« 風鈴=ぷりん | トップページ | 今年もTHINK GREEN »

2009年4月16日 (木)

結婚式場にて

090415_135901_2
都内某所のプールつき邸宅風の結婚式場にて
(ハウスウェディングというのかな?)、打ち合わせ。

でも結婚式の打ち合わせではなく、
来週ここで行われる、とある記念パーティーの司会を
つとめます。
いつも外から見るだけだったので、初めて中に入った
のですが、一歩中に入ると、外に普通に街があることを
忘れるような空間でした。
来週、来ていただくお客さまに楽しんでいただけるように
目下準備中~。

結婚式といえば、、、
先日、以前一緒に『Supreme』という番組をつくっていたスタッフの式に参列してきました。
当時はまだ21,2歳で一番若かった彼女も、今年お母さんになる予定。
となると、一回りぐらい年下の彼女だけど、
”母”という視点で世の中を見ていく彼女から私のほうが教わることも
たくさん出てくるだろうなあ。

これは、挙式の後にみんなで風船を飛ばしたところ。


P4032429
そんな彼女にはいつも、
うちの夫婦が理想なんだと言われます。
かなりイレギュラーな夫婦だと自覚しているので、
何が理由でそんな風に思ってくれるのか
今度ちゃんと聞いてみようと思っているのですが、
披露宴で抜き打ちで(?!)挨拶に指名されたときに、
司会の方から「新婦にとって、柴田さんのところが理想の夫婦らしいのですが、夫婦関係が長く続く秘訣はなんだと思いますか?」といきなり聞かれたのです。
抜き打ちで聞かれるには難しい質問じゃない(笑)?

咄嗟に「お互いの好きなこと、大切にしているものや人を否定しない、というかジャマしない、というか立ち入らない、ということかな?」なんて
答えてしまって、ああ、あたふた。やだよ、もう。

咄嗟のことでうまく言えなかったけど、
結婚って、場合にもよるけれど、とにかく個人(大人)同士が急に、
はい、今日から夫婦です!家族です!ってなるわけで、
じゃあ家族になったからと言って、
それまで築いてきたお互いの世界
にずけずけと踏み入ったり、口出ししたり、
あるいは大切なモノを否定したり奪ったりするのは良くないし、そういう権利はないかな、
と思っているのですが、
まあだからと言って、
それぞれ個の世界をかたくなに守り続けたら
結婚したのに何も変わらないじゃないか、という話になってしまうのですけど、、、
一言で言うと、お互いの存在を尊重する、ってことになっちゃうのかな?
やっぱりうまく言えません・・・。
そして、それがちゃんと出来ているかどうかもわかりません。

でもよくよく考えると、「結婚指輪を常にしていること」
かもね。
これはうちみたいに子供がいなくて夫婦2人だけの場合に限ると思うのですが、
自己認識と他者認識によって、結婚している、夫婦である、ということが
日々形作られていくような・・・
気がする。ので。
常に指輪を目にすることで、自己も他者も認識が生まれます。
カタチから入って、その後から実体がついてくる、ってことでしょうか?

いや、そもそも論じることじゃないのかもしれません。
何事も、山アリ谷アリですよね。

そんなまとめ?

« 風鈴=ぷりん | トップページ | 今年もTHINK GREEN »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/29200260

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式場にて:

« 風鈴=ぷりん | トップページ | 今年もTHINK GREEN »