« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月に作成された記事

2010年3月30日 (火)

吹雪の京都

早朝の新幹線で京都へ。
映画『マザーウォーター』の製作発表記者会見が京都で行われ、
その司会を担当するためでした。

『マザーウォーター』は、これまでに『かもめ食堂』『めがね』『プール』と続いてきたプロジェクトによる
第4弾作品で、
オール京都ロケで撮影されているのが興味深いところ!
小林聡美さん、小泉今日子さん、市川実日子さん、もたいまさこさん、加瀬亮さん、永山絢斗さん、
光石研さんがご出演。
こんな風に製作発表会見を行うのは初めてだそうで、出演者のみなさんと、監督、プロデューサーが出席しての会見となりました。

もともとこのプロジェクト作品の大ファンだったわたしですが、
前回の『プール』の公開時に、東京での初日舞台挨拶の司会を担当させていただき、
作品の世界に、よりぐぐっと身近に触れることができて、ますますファンに・・・。

このプロジェクトの作品が好きな理由をあえて言葉にすれば、
”出来事”(ハプニング)でストーリーを作っていったり感情をあおったりしないところ、
登場人物の人生、背景を、セリフで全部説明しないところ、
それなのに一つのセリフで、いろんなところにこちら側の思いが飛んでいけるところ、、、

新作の『マザーウォーター』はすでにクランクインして京都の町中で撮影が進んでいて、
全員が一堂に会したのはこの日が初めてだったそうですが、
それぞれが京都の日常の町並みに身をおき、その魅力を感じながら日々過ごされているようでした。
昼に夜にあちこち歩いて楽しんでいる、と話したキャストの方々が多かった中、
もたいまさこさんが「京都にいると、なんだか眠くてよく寝ている」と話されたのと、
小泉今日子さんが「私は出不精なのであまり出歩いていないけれど、あるお店で、
受け取ったおつりが全部、きれいな真新しいもので頂いたことがあって、こういうところが
京都なのかなと感じて、、、(今回の映画では)京都で商売をしている役なので、
そういうものを感じることで影響を受けました」と語ったのが印象的でした。

小林さん、もたいさん、市川さん、小泉さん、、、と聞くと、ドラマ『すいか』を思い出して、
ますます楽しみになっちゃうなー。
『マザーウォーター』は、10月下旬より全国ロードショーとなります!

午前中に会見が終わり、スタッフの方々に「京都御所のしだれ桜がキレイだから、
ぜひ見てきて!」と言われ、一人で京都散策へ・・・。

Ca3c0907 Ca3c0906
東京でも急に冷え込んで桜が足踏み状態でしたが、
京都もお天気が安定せず、楽しめる桜はしだれ桜が中心です。

まだ咲いてなさそうだけど、せっかくだから円山公園もチェックして帰ろうかな~、と
京都御所の西側にある蛤御門を表通りへと出たわたしの目に、
あるものが飛び込んできました。Ca3c0912_2

”いのしし”という文字です。

わたし、いのしし年生まれですから~!

しかも”足腰の守り神”っていうところも、
実は少し前からランニングのイベントを準備中なので
、かなり運命を感じてしまった。

密かに興奮しながら中に入ってみると、
狛犬のかわりにいのししが鎮座していたり、
手洗い場に”鼻先をなでると幸運になれる”といういのしし像があったり(もちろん撫でまくり)、
全国から集められたいのししグッズが集められた
コレクションコーナーがあったりと、、、
とにかくいのししだらけなんですよ。







Ca3c0911 Ca3c0913













Ca3c0915 Ca3c0914













Ca3c0917 
よく見ると、「イノシシ年生まれの人は知らせてください」という用紙があったので、
嬉々として書き込んで神社の方に手渡すと、
小さなイノシシの絵馬を下さいました。


さらに、イノシシのお守りと、足腰のお守りを買って、大満足で神社を後にした、イノシシ年オンナでありました。

イノシシ年の友人のみんなー。
ぜひ京都に行ったら立ち寄ってみてねー。

この後、八坂神社~円山公園へ行った頃には、
お天気は雨に。
かなり寒くなってきたのですが、
歩いていたら勢いづいちゃって、高台寺、
龍馬の墓、清水寺までひたすら歩き続けたのですが、しまいには、京都は花吹雪ならぬ、
本当の吹雪に見舞われました。




Ca3c0920 

Ca3c0918 















Ca3c0929_2 

あー寒かったー。

でも、旅先ってなんだか歩きたくなる。
日帰りでも、京都の町から充分パワーを
もらった気がします。


2010年3月23日 (火)

お花見は次の週末かな?

春、ねー。

当たり前のことをただ言っただけのセリフを、つい何度もつぶやいてしまう春でした。
多摩川にて。


Ca3c0897
Ca3c0898

2010年3月21日 (日)

Hawaii旅★初トライのパイオニアサルーン

ハワイで飯島寛子さんと一緒にゆるりとランチ~午後のひとときを過ごしたときのこと。
どこでも行きたいところへ!と言ってくれた寛子さん。
せっかく車だから少し離れた場所とか、あるいは、女性二人だし、いわゆる観光地らしい
ステキなランチスポットにでも、という心づもりだったかもしれないのですが、
寛子さんが、ふと口にした店名に、「lovely lovely lovely」と、激しく頷いてしまいました。

それは、「Pioneer Saloon(パイオニア・サルーン)」。
現地に住んでいる友人はじめ日本人の方々のブログに、最近よく登場しているので
行ってみたかったのです。
ここは、いわゆる”プレートランチ”のお店。
ほとんど現地の方々しか訪れなさそうなお店だけに、寛子さんとなら気兼ねなく行ける!

