« 2010年10月 | トップページ | 2012年8月 »

2010年11月に作成された記事

2010年11月25日 (木)

ミシュランガイド

R0013240

「ミシュランガイド東京・横浜・鎌倉2011」が
11月27日(土)に発売されるのに先立ち、
記者発表会が横浜、大さん橋で開かれました。

なぜ横浜か・・・というのは明白!
今年から、東京と一緒に、横浜と鎌倉のレストランとホテルが掲載されるようになったからです。
266軒のレストランのうち、横浜は16軒、
鎌倉は10軒。

今回の特徴としては、
5000円以下で楽しめるレストランにはコインを
かたどったマークが示されるようになったこと。
掲載レストランの1/3をこえる95軒に、
そのマークがついているそうです。

さらに、新たに掲載されたレストランであることを
示すNEWマークや、星が増えたことを表すマーク、
”予約不可”、”日曜も開いている”、”22時以降も
食事ができる”というマークも追加されていて、
より使いやすいガイドブックとなっています。

日本では、このほかにもう一冊、
京都・大阪・神戸をカバーするものも出ているので
全部で6都市。
これだけでもずいぶん多いと思うけど、
”美味しいものがある”というイメージがある福岡や札幌などなど、
これから他の都市もカバーしていってくれると面白いなあと、、、密かに所望。

↑会場でモテモテでした(笑)。かわいい。
わたしも一緒に写真を撮りましたが、はずかしいのでカット。

Ca3c0022

2010年11月22日 (月)

ダブルバースデー

Ca3c0005

ハワイへ帰るレイコさんを母と一緒に見送りに、
羽田空港へ。

羽田ならうちから車で2~30分もあれば行けるから、じゃんじゃん見送りに行っちゃうよー。
それに何といっても、毎回、出発の2時間前に
都心にいてヒヤヒヤしていたレイコさんの帰国も、
穏やかな気持ちで時間を過ごせる(笑)。

ところで、今回レイコさんが来日したのは、
ハワイアン航空の、ホノルル-羽田便の取材の
ためでした。
その記念すべき第一便に乗ってきていたのです。
会えなかったけど、だから他にもたくさん、
ハワイの友人知人が19日の第一便に乗って
羽田入りしていました。
みなさん、東京を楽しんだ?

羽田を出発するのは23:59!ということだったので、
それまで真新しい羽田空港でご飯を食べたりしながら過ごしました。
リクエストは、カツ丼!
レイコさん、お店を見たがっていたのですが、
ほとんどのところが21時で閉店してしまっていたのはちょっと残念かな。
Ca3c0007

そして今日がまさに、
レイコさんのバースデー!

うちの母から、sweets maniacの
バースデークッキーをプレゼント。

かわいいバースデー眼鏡は、
ハワイで買ったんだって。
この眼鏡をかけて乗ったら、
きっとハワイアンエアーの人なら
何かお祝いしてくれるんじゃない?
とついつい期待してしまうのが、
ハワイですね(笑)。
どうだったかなあ?

出発が23:59ということは、
ぎりぎりまで誕生日を日本で過ごして離陸。
そしてハワイに到着するのは、21日の昼。
ということで、2度目の誕生日を
またたっぷりハワイで過ごせるんですよ。

どうですか?バースデーを2度過ごすハワイの旅!

2010年11月21日 (日)

さそり座のおんな2010

今月17日はバースデーでした。
今年も元気で一つ歳を重ねることができ、、、感謝です。


Ca3c1306

これは学生時代からの友達が
サプライズで用意してくれたケーキ。
ありがとう!

