部屋や車やいろんなことを残してきているから、
心は半分ハワイにあったりして、
日本での今後のこと(主に仕事)も決めていないから、
どこにも定住していない感じが、そわそわ感につながっているのかもしれない。

ということで、あさってから急遽ハワイに行ってきます。
6月中に片付けなければいけない案件を整理しに。
いろんな方にご挨拶をしに。
これで、きちんと区切りをつける旅です。
そしてあのハワイの空気を吸って、リセットしてこようと思います。

そして、日本に帰ってきてから、今度はじっくり今後のことを・・・・・
また、そこのアナタ!あなた!貴方!貴女!にお世話になるかもしれませんが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

一つご報告ですが、私がハワイに戻る今週28日(土)18時~18蒔30分、
現地の日本語FM、ハワイ101FMにて、特別番組を担当させていただくことになりました。
タイトルは「ラジオパーソナリティー柴田玲 ハワイ500days」。

http://www.hawaii101fm.com/

偶然にも古くからの知り合いの方が、ハワイ101FMを手がけていらっしゃるという縁から、
私のハワイへの感謝の気持ちをこめた番組を放送させていただくことになりました。
ほんとーにハワイ生活では、苦労も幸せもいっぱいもらったからなあ。
その気持ちをこめて、届けたいと思います。
その日にハワイにいらっしゃる方は、ぜひ。

そしてもう一つ。
ハワイで苦楽を共にした車の売却を希望しています。

Photo
2002年のHONDA ACCORD LXで、
去年8月にホンダディーラーから購入した、
これまで無事故の優良車です。
内装もとてもキレイです。
安定した走りで、トラブルは一度もありません。
マイレージは60900。
Blue bookでは、ディーラー価格12000$ほどの
値がついておりますが、
9000$での売却を考えています


私は家族がハワイに訪れることが多かったし、
友人がハワイに遊びに来てくれて、空港へ送迎したり、

各地を案内することが多かったので、
この大きさのセダン車はとても便利でした。トランクも広いんです。
もしご興味おありの方、試乗ご希望の方がいらっしゃいましたら以下のアドレスまで
ご連絡ください。
お待ちしておりまーす!!!

info@studiorimhawaii.com 

2008年6月 8日 (日)

また一つの区切り

久しぶりにこのページを開いたら、偶然にも5月7日以来で、ちょうと1ヶ月ぶりでした。
一ヶ月前にはカイルアの海を見ていたんだなーと思うと不思議だ。
ずいぶん昔の話のような、、、でもあっという間の1ヶ月でした。

おととい、父が息をひきとりました。
今夜は父にとっては家で過ごす最後の夜で、
今頃どんな気持ちなんだろう、とあれこれ想像しています。

ハワイからお届けしていた番組では、
”家族の急病のため、今は日本で家族と時間を過ごすことが大切だと決断し、
ここでいったん区切りをつけさせていただく”とお話しましたが、
言葉通り、東京に戻ってからは、日々の時間を病院通いに費やしていました。

4月のゴールデンウィークに入る直前に父が不調を訴えて救急車で運ばれたと
聞いてから、私のバタバタとしたハワイ⇔東京移動が始まったのですが、
その時には、かなり病が進行していて、
”あと3ヶ月”というような時間をお医者さんから提示されていたので(あまりにも現実味がなかったのですが)、東京に戻るという決断には迷いがなかったし、
それを実行するために、周りの方々にも、ご理解&お力添え&フォローを
たくさんいただきました。
個人的にもお礼申し上げますが、ここでも感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
本当にありがとうございました。
いろんな方のお蔭で、集中して父と過ごす時間をとることができました。

今日、知り合いの方に「僕も含めてみんな通ってきた経験」と励ましの言葉を
いただいたのですが、本当に身近な友人&知人の方々と話をしてみると、
この道をみんな通ってきているんですよね。
そしてそれぞれの体験から、気持ちを理解していただいたり、
こうすればよかったと思うこと、などアドバイスをいただいたりしました。

別れに際して悔いが残らない人はいないと思いますけれど、
でも、時間は巻き戻せないので、
別れの時が近づいている、という現実の中では、
家族みんなで、その時その時に出来る事をやってあげられたかな、と。

とは言え、父はあまり感情を表に出さないような性格で、
家庭のことよりも仕事、というところもあり、
それに反感を抱いていた時期もあったりして、
そもそも父と娘なのでなかなかゆっくり時間を過ごすこともなかったし、
この1ヶ月の間に、こんな一面もあったんだーと思うことも多々ありました。
もう少しいろんな話をしていたら、どうだっただろう・・・という思いはもちろんあるけれど、
それが父娘の関係だったんだから、仕方がないかな。

でも仕事人間の上に、海外転勤生活も長かった父なので、
海外に出て行くこと、仕事することに関しては、どんどん行け!という感じだったと思う。
だから私のこれまでの生活は、割と父好み?!の生活だったのではないか(笑)と
思ったりもしています。
最後に気にしていたのも、「仕事はこれからどうするんだ」ということだったし。
なんかそう言われてしまっては、「これから仕事も頑張らなきゃなー」って感じなんだけど、
とりあえず、この後きちんと父を見送りたいと思います。

最後に父と交わした会話は、
父の近しい知人である星出さんの息子さん、星出彰彦さんが無事に宇宙へ行けて
よかった、ということと、
近所の中華料理屋さんが、外観から想像するよりも美味しいので食べに行ってみて、
ということだったので、
落ち着いたら、宇宙に思いを馳せながら?!中華料理を食べに行きたいと思います。

では、またその頃に・・・

« 2008年5月 | トップページ | 2008年9月 »