ご存知、ハワイのプレートランチは、
一枚のお皿(その多くは、下の写真のようなテイクアウトにぴったりのランチボックス)に、
ご飯2スクープ、マカロニサラダ1スクープ、魚か肉のメイン、を基本にした軽食スタイル。
朝食べても昼食べても夜食べても、、、プレートランチ。
ハワイ生活では、炭水化物×揚げ物過多なこのプレートランチを食べすぎてしまわぬよう、
注意が必要、、、だけど、お店によっていろいろバリエーションがあって、
玄米が選べたり、マカロニではなくグリーンサラダだったり、
ヘルシーな煮込み料理が入っていたり、とヘルシーなチョイスが増えましたよね。

と言いつつ、私は、開けた瞬間、「白×茶色じゃないか!!野菜はどこだ?」という、
いわゆるザ・プレートランチが好きなんですけれどもbleah

そんなわけで行ってみました、パイオニアサルーン。
ワイキキ方面からダイヤモンドヘッド登山口へ向かう、モンサラット通り沿いにあります。

P2183637

P2183628












倉庫にちょっと手を加えたような、さりげないけどこだわった感のあるインテリアが魅力。
テイクアウトの人が多いみたいですが、
風が通り抜けて、長居したくなる雰囲気でした。

P2183629

P2183634

















外を眺められる窓際に、まさに”特等席”って感じのソファーがあって、
運よくそこに座ることができました。 

で、やっぱり人気の秘訣は、メニューの多さと味じゃないかなあ。
ほんとに選択肢が多くて、しかも日本らしいおかずも多くて、迷うこと必至。
メンチカツやカレー、煮魚っぽいメニューも見えました。
しかし私は観光客らしく?!、ハワイならではの”モチコチキン”をチョイス。
寛子さんは、かぼちゃのコロッケを。

P2183630

P2183631










どうですか!! 
写真じゃ伝わりきらないかもしれないけど、一つ一つが女性の手のひらサイズぐらいの
大きなモチコチキンが、どやどやと7~8個入っていて、美味しいけど食べきれないよー。
2人で一つ、で大丈夫だったかも?という存在感ドーン!なプレートランチ、
これが6ドル~というお値段なんだから、ワオ!です。
いろいろ感動しちゃって、もう、表現が感覚的になっちゃってます。すみません。

ハワイの日常の景色に溶け込んでいるパイオニアサルーン。
スリッパ(ビーチサンダル)履いて、
ふらりと風のように立ち寄ってほしいお店です。

2010年3月20日 (土)

Hawaii旅★ノースショアの定番と、意外なもの

3連休でもあるので、再びゆるりとハワイ話を・・・

Sky
オアフ旅にはかかせないスポットの1つ、
ノースショア。
←だいぶ前に撮った写真だけど、
ノースショアへ向かう途中のこの道は、
オアフの中でもお気に入りの風景の1つです。

海が浮かんでいるように見える、
現実だけど不思議な景色、、、、、
辺りは360度開けていて、お天気のいい日は本当に気持ちのいいドライブコース。

そんなノースショアの定番と、そうでないもののお話。

P2163518

まずは、定番をあなどるなかれ?!の、
ドール・プランテーション。

パイナップルが美味しいと言われても、
意外と町中ではどこで食べられるか分からず、、、でもここに来れば、美味しいパイナップルが手軽に食べられる。
果汁がしたたる美味しさとは、このこと!
館内のアトラクション(機関車が走っていたり、巨大迷路があったりする)は一通り体験済みで、
ショップももう何度も見ているので最近はスルー気味だけど、
美味しいパイナップルを食べたいがために、ノースに行く時には必ず寄ってしまう。
P2163516

というわけで、定番のドールの中でも
定番商品は、生のパイナップル。

でも、、最近知ってハマってしまったのが、
チリビーンズとチーズがたっぷりかかったポテトフライ。
ドールでは変化球メニューだと思うけど、
これが美味しくて、、、ね。
かなりボディーにくる一品なので、
ノースショアでいろいろ食べたい身としては、ここでおなかいっぱいになりたくないんですけど(笑)、
ついつい頼んでしまいます。

さて、、、ドライブを続けていると、お次の立ち寄り定番スポットは、ハレイワタウン。
P2163523

中でもノースショア・マーケットプレイスは、
ハワイをはじめ、世界各地の美味しいコーヒー豆が手に入るコーヒーギャラリーや、
パタゴニアが人気の、
定番ショッピングスポット。

特にパタゴニア(→)は、ハワイならではの
Pataloha(Patagonia+Aloha)商品があったりして、要チェックですもんね。

もちろん私も必ず立ち寄るんだけど、、、
ここでの意外スポットは、コチラ!

P2163522

すみません、オススメしておいて何なのですが、
お店の看板があるのかないのか、
いまだにお店の名前が分かりません。
ぜひ自力で探してみてくださいませ。

一見、かなりストリート系の雰囲気たっぷりのお店で、
最初は素通りしてしまっていたのですが、
一度、何かのきっかけで入ってみたら、
大量の商品の中に、ヒット!というかわいいものを見つけて、すっかりお気に入りに。
それ以来、宝探しのような感覚で楽しんでいるお店(お店の人、スミマセン)。

しかも、それがけっこうビッグヒットだったりして。
2月の旅でも、かなり「うひひ。」なホームランが飛び出しました。
言いたいような、ナイショにしておきたいような。そんなお店です。

もちろん、さらにドライブを先に進めて、ラニアケアビーチでカメの甲羅干しを見ること、
(残念ながら、2月のハワイ旅では、一匹も見られなかった!)
さらに定番中の定番、カフクシュリンプも忘れずにね。
P2163530

いろいろチャレンジしていますが、
シュリンプだけは、「ロミーズ」一筋の私。
そして結局いつも、ガーリック醤油味の
シュリンプを頼んでしまいます。
そして結局いつも、一人前ペロリと食べてしまいます。
チリビーンズポテトフライを食べた後でも・・・・・。

(→玄米を選べるのが嬉しい!)

a bunch of flowers

Ca3c0882

とある仕事の現場で、
「おつかれさまでした」の言葉と共に、
素敵な花束をいただきました。
ピンクトーンの花束をもらうのは珍しいので(私のイメージにピンクはないのか??)、
優しい色でとても嬉しかったです。

これからもピンク色の花束をもらえるよう、優しい人になりたいです(笑)。

言うまでもなく、番組は多くのスタッフによって作られているもので、、、このプロジェクトにも10人以上の人が携わっていました。
その中で名前と顔を出して仕事をする立場なので、もちろんご批判も真っ先に受ける立場ではあるけれど、おつかれさまやありがとうの言葉も真っ先にかけていただいちゃいます。

でも、もし番組をいいと思ってもらえたなら、それはスタッフ皆がいい関係が築けた上での共同作業の賜物だと思うので、
顔の見えないスタッフのことも想っていただければ幸いです。

そして内輪話ではありますが、、、、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました!