ロウソクbirthdayも用意してくれて、
Make a wish!しながら吹き消しましたよ。

ペーパームーンのミルクレープ、うましlovely


そして今夜は・・・
来日中のアノ人と一緒に。



Ca3c0003

それは、私のハワイのふるさと、
スタジオリムのペレ・レイコさん。

玲&玲子、と同じ字で、
誕生日は11月17日と21日の4日違いの
さそり座の女!
ということからも運命を感じてきましたが、
ちょうど来日中ということで、
友人同士で集まって食事をしていたところ、
みんながこんなサプライズを用意してくれましたlovely

ありがとうございます。
火を吹いても吹いても消えないなーと思ったら、花火が添えてありました(笑)。


友人であり、恩人であり、人生の先輩でもあるレイコさん。
会うたびに、お腹が痛くて苦しいほど笑わせてくれる。
今夜も、笑いすぎて苦しかったよー。
レイコさんみたいな人は、他には会ったことがありません(笑)。
同じ星座占いとは思えないです。
動きすぎだし! ↓ ↓ 全然写真撮れませんでした(笑)。
 

Ca3c0001

Ca3c1310

2010年11月20日 (土)

ツリーの点灯式

Ca3c1304
渋谷PARCO前の公園通りに登場した
赤×GOLDの華やかなツリー。

今夜はそのツリーの点灯式と、
音楽ライブなどをお届けする
「PARCO FASHION NIGHT Xmas」という
イベントが3時間半にわたって行われ、
MCを担当してきました。

ツリーの点灯式には、第35回ホリプロ
タレントスカウトキャラバンでグランプリに
輝いた、安田聖愛さん、
パルコのCMキャラクターとしても活躍されているミュージシャンのマイア・バルーさん、
そして篠原ともえさんの3人の女性が登場、
華やかに&賑やかな点灯となりました。

マイアさんと篠原ともえさんは大の仲良しということで、その出会いを聞いてみたら、
最初はマイアさんのライブを観た篠原さんが、大ファンになり、
あちこちのライブ会場に足を運んで追っかけていたそうです(笑)。
「一緒に写真撮ってくださーーい」と言われたマイアさんは、
最初は、きれいで明るい女性だなあと思ったものの、篠原さんだと気づかなかったとか。
点灯式の後、マイアさんがショートライブを行い、
私は初めてだったのですが、
CMでおなじみの、フルートを演奏しながら歌を歌う姿、、、、
音を奏でるのも歌うのも、言葉を語っているような感じ、、、
そのパフォーマンスは、すごかった!

Ca3c1305

このツリーは資生堂の
MAJOLICA MAJORCAとの
コラボレーションツリー。

クリスマスツリーには珍しく、
木の中に入れるようになっていて、
中に入って手をかざすと、
ある仕掛けが、、、ほわわわわーんshine

気づくかな?
いい気分になれるので、近くを通ったら
思い切って中に入ってみてねー。

2010年11月17日 (水)

一年中サンタクロース

Ca3c0026

伊勢丹新宿店で開かれていた
「小出真己★サンタ画展」にて
来年のカレンダーを購入。
これで2011年は、我が家に一年中サンタがいますー。

小出真己さんとは、TOKYO FMのSupreme
という番組を担当していたときに取材で
お会いしたのが出会いでしたが、
今回、久しぶりにお目にかかることができました。

小出さんは、切手のデザイン(慶事用の
ハートと鳩の切手とかね!)や、かもめ~るの絵葉書のデザインなども手掛けていらっしゃいますが、
何と言っても、小出さんの描き続けてる
”サンタクロースの世界”は、
他では出会えない魅力的なもの。

小出さんのサンタクロースは、
宇宙も飛んでいるし、駅のホームにも立っている。
一人ぼっちで働いているかと思えば、動物と語り合ったり、人々に話しかけたりもする。
雪道を静かに歩いていたり、春の小川のほとりにたたずんでいたり、
富士山の上空を飛んでいたり。

小出さんの絵を見ていると、「サンタクロースは一年中どこかにいて、
誰かのために働いてるんだなあーって気分になりますよね」、
って言ったら、
「サンタクロースはクリスマスの時だけじゃなくて、
”幸せの象徴”として一年中いてくれるって思ったほうが、幸せな気分になれるでしょう」
と小出さんが話してくださいました。

