« 渋谷でPOTLUCK | トップページ | おにぎり3個分の、アースライド »

2009年10月27日 (火)

キッチンに素敵な赤はどう?

ちょっと変わった発表会に行ってきました。

いや、発表されているモノ自体は、いたって日常的なものなんだけど、
そのモノが、華やかなホテルのボールルームでスポットライトを浴びている・・・
っていうのは、やっぱり変わってるかな?

その”モノ”とは・・・

Ca3c0475

お鍋!

イタリアで1901年に誕生した調理器具ブランド
「Lagostina(ラゴスティーナ)」のお鍋。

日常的なアイテムとは言え、スポットライトを
浴びるにふさわしい、美しいお鍋で、
特に今回の発表会で一番の主役だった、
「La Collezione Rossa(ラ・コレツィオーネ・ロッサ)」というシリーズ、この赤い色には釘付けです。
うまく写真で伝わるか心配だけど、
この赤、何と表現すればよいのか・・・
美しく、且つ、ワクワクさせる赤。
ただ楽しいだけの赤じゃない。豊かな赤です。
トマトの赤も、連想させます。

ずいぶん赤について力説してしまった(笑)。
でもそれぐらいステキな赤です。


Ca3c0480
聞けば、上から赤い色を塗っているのではなく、
ステンレスに赤い色素を結合させるという、
「ラゴスティーナ」が世界で初めて開発した技術による”赤いステンレス” を使っているので、
色落ちや変色を防ぎ、キズがつきにくく、耐久性に優れたものなのだそう。

特に気になったパスタ鍋。
今うちで使っているものは、深さがありすぎて、
小柄な自分には、茹で上がったパスタを引き揚げるのに、ちょっと扱いづらい。
でもこれは、深さがコンパクトで、しかも持ち上げてみると軽くて、ハンドルも持ちやすくて、
ストレスがなさそうな感じ。  いいなあ。






Ca3c0482
これらのお鍋を使って、デモンストレーションを
行ってくださったのが、落合務シェフ。
「僕の料理本見てくだされば、いろいろ料理のコツが出てます。買わなくても、さっと立ち読みも出来ますし(笑)」などと、トークで盛り上げながら、
さささっとパスタを2種類、その場で調理。
いい香りが立ち込めているのにただ眺めているだけの時間はツラかった(笑)けど、ちゃんとその後に会場に美味しいパスタ料理が振舞われ、
あいにく外は大荒れのお天気だったけど、
列席者はみんな笑顔lovelyにさせてもらった夜でした。









Ca3c0483
美しさと機能性を備えたラゴスティーナの調理器具、
とにかく使ったら気分良くなれそうですね。
いい意味で調理器具にのせられそう!
それで料理するのが楽しくなって、実際に美味しく出来たら・・・嬉しいよね。







« 渋谷でPOTLUCK | トップページ | おにぎり3個分の、アースライド »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/32061731

この記事へのトラックバック一覧です: キッチンに素敵な赤はどう?:

« 渋谷でPOTLUCK | トップページ | おにぎり3個分の、アースライド »