花束を抱えながら、帰りがけに郵便局に寄ったら、局員の女性が
「すてきなお花ですね~」って。
見知らぬ方と、会話も生まれた花束でした。

2010年3月16日 (火)

春の香りの装いは・・・

また急にハワイの話に飛びますが、
ハワイ(もしくはアメリカ)に行く時に必ずと言っていいほど買ってくるものがあります。
家族が行く時などにも買ってきてもらって、ストックを切らさないようにしてるんですけど、
それは何かって、全然ハワイに関係したものではなくって、、、、

Ca3c0876

これです、これ。
ロクシタンのボディクリーム。

ハワイ生活で腕や足を出すことが多いときから
使用感と香りが好きで愛用していたのですが、
今では夫婦で愛用しているので、減るのが早い。
手に入れようと思えば、日本のお店にいけば
簡単に買える定番商品なのですが、
なぜハワイで買うかって、、、安いからbleah
レートにもよりますが、いくつかの国で買ってみたけどアメリカが安くて、さらに時々キャンペーンで、日本では見かけないアメリカっぽいビッグサイズが販売されたりして、その時はさらに安い。

瓶だから重いけど、2月のハワイでも頑張って買ってまいりました。


他にもいろいろ愛用しているロクシタン製品。
今日も打ち合わせの帰り、渋谷で乗り換えのために歩いていたとき、
ロクシタンのショップが目に入り、かなり悩んだ挙句、、、、、あるものを買いました。
今日買ったのは、これです、これ。

Ca3c0875

正直なことを言うと、
このセットの中の、右端に写っている
パフュームが欲しかった。

でも、単品売りはすでに売り切れていて、
今から手に入れるには、
このセットを買うしかない、と言われ、、、
ううううう。と悩んだけど、買ってしまいました。
それぐらい、気に入っている香りです。





Ca3c0881_2


リップクリームのような、スティックタイプの
パフューム。
いつものようにボディクリームを買おうと、
ハワイでロクシタンショップに行ったとき、
新製品として店頭に並んでいたので
手にとってみたら、すごくいい香り!
14~5ドルだったかな?お手頃な値段で、
一本買ってみたのですが、滞在中に使えば
使うほど、香りが気に入ってしまって。

もう一本買っていこう。お土産にもいいかな、
なんて思って、4日後ぐらいに再びお店を訪れてみると、、、、、ないwobbly!!
ワイキキにも、アラモアナにも、ない!
お店の人に聞いてみると、「大人気で、どちらのお店も完売してしまったのよ~」と。
えー私つい数日前に買ったのよー。
その時は、まだ商品が盛られていたのに。
あの時、手に入れたのはラッキーだったのね。

そんなこんなで、幻と化したパフューム。
東京でもやっぱり単品売りは店頭から姿を消していたようで、
最後の手段、セット売りを手に入れるという大人買いをしてしまったのでした。

香りを言葉にするのは難しいですが、甘い中からフルーツのようなサワヤカな香りがポーンと出てきて、思いっきり吸い込んでも気持ちのいい香り。
シャンプーの香りのようなサワヤカさ。
ここ10年ぐらい同じ香水を使い続けていたので、この春は、久しぶりの香りチェンジです。

2010年3月14日 (日)

司会⇒司会へ。

数日前の寒さがウソのような、暖かい土曜日!よかったー。
というのも、今日は2つの大事な司会が控えていたのです。
イベントごとには、お天気は重要!  晴れてよかった。

まずは、GOING UNDER GROUNDの松本素生さんの、
レコチョクとのコラボイベント、「2030年 愛のうた」トーク&ミニライブイベントの司会へ。
抽選で招待されたラッキーな方々が集まりましたが、
小さな女の子の姿もあり、一人一人の顔がはっきり間近に見えるアットホームな空間に、
松本さんの飾らない人柄が輪をかけてアットホームさをプラス。
そして4曲披露されたアコースティックライブが、その雰囲気に拍車をかけて、
ほんとにじんわりくるひとときでした。

松本素生さんは、3月17日にソロアルバム『素生』をリリースされるのですが、
そのアルバムリード曲でもある『2030』は、スキマスイッチの常田真太郎さんとの共作。
これが、、、、ほんとに胸にぐっとくる曲でweep。 夜に聴くと、泣ける。
・・・と思ったけど、真昼間に聴いても、泣けました。
大切な人に送られた20年後のラブソング。
曲が生まれたきっかけは、お子さんの誕生だったそうで、
実際、歌詞を聴いても、子を持つ親の気持ちが歌われているので、
お父さんにはかなり響くでしょうね。
この曲を聴きながら、お父さん、お酒を何杯でも飲めそうです、、、泣きながら。

でもきっと、母親たちにも響くだろうし、
まだ親という立場ではない私にも響くのです。
それは、自分の亡くなってしまった父親を思い出してみたり。
あるいは、まだ元気な母親のことを思ってみたり。
何か人が抱えている、普遍的な想いみたいなものが歌われている気がする。

松本さんにトークの時に伺ってみたら、
「すごく好きな人との間にも、ぜったい縮められない距離っていうのがあるんじゃないか。
そういうどうしようもできないものを歌ったつもり、、、、、」ということを話してくれました。

そうですよね。
親子であっても、男女であっても、人は、誰かを自分のものには出来ないし、
愛する人の人生は、その人のものであって、自分のものではない。
そして一緒に人生を歩んでいても、お別れの日がいつかやってくるし。
相手のことが大事であればあるほど、その縮められない距離みたいなものを
大きく感じるんじゃないか、というようなことをお話しました。

あと興味深かったのは、これまで「いいアルバムを作ろう」というような気持ちで
取り組んでいたところがあったけど、今回は、素直に「今、歌いたいものを歌う」という
シンプルなところからアルバムを作り上げていって、ああ、この方法がすごくいいなあと
実感した、というお話。

それからそれから、この日は、事前に募集された「あなたの大切な人に届ける20年後のメッセージ」をもとに、松本さんが歌にする!という企画も披露され、
松本さんが選んだメッセージを送ってくれた女性が、実際に会場にいらっしゃいました。
そして披露された新曲が、竹原さんが送ってくれたから、「竹原さん」。
いやーこれもぐっweepときちゃいましたね。 


そんな、ぐっとくる瞬間を何度も味わった後、向かった先は、友人の結婚式!、の司会。
これまたぐっとくる瞬間が何度もあって、今日は一日感動しまくりでした。
『2030』の曲の想いを、そのまま結婚式にもちこんでしまったような。
だって、友人の奥さま(新婦)は25歳。20年前といったら、5歳です。
5歳の娘を見て、まさに親御さんは「2030」のような歌の気持ちになったかもしれない。
なんて思ったら、それだけでぐっときてしまう。
(ぜひ『2030』聴いてください)


会場は小笠原伯爵邸で、お天気の良かった今日は、
外のお庭からパティオ、各お部屋、、、と邸内をあますところなく使っての披露宴でした。

Ca3c0857

Ca3c0858









Ca3c0855

Ca3c0860














Ca3c0863 Ca3c0871





















スパニッシュ様式の洋館だけに、お庭で巨大パエリアが作られたり、、、と、
出席者が楽しめる要素が満載だった結婚披露宴。
司会にかかりっきりではあったけれど、

ここの優雅な空間に身をおいていることを充分楽しませてもらいながら、
お祝いのひとときを過ごしました。
幸せなのは、すでに充分伝わっているカップルですが(笑)、これからもお幸
せに・・・

2010年3月13日 (土)

仕事もしてる。よ!