後姿の絵も多いのですが、
サンタクロースの後姿って、どこか哀愁が漂っているようでもあるし、
逆にとても頼もしく、力強くも感じられるし、いろいろ”語る背中”なんだよなあ。

そんな小出さんのサンタクロースは、毎年切手にもなっていて、
今年もすでに発行されている
冬のグリーティングというシリーズの中に、
小出さんが描いたサンタさんがいます!!
フィンランドでも同じデザインで切手になっているそうですよ。
かわいい切手って、買っても使いたくなくてついつい手元にとっておいちゃうんだけどね。

2010年11月16日 (火)

マーブル緊急手術!

Ca3c1301

うちの犬、マーブル。
ミニチュアダックスフントのメスの11歳。

数日前に胸に小さなしこりが見つかって、
急遽、手術をしました。
ほんとに幸いなことに、小さな小さなしこりだったので、手術も短時間で済み、
元気に家に帰ってきました。

これは安心してぐっすり寝ているところ!

いやあ、、、この週末は一気に気分が
ダウンしてしまって。
心配で落ち着かなかったけど、
元気な様子を見た今は、とにかく早く見つかってよかった・・・。

いわゆるガン年齢に差し掛かったということで、
特に出産をしていない高齢のメスということもあり、
自分にも言えることなのですが、ボディーチェックをよくするようにしていました。

そんな中、一週間ぐらい前から、下腹部にぽっこり小さく腫れたように見える部分があり
気になっていたので、いつも通っている獣医さんの前を通ったときに、
診てもらって損はない?!と思って立ち寄りました。
その部分はまた別の問題だったのですが、いますぐどうこうということではなく、
「こういう柔らかいのはガンではありません」と獣医さん。
「でもガン年齢だから、とにかく普段からよく触ってみてください。
見つけるコツは、テーブルクロスを上からなでていて、
下に砂とか小さな石の粒があると、突起があってひっかかる感じがするでしょう。
そういう感じです」
・・・と説明を受けながら、ふーん、そういう感じなんですかあ、なんてお腹をなでていたら、
獣医さんの奥様が、「あら、これ。そうじゃない?」と。
「あ、そうだね。これはまさにそうですね」

あまりにも突然、思いがけない会話の中で見つかったから、ええ?って感じ。
人間だったら、そこでがーんとなって、時間がとまった感じになったりするんだろうけど、
とにかく犬自身は分かってないから、
(私自身は少なからずショックを受けていたんだけど)
人間同士であくまでも冷静に、
「もうとるしかないですよね」
「早くとったほうがいいでしょう」
「じゃああさってにしましょう」
なんて、どんどん会話が進んで、あっという間に手術となりました。

でもいざ手術となったら、心配なことがたくさん出てきて、悶々としてしまったので、
いろいろと獣医さんに質問をしてしまいました。
今となっては、不安や疑問をきちんと解消して、手術してもらって良かったと思っています。

犬は我慢強いので、見た目に明らかに調子が悪いとわかる時点では、
かなり病気が悪化してしまっている。
だから犬の健康を知るためには、こちらがいかに早く気づいてあげるかが大事。
一度出来たら、今度また出来る可能性が高いということなので、
今まで以上によく触って、身体を見てあげよう、と思います。


あーほんとに劇的な、ドキドキの数日間だった・・・

2010年11月 9日 (火)

『マザーウォーター』とともに旅へ

Ca3c1290

旅の準備を始めると、
必ずマーブルが鞄の中に入ります・・・。

中に入って準備のジャマをしよう・・・というところ
まで考えているわけじゃなくて、
とりあえず中に入っていれば、
一緒に連れていってもらえるんじゃないか
という感じで入るんじゃないかと思ってるんだけど、
実際のところ、こういう犬の行動って、
どういう心理なんでