« 2008年最後の大仕事 | トップページ | 2年ぶりの焼きバナナ »

2009年1月 2日 (金)

もう6時だけど

半蔵門から帰宅して(5時ごろ)、シャワー浴びて、そのまま起き続けているから、
まだ12月31日の延長・・・という感覚。
一度寝て、起きた時に初めて1月1日だ、という気持ちになると思いますsmile

2時間の年越し生放送。
昨日からじんわりと緊張していて、
この緊張はいったいどこから来るのだ?!と一生懸命追い払おうとしていたけど、
その時になってみれば
、なんのことはない、
まずは目の前のパートナー、隣のパートナー、周りにいるスタッフと

心を通い合わせて会話をすればいいんだと、
ラジオの仕事はそういうシンプルで温かいものだと気がつくんですよね。
あとはラジオがいろんな場所へ運んでいってくれて、それを誰かが受け取ってくれる。
何を緊張していたのかと、あとから思うんですけど。

松任谷さんは、今回の番組が初共演でしたが、
こちらが発する言葉をきちんと受け止めてくださる方で、大地のような感じ。
松任谷さんご自身が言葉を発する
間合いが、
わたし自身の呼吸のテンポと無理なくあったのからなのか、すごく心地よく
じっくり対話した・・・・・させていただいた気がします。


番組の中で、年が明けてすぐ、シンガーソングライター木下航志さんのピアノの演奏と、
私の詩の朗読をライブでコラボレーションするという時間があって、
もうこれは、その時の空気の中でライブで行わないと意味がないのですが、
やっぱり緊張するから、「これ、やっぱりライブですよね」ってスタッフに確認したりして、
往生際が悪い自分でしたが、
これも始まってみれば、なんのことはない、
木下さんの奏でる音と会話をしているような気持ちになり、
一言発すると返ってくる音に身をゆだねるようにして、
言葉を間違えるとか間違えないとかの問題ではなく、
これは間違いようがない、と思いながら、
清水哲男さんの書き下ろしてくださった詩を朗読しました。

なんのこっちゃという感じの文になってきましたが、
目の前の人ときちんと対話する、ということが出来れば、
道は続いていく気がします。


そんなことを書いていたら、夜が明けてきました。
日の出の時間?!
東京はお天気が良いらしいので、見えるのではないか??
あ、しかし我が家は
東を向いていなかったweep

では、寝ますsleepy


今日のスタジオから・・・ホームページの写真です
Kotoba11 Kotoba01

« 2008年最後の大仕事 | トップページ | 2年ぶりの焼きバナナ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/26692602

この記事へのトラックバック一覧です: もう6時だけど:

« 2008年最後の大仕事 | トップページ | 2年ぶりの焼きバナナ »