ハワイの思い出に逃避行・・・していたわけじゃないけど、
あ、やっぱりそうかなbleah
とにかく、いろいろなことがあったのでまだハワイの話は書き足りないのですが、
今週はブログに向かう余裕もなく、収録、ミーティング続きであっという間の一週間でした。

毎週土曜日の朝、TOKYO FMをキーステーションに全国38局にて2月~3月放送中の
「Free Tempo~Green Challenge」という番組を担当させていただいています。
今月は6日が北野大さん、13日は河村隆一さん、、、
そして20日のゲストは杉本彩さん!・・・と、バラエティ豊かなゲストでしょ? 
私も楽しんでいます!
今月27日が最終回なので、あっという間の2ヶ月ですが、、、よろしくお願いいたしますhappy01

そして今週は、久しぶりにANA機内のスカイオーディオの番組収録を。
国際線は5月~6月、国内線は5月にお届けする番組を担当させていただきます。
空の旅のお供に、どうぞよろしくお願いいたします。
まだ詳細は言えないけど、ステキな女性アーティストとのトーク&ミュージックです。

Ca3c0877

そのステキな女性アーティスト・・・

対談中に、ちょっと私の喉がイガイガっぽく
なったときに、
「いいトローチありますよ~happy01」と、
これをすっと差し出してくださいました。

薄いから、口に入れたまま、しゃべったりできる。
って。

ほんとうだ!フィルム状のトローチなんですね。
おお!これは嬉しいlovely
これから愛用してしまいそうです。
そしてその心遣いがほんとうに嬉しく・・・ステキ度アップ!!

近くなったら、またお話します。

2010年3月 8日 (月)

ファーマーズマーケットつながり

青山のこどもの城で開かれている(と言っても今日が最終日でした)、
首都圏のインターナショナルスクールに通う子どもたちの合同美術作品展
「アートスケープ2010」に、友達の息子くんの作品が出展されているのを観に行きました。

最初は”うちの子、どこ、どこ??”的な気持ちで観に行った(笑)のですが、
思っていた以上に作品数も多くて(約600らしい)、
何より、10歳~18歳とは思えぬ世界観のある、見ごたえのある展示会でした。
一部作品が、サイトで見られるようです→
アートスケープ

その後、お隣の国連大学の前で週末に行われているファーマーズマーケットへ。

Ca3c0845

ここ、行ってみたかったんですよねー。

あいにくの雨だったので、あまり長居はしなかったけれど、
”生きくらげ”(とっても肉厚!生でサラダで食べられると言われたけど、きくらげと鶏のオイスターソース炒めにしました)、
大きな”なめこ”(お味噌汁に)、
島根の生姜を使った”しょうが湯(のもと)”を購入。

出店数がけっこうあったので、晴れていたらもっと楽しめるだろうなー。

調べてみたら、3月20日(土)は夜まで時間が延長されるみたい(
http://www.farmersmarkets.jp/)。
想像するに、ちょっとアジアの夜市みたいにもなりそうで楽しそうな予感。

・・・と思い出すのは、ハワイのファーマーズマーケット。
島ゆえに、食べ物もメインランド(アメリカ本土)から運ばれてくるものも少なくないので、
意外とフレッシュなものを手に入れるのが難しいハワイで、
質のいいお肉や野菜、たまご、生花やパン、調味料、おやつまで、、、
そして、そんなフレッシュな食材を使ってその場で調理されたものもたくさんあり、
週末、朝ごはんを食べがてらよく出かけたものでした。
人気なのは、毎週土曜日の朝(7時半~11時)、
ダイヤモンドヘッドのふもとで行われているKCCファーマーズマーケットですが、
ここのところファーマーズマーケット流行りらしく、
規模は小さいながらもワイキキでも開かれているとか!

昨年からノースショアでも日曜朝9時から午後1時まで開かれています。
P5242619
P5242608















P5242621

P5242611







P5242622

P5242620

















(これらは昨年訪れたときの写真です)
KCCのマーケットに比べると、規模はかなり小さいですが、
食べ物のブースだけでなく、”ノースショアの自然を守ろう”というようなメッセージを
訴えている人々のテントがあるところも、ノースショアらしい雰囲気。
売っている人々の表情も、日に焼けた笑顔がステキ。
さらには、なんとはなしにウクレレを奏でるおじさんがいたり、
「KISSが好き(たしか)」という、未来のヘヴィメタ少年がギターをかきならしていたり、
(同じフレーズを何回も(笑))
はたまた子犬を引き取ってください、という人がいたり、、、、、
かなり自由な雰囲気です。
モノを売ろうという気配が感じられないマーケット(笑)です。

オアフ島各地で開かれているファーマーズマーケット、
旅行の前には、曜日&時間をチェックすべし!

2010年3月 7日 (日)

Hawaii旅★灯台下暗し、の動物園

P2153417

ハワイに行って、動物園に行こう!
・・・と思う人が、どれだけいるか分からないけれど(海に行こう!と思う人に比べたら
圧倒的少数なことだけは分かる)、
話し出すとついついアツく語ってしまう、
オススメの場所のひとつが、
ホノルル動物園”です。

と言っても、例えば3泊5日など短い日程の人からすると、優先順位は低いと思うし、
まあほんとに興味によるから、だれかれなしにオススメは出来ないかも。。。
でもでも、それでもやっぱり、ここはサイコーhappy02です。

ちょうど今日も食事をしながらそんな話をしたら、え?動物園なんてあった?と言われ、
あるもある、ワイキキエリアにあるんですよおおおお、と、またアツく語ってしまった。

・・・となると、次は「何がいいの?」って絶対に聞かれますよね。
うーん、これがですね、何と言えばいいのでしょう、、、
そうだな、、、雰囲気、というか、気がいいというか、その空間が気持ち良い。

まず、外から想像する以上に広いことに、びっくりするはず!

P2153365

今回の旅行中に絶対行きたい場所として
ホノルル動物園を挙げていた友達の晶ちゃんが、
「動物園の中とは思えないよー」と
感激していたこの景色。→

広大な芝生の向うに、ダイヤモンドヘッドが
ばっちり望めます。

そして、地元の家族かな?広場にマットを広げて楽しそうなランチタイム。
・・・とその脇を、クジャクが悠々と歩いていました!

夏には、動物園内の広場で毎週コン
サートが行われている時期があって、
芝生に座りながらウクレレの音色に身をゆだね、振り返るとゾウがいる・・・
なんてひとときも楽しめたりします。P2153403
P2153356







さて動物は?というと、
格別ハワイらしい動物がいる、っていうわけではありません。
でも、動物園大好きな晶ちゃんによると、とにかく動物たちが元気!だそうです。
こんなにきびきびと動くカバなんて!サイが!トラが!と嬉しそうhappy02
そう、それこそがハワイらしさなのかも。
きっと、生活環境的に動物たちにストレスがないのかな?
間違ってもホッキョクグマはいないし・・・。
しかも元来、夜行性の動物も、やたら機敏に動いているし。P2153369

一番興奮したのが、このカバ。
てくてくと歩いてきて、ぬっと水の下に頭をつっこんで気持ち良さそうに水を浴び、、、、
今度はがばっと口をあけて、飲み始めた!うがい薬のコマーシャルみたいだ!
その後は、水の中に入って泳ぎ始めたりと、とにかくアクティブなカバどの。

それから、”アフリカン・サバンナ”というエリアがあるのですが、
ここに、”サイ×しまうま×キリン”が一緒に暮らす、草食ズの楽園のような光景が。


P2153378 

P2153384 


おもむろにサイがキリンの足元に近寄っていくと、
なんと、キリンが高いところにあるカゴに入っている木の枝をポトリと下に落としてやり、
「お、いつもさーんきゅー」と、それをサイがくわえて立ち去る、、、(そのように見えた)
というような、ほほえましいシーンを目撃。ぐふふ。

P2153405

この日はハワイの祝日だったので、
子供たちでいっぱいだったのですが、
動物を見る子供たちのリアクションも
ほほえましいやら面白いやらで笑えました。
しかし子供たちに負けずと
動物の姿に声をあげていた、
大人の女2人、でした・・・。

平日はかなり空いていて、ちょっと寂しく感じるほどなので、お休みの日など、
多少人出があったほうが、かえって楽しめるかも。


そうそう、ハワイらしい動物がいるわけではない、と書きましたが、
出入り口に近いエリアに、”ネネ(ハワイガン)”がいるので、お見逃しなく!
ネネは、ハワイ州の鳥に指定されているにもかかわらず、
一時は絶滅の一歩手前までいってしまい、人の手によって数が増やされたものの、
今でも絶滅の危機に瀕している状態は変わらない、貴重な鳥です。
野生ではオアフ島には生息していないし、
他の島でもなかなかその姿を見ることはできないので、ぜひここで。
ちょっと奥まった、地味な場所にいるのがもったいない。
私たちが行ったときは、雛を見守る親鳥の姿がほほえましい、
ネネファミリーを見ることができました!


このアツい気持ち、、、、、伝わりました??
P2153414_2

P2153413

2010年3月 6日 (土)

eggs'n thingsの粉

ハワイでのショッピングについてもちょこちょこと。
と言っても、歳のせいか?!物欲がなくなってきたこともあり、
約2年のハワイ生活で、カジュアルウェアー(とビーサン&サンダル)が増えすぎて、
これいったい、東京でどうしたらいいの??状態なので、
もうハワイで洋服も買わないように心
がけているせいもあり、
ハワイで買うものはスーパーなどで見つけた細々としたものとか、
ユニークで便利なキッチン用品などがほとんど!

P2153444

P2153445_2














今回も、カードの明細を見たら、一番費やしていたのが、
カハラにあるスーパー、WHOLE FOODS MARKET(ホールフーズ)だった・・・。
(ここ大好き!!)

のですが、その話はまた今度で、、、今回は、別のお話。

母や姉に買ってきてと頼まれることが多いのが、eggs'n thingsのパンケーキミックスです。

P5262650

100306_013601_2




















リアルに重いので(笑)(←特に写真の大きいサイズは、1kg近くあるので、、、、)
たくさん買うのは躊躇してしまうけれど、
これより小さいサイズはお土産にするのもオススメ。
お水を加えるだけで簡単に焼けて、美味しいので、私も自宅の冷凍庫にストックがあります。
お店が、サラトガ通りの郵便局の目の前に移転してから、

店内で食べたことはないのですが、いつも粉だけ買いに立ち寄っています。
買うだけなら、たいてい並ばずに済みます。


子供がいる家にはいいと思ったので、
今日も、友人宅でこのパンケーキミックスをお土産に渡していたところ、、、
タイミング良く(いや、悪く?)、ダンナからメールが。

20100305152306

「賑わっています!」とのこと。
場所は、、、表参道!
そう、ついにこの人気店が
東京にやってきたのでしたー。

あまりに賑わっていて、粉の販売が行われているかまでは確認できなかったそうですが、どうなんだろう?

Ca3c0834



とりあえず友達には、
「今渡したものは、ハワイから買
ってきたものだからーー!!」
強調しておきました(笑)。

育児真っ只中の友達は、

「子供を預けて表参道に食べにいきたい・・・・・・」と
つぶやいていましたけど。

ベイビーよ、、、
ママの今の言葉、
聞かなかったことにしてあげて!!





実は数日前にも、情報通の後輩トーヤちゃんからすでに写真付き↓で報告が届いていました。

100301_12530001 100301_13110001















偶然通りかかって、大興奮で食べたそうですが、、、、、お味はどうだったかな?
詳しくは、ココにも!

2010年3月 4日 (木)

Hawaii旅★雨の昼下がり、パンケーキと共に

結婚式にイベント、番組収録、旧友との再会、普段会えない親友とハワイで合流、、、と、
予定ぎっしりだったハワイ旅でしたが、
一日だけ、なーーんにも予定が入っていない日がありました。

そして、、、、、、、、、雨gawk

いいんです。
きっと、ゆっくりせよ~というお達しだと思って、アラモアナ~ワードエリアをぷらぷら。

そして、ランチタイムに本を片手に向かったのは、
”THE ORIGINAL PANCAKE HOUSE”(オリジナルパンケーキハウス)。

Ca3c0800_3Ca3c0801









アラモアナセンターの山側を走る大通り、カピオラニ通りをワード方面に向かったところに、
何軒かお店が入っているビルがあり、
オリジナルパンケーキハウスは、ちょっとわかりづらいけど、ビルの中に入り口があります。

調べてみたら、オレゴン発祥で全米に店舗を拡大しているこのお店、
以前住んでいたところから歩いて行ける場所にあるので、割とよく一人でも足を運んでいました。

Ca3c0795

店内はファミリー、若いカップルのデート、年配のグループ、女性同士のグループなどなど、まさに老若男女、
それぞれ思い思いの時間を過ごしていて、
何だか好きなんだよなー。

店員さんは適度に放っておいてくれるけど、
コーヒーはがばがば注いでくれるから(笑)、
つい長居をしてしまう。


Ca3c0798

雨だし、一人だし、いくらでも時間はある!というこの日に注文したのは、
注文してから焼くのに45分かかるという、
名物の”アップルパンケーキ”。

大きさが上手く伝わらない写真だけど、
直径20cmはゆうにありそうな、
そしてこんもり膨らんだ迫力の一品デス。

あまりの迫力に、ナナメ前のテーブルにいた女性二人組が、「あれ、何?」と店員さんに聞いていましたが、
「このお店の名物よ~。でも今からじゃ、注文できないわ~。今度ぜひトライしてね~」と、
店員さんもどこか誇らしげに(笑)説明していました。

そして、、、、、甘い!!!

シナモンの味の強烈さもさることながら(シナモン好きとしてはたまらない味だけど)、
「甘くて何が悪い!」っていう感じのこの甘さもたまらない。
一人で注文するものじゃないかもしれない(笑)。

それでも半分をコーヒーと共にいただき、残りは箱に入れてホテルにお持ち帰り。
翌日の朝、部屋でレンジで温め、美味しくいただきました。

ウクレレピクニック・イン・ハワイ Part2

P2133284_2

そしていよいよ、、、ウクレレピクニックのメインステージのお話。

暑くて晴れやかな日だった2月13日(土)、
ホノルルのカカアコ(ウォーターフロント)パークで『
第2回ウクレレピクニック・イン・ハワイ』が
開催されました。

入場無料、ステージは午前11時半からサンセットまで!というハワイらしいイベントに、
折りたたみチェアーやマット、パラソルを抱えた地元のひとたち、観光客が、早い時間から集まり始め・・・いっぱいに!

P2133290

P2123241

えひめ丸の慰霊碑があることでも知られるカカアコパークは、地元ファミリーに人気の公園。
海を見下ろし、なだらかな丘になっている公園でもあるので、
普段は子供たちが段ボールで緑の丘を滑って遊んでいる姿が見られます。
この日は、ステージに登場するアーティストこそ
ハワイの著名ミュージシャンをはじめ、
すんごいメンバーが勢ぞろいでしたけれど、
ローカルフードやウクレレメーカーのブースに囲まれた広場に集まった人たちの雰囲気は
とってもハワイらしい、週末のゆるゆるとした光景だったなーと思います。

およそ20組のアーティストが登場(延べ人数は200人ほど)、
7時間を予定する長丁場ということもあって、
ステージの司会は、ハワイでメディアに携わる、ウクレレを愛するMCがリレー方式で
つないでいくことになり、私も(唯一日本からですが!)司会として参加。


男性陣(英語担当)は、
ウクレレミュージシャンとしてこの日演奏も行ったJody Kamisato(ジョディ・カミサト)、
MC、ミュージシャン、俳優として長年活躍するKimo Kahoano(キモ・カホアノ)、
ラジオ、テレビ、イベントなど、ハワイで彼の声を聞かない日はないほどのMC、Billy V(ビリーV)。


そして女性陣(日本語担当)は、、、

地元AMラジオ、KZOOでDJをしているMisa Uyehara(上原みささん)、
ハワイのスタジオリムから日本のインターFMへ『
Wiki Wiki Hawaii』(毎週(日)朝8:00~)
を届けている
飯島寛子さん

おなじみスタジオリムのペレ・レイコさん
ハワイ大学に通うスタジオリムのインターンあやかちゃん、
ハワイから日本のJ-WAVEに『
COLORS OF HAWAII』を届けている内田佐知子さん、
そして、ワタシ。 でした。
音楽の交流、文化交流を目的にしたイベントだったけれど、
私たちMCも、ハワイと日本で力をあわせて、充実のひとときを過ごしました。感謝!

ニュースとしては、
ハワイ州副知事のデューク・アイオナ氏が登壇し、
2月13日がハワイ州によって”ウクレレの日”に制定されることが発表されたかと思いきや、
ホノルル市長のムーフィ・ハンネマン氏からは、ホノルル市によって”ウクレレピクニックの日”に制定する、と発表。 いや、すごい!


P2133304b_3
P2133313











P2133309_3P2133322司会として参加しながらも、
次々と現れる素晴らしいアーティストの演奏に
すっかり酔いしれてしまった一日・・・・・

特に、夕暮れ時のオータサン&ナンド・スアンさんの演奏・・・
ハワイの風と、夕陽と、オータサンのウクレレ

があれば、他には何もいらない。
って思うほどの、贅沢な時間だった。

ちなみにこの日のサンセットは6時27分、
ということで、
ステージには最低限の照明しかセットされて
いなかったこともあり、
なんとかこの時間までに終わらせたかったのですが、、、、

P2133332

ラストのPALIのステージに、
関口さんに加え、サザンの松田弘さんが呼ばれ、、、、、
サプライズソングがあります!
一緒に歌ってください!
と言って始まったのが、
なんと、『勝手にシンドバッド』。
会場のお客さんも芝生の上に総立ちで、
「今、何時~?」の大合唱は、どっぶり夕闇に包まれていきました・・・

P2133280

余談だけど、これ、ステージ裏の差し入れ。

ハワイを感じた一コマでした。




とにかく、、、来年も要チェックのイベントです!

P2133282

ウクレレピクニック・イン・ハワイ Part1

P2123237
ハワイでの話題はまだまだ続きます~。

こちらは私のハワイの故郷?!、おなじみのハイアット・リージェンシー・ワイキキ内にあるスタジオリムでの1枚。

ウクレレを手にしていますが、実は私たちにはこの後、大事な”ステージ”が控えていました。
その”ステージ”とは、、、第2回ウクレレピクニック・イン・ハワイの参加イベント。          Reiko(応援団長) Sarah  Rei    Hiroko Yuko
                         
Reikoさんが手にしているポスターを拡大すると・・・・・こうなります。
2010

もともとは日本で生まれたウクレレピクニック、昨年に続いてハワイでは2度目の開催となりました。
ウクレレピクニック・イン・ハワイ2010

サザンの関口和之さんがプロデュースしており、ハワイと日本のミュージシャン(実際にはオーストラリアからもウクレレミュージシャンが参加!)、そしてハワイに集まっている世界各国の観客が一堂に集い、ウクレレの音色と共に心地よい時間と空間を楽しめるチャリティーイベント。

今回は4日間に拡大され、2月10日~13日にかけて、様々な趣向のウクレレライブが開催されました。


スタジオリムも全面的にこのイベントをバックアップ、ステージ進行にも大いに携わっているので、
私もよっしゃ!とばかりにお手伝いさせていただきました。


でも、この日は”お手伝い”というより”おじゃま”だったかなー・・・catface
というのが、2月12日(金)の出来事。

この日は、カカアコパークにある小さなステージで、
ハワイと日本のウクレレを愛する人たちによる一般参加型ステージが催されたのですが、
このステージに〝
スタジオリム・シスタ(STUDIO RIM SISTAH)・バンド”もエントリー。
私の良きハワイの友人たちが、最近著名なミュージシャンにウクレレを習っているとは
聞いていましたが、ついにステージ・デビュー?!
と思いきや、「で、もちろん柴田さんも、ウクレレ持ってきてね♪!!」と
Reikoさんに言われ、、、PCを捨て、ウクレレを持ってハワイに乗り込んだのでした。

言っておきますが、私が参加したからといって、音的に安心感が増すわけでは
決してありません・・・。
単純に、人数が増えて、勇気が増すだけです。
それなのに、全員(4人)で音を合わせたのは、私がハワイに行ってわずか3回ほど。
技術があるからではなく、単純に、時間の問題です。

Img_4389_2
しかし今考えてみると、あの技量でステージに立って、本当に良かったのだろうかcoldsweats01
いくら参加型イベントと言っても、
他の出演者は観客を大いにのせるほどの
ステージだったのに、
私たちの時間だけ、”幼稚園の発表会”みたいな空気になりました・・・。

謙遜でも何でもなく、あの場にいた人は、
一瞬「ポカーん」みたいな感じでしたわ。
「えcoldsweats02。 こ、これなら、オイラも出ていいんじゃないか?」とみんな思ったはず(笑)。

完全にほのぼのとした”笑い”を振りまいた私たちでしたが、
それでも、温かい拍手で受け入れてくれるのがハワイだし、
拙い音でも、それが一種の”味”になってしまうのがウクレレ(って自分で言ってるけど)。

Img_4402_2

もう、完全に笑っちゃってますけど↑。  楽しそうだ、私!

少なくとも、何の曲を弾いているのかは分かってもらえたみたいでよかったです(笑)。
「涙そうそう」と、「星に願いを」、を弾きました。
Hana hou!(ハナ・ホウ=ハワイ語で、アンコール!)と言われても、
これ以上レパートリーがないので、よかったです。
・・・その前に、誰もハナ・ホウ!言ってくれなかったです。

とは言え、私としては、ちょうどこの時期にハワイに行けて、
大好きなみんなと一緒にステージに立ったひとときは、すんごく楽しかったよー。

P2123238_3

               P2123245               この日も夕方、虹に出会えました。
              その後、夕陽も眺めることができました。

P2123263_2

アラモアナセンター内にある”Longhi's(ロンギーズ)”からの眺め↑です。

P2123246

P2123252








P2123248

海側に面しているので、夕暮れ時がオススメのロンギーズ。
「今日はよくやった!」と、Reikoさんが
労をねぎらって?!くれました。

その後、ビールの勢いで、「よくやった!」とアメリカン・イーグルでお揃いのTシャツまで
プレゼントしてくれたReikoさん。
その勢い、気前の良さ、大好きです(笑)!



         

2010年3月 3日 (水)

Hawaii旅★2度行ったレストラン

今日も2月のハワイ旅を振り返り。

今回のハワイ滞在は約2週間だったのですが、
その間に2度足を運んだレストランが、2軒。
いろいろ事情もありながら、”=(イコール)好きなお店”、ってことになるのかな。

その1つが、”Boots and Kimo's(ブーツ&キモズ)”。
オアフ島の東、カイルアにあるカジュアルレストラン。
もう何度もこのブログに登場してるけど、今回はなんてったって新店舗を初体験。

左の写真の店舗から、角地に新しく建てられた右の写真のビルに昨年リニューアルオープンしたんですよね。

P2273068

Ca3c0788
















P2173548


店内も明るく、倍ぐらいの広さになり、
以前から店内にごちゃごちゃと(失礼!)飾られていたスポーツ関連のグッズが美しくディスプレイ。
モニターも増えて、スポーツカフェのような雰囲気になりました。
店員さんも気のせいか以前よりフレンドリーに(笑)。

広くなっても行列は相変わらずですが、
以前は席数に対して並んでいる人があまりに多すぎて待ち時間が永遠のように感じたけど、
これなら、あ、ちょっと待とうかなという気分になれます。

ローカルからも非常に愛されているお店なので、
現地の祝日などにあたると、相当な行列を覚悟しなければならず、要注意です!

みんなから愛されている理由、そして私が何度も足を運んでしまう理由、、、
やっぱりこの有名なパンケーキでしょうか?

P2173551

オリジナルのマカデミアナッツソースがたっぷり
かかったパンケーキ。
(*このソースの販売もしています)
少し前に、料理に泡状のソースを使うのが流行りましたけど、それに通じるような、軽いソース。
見た目に反して、甘さ控えめ!
押しは強くないのに忘れられない人・・・ならぬ、
パンケーキなのです。
今回は、ホノルル空港に到着し、迎えに来てくれた友人サラ
の車でそのままカイルアに直行してこのパンケーキを食べ、「ああ、ハワイに戻ってきたなあ~」という気分に浸りましたlovely

翌週も、以前通っていたフラレッスンに出るため、
カイルアにあるクム(先生)宅へ行った帰りに、
飽きずにこのパンケーキを食べに行きました。





P2173553

ちなみに、オムレツも種類豊富で美味しくて、
私が好きなのは
←(わかりづらいけど)”シーフード”(ガーリックが
きいていて、クリーミーなソース)、
”チリ&ビーンズ”(そのままです)、
そしてよくローカルの人が頼んでいるので
今回初挑戦した”パカロロ・・・オムレツ”は、
オニオンやトマトなどの野菜とハムがチーズで和えてあって、完成度高し!
甘いの(パンケーキ類)と、しょっぱいの(オムレツなど)をバランスよくオーダーするのが楽しむコツです。



そしてもう一軒、滞在中に2度足を運んだレストランは、、、”town(タウン)”。

P2153438

美味しいものが集まっているカイムキエリア
(ワイアラエアベニュー沿い)にある、
一軒家のような佇まいが素敵なカジュアルレストランです。

前にも書いた気がするけど、
お店から見える景色は、いたって日常的。
海が見えるわけでもなく、景色がキレイとか、
典型的なハワイらしい内装でもないので、
旅の高揚感を味わえるお店ではないかもしれないけれど、
スタイリッシュなインテリアながら、風が通り抜けてゆるりとした空気が感じられる店内は、
なんだかとっても落ち着いて、まったりとお茶を飲んでいたい気分(夜ならまったりとワインでも飲んでいたい気分)になるので、暮らしていた頃から大好きなお店です。
今回は、ランチタイムと、お茶タイムに訪れました。

そしてやっぱり肝心なのは、味が◎なこと。


P2153425

バインダーで出てくるメニューの一番下には、
”Local first, organic whenever possible, with Aloha always”と書いてあります。

”ハワイ産の食材を優先的に、またできるだけオーガニックなものを提供します。
アロハの気持ちだけはいつも変わらず・・・”
みたいな感じかな?

