« 機上にてどうぞ | トップページ | アイラブサリー! »

2009年3月26日 (木)

そして機上の人に。

P3252083 P3252086                              








かくいう私も、機上の人となりました。
ほぼ半日飛行機に乗って、スイスのチューリッヒに到着。
今、ドイツのフライブルクという町にいます!
でも写真はスイスのバーゼルです。
どういうことかと言うと、仕事はバーゼルワールドという、
世界最大の時計&宝飾の見本市の取材なのですが、
バーゼルの町はそれほど大きくなく、ホテルは主要な関係者でいっぱいとなるため、
多くの人がスイスの他の町、あるいはドイツ、はたまたフランスにステイしながら
バーゼルに通います。
バーゼルは、ちょうどスイス&ドイツ&フランスの国境に近い町なのです。
私がいるのは、バーゼルから車で国境を越え、40~50分のところにある町。
と言っても、ドイツのアウトバーンをビュンビュンとばしての40分ですからね!

チューリッヒの空港からバーゼルに向かう道は、
何だか日本のどこかの高速道路を走っているのとあまり気分が変わらなかったけれど(笑)、
バーゼルの町は、くねくねと縦横無尽に路面電車の線路がはりめぐらされていて、
車と人と電車がスレスレのところで行きかっている様子が、新鮮です。

そして、行きの機内からしてそうだったのですが、久しぶりのドイツ語の洪水!
(機内は、ドイツ語、フランス語、英語、日本語のアナウンス)
ドイツ語、大学で第二外国語として選択したんですけどね・・・・・けどね・・・・・シーン。
でもスイスの人も、ドイツの人も、普通に英語を話すので、助かります。

夕方に到着して、すぐに夜が訪れたのでまだあまり見ていないけれど、
ライン川の風景は、とても素敵。
今回は、TOKYO FMの松任谷正隆さんの番組「
松任谷正隆のtime S pace」の取材で
来ており、今夜は松任谷さんのアイディアでタイ料理!
長い旅と時差で少し疲れたカラダには、
こういうスパイシーさと酸味が欲しくなりますよね。
私がハワイにいた時に遊びに来た友達も、
到着した日はアジア料理を・・・というリクエストが多かったので、
よくタイ料理屋
さんに連れていったっけ。

川のほとりにあるタイ料理レストランは、スイスの山小屋風とタイ風のミックスが面白く、
でも味は本格的なものでした!
タイ料理をいただきながら、スイスの生ビールを飲んだら、
時差でモーレツな眠気が・・・・・・・
shock

P3252090 P3252087
P3252103

P3252098

« 機上にてどうぞ | トップページ | アイラブサリー! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/28827824

この記事へのトラックバック一覧です: そして機上の人に。:

« 機上にてどうぞ | トップページ | アイラブサリー! »