存在感がしっかりある、フレッシュなハワイ産の野菜や肉を味わえるお店なのです。






P2153428_2           店内の多くの人が注文している、オリジナルのレモネード。
                    私もいつも頼んじゃいます。


P2153431

P2153436











パンが美味しいので、たいていパニーニ(向かって左の写真)を頼むのですが、
今回、友達の晶ちゃんが頼んでめちゃくちゃ美味しいことを発見したのが、
ハンバーガー!(食べかけですみません)
地元で自然放牧された牛を使ったらしいこのハンバーガー、
お肉の味がしっかりしてジューシー!!
パンももっちりして美味しいのがポイント高し(”ポテトロール”と書いてありました)です。
次に行ったら、ハンバーガー頼んじゃうな。

P2153437

車でないとちょっと行きにくい場所ですが、
カハラモールへお買い物に行く前後などに、ぜひ。

お店の前の通りの様子→

カフェ・ミロが道の反対側に。

カハラモール行きの路線バスがお店の前を通っていますのでこちらを利用しても。

2010年3月 2日 (火)

3月のお知らせ

musicradio出演
 
『Free tempo~Green Challenge』TOKYO FMをキーステーションに全国38局にて放送)
  毎週土曜日の朝10:00~10:25に放送していますので、ぜひお住まいの地域の
  JFN系列FM局にてお楽しみください~。
  (Kiss-FM KOBEは9:00~、FM三重は11:30~)
 
  3月6日ゲスト:北野大さん、13日ゲスト:河村隆一さん、
   20日ゲスト:杉本彩さん、27日が最終回です。 
 
  番組HPは
http://www.tfm.co.jp/free/
  ↑スタジオでのゲストの方との写真や番組の感想などを綴っています。
(また、メッセージを送って下さった方の中から抽選でステキな自転車が当たるよ!) 

  

2010年3月 1日 (月)

Hawaiianウェディング

先日、仕事の現場でディレクターさんが一言。
「もういい!寒いのは、、、いい加減、寒いのはもう飽きた!」

100301_150601_2

なんだか、妙に納得しちゃったんですよね。

雪が降ったりと、東京でも寒さが本格的で、
なんだかとっても長く感じる今年の冬。
寒いことに、飽きてきた・・・と言いたくなる感じ、分かります。

人間の勝手な言い分だけど・・・・・
ほんとうに暖かさが待ち遠しい今日この頃です。

←多摩川を散歩中の母から届いた写真。
春はもうそこに来ているみたいよ!






さてさて、、、やっと脱皮するようにカラダの不調から抜けつつあるので、ハワイの思い出を振り返りたいと思います。

まず一つ目の話題はウェディング。
今回の旅の目的のひとつが、友人夫婦の結婚式でした。

P2103072 

式が行われたのは、Central Union Church(セントラル・ユニオン・チャーチ)。

ここは、”緑と陽射しの中の結婚式”を望む方には
オススメの教会ですよー。
ワイキキとダウンタウンの中間ぐらいに位置するので、現実的な話、移動もラクですし、
大通りに面していながら敷地が広いので、
一歩敷地内に入ると、緑と風が心地よい空間です。

P2103202

P2103117
















P2103107

P2103142




















聖堂の中は天井が高くて、最初はその大きさに圧倒されるけど、
とても開放感に溢れていて、しばらくいるうちに、大きいのに安心するような、
そんな空気に包まれていくような気分になりました。
窓がたくさん!快晴のお天気だったこの日は、それらのほとんどが開け放たれていて、
風が通り抜け、陽射しが入り込み、鳥の声が聞こえてきて・・・気持ちよかったです。


両家のご家族が集まった、とてもアットホームな式にずうずうしくも参列させてもらったのですが、
ハワイのおおらかさを実感するようなひとときを、どうもありがとう!
そして新しい家族のつながりに、心からおめでとう
bell

そうそう、もう一つ、ウェディングの話のおまけ。
ハワイの結婚式では必ずと言っていいほど歌われる
、『Ke Kali Nei Au(ケカリネイアウ)』
というハワイアンウェディングソング。
ハワイで挙式したカップルにとっては、思い出の一曲になっているのではないでしょうか。

私がこの曲を知ったのは、ハワイで生活していたときだったのですが、
それ以来、聴くたびに胸いっぱいになってしまいます。
一度、番組の取材で、
Calvery by the Sea(キャルバリーバイザシー)という教会で
(海の見える場所を希望する方にはイチオシの教会です!)
ハワイアンウェディングソングを実際に歌っているところを録音させていただいたのですが
http://shibarei.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_865f.html)、
その時の音源は、私の宝物となっています。

今回の友人の結婚式でも、もちろんこの曲が最初に歌われ、、、
何とかご家族の皆さんにこれを思い出に持ち帰っていただきたいなあと思い、
CDショップへ。
有名な曲だけに、様々なアーティストが歌っているのですが、
最初に選んだのは、Maunalua(マウナルア)という男性グループが歌っているものと、
Dennis Pavao(デニス・パヴァオ)という男性アーティストが歌っているもの。

一度それらを友人夫婦に渡したものの、
結婚式ではたいてい、女性シンガーによって歌われることが多いから、
女性の声で歌っているバージョンが欲しいなあ。。。と思い、

スタジオリム(http://www.studiorimhawaii.com/)のレイコさんに相談。

Ca3c0825

そして薦められたのが、デニス・パヴァオのアルバムに、
エイミー・ハナイアリイ・ギリオムが参加している
バージョンです。

←これは今回現地で買ったもので、
『The Golden Voice of Hawai'i Vol.1』というアルバムにおさめられています。

今も聴きながら書いています。
イントロのきれいなピアノの調べに続いて、
英語とハワイ語が、そしてエイミーとデニス・パヴァオの
歌声が交互に聞こえてきて、美しい!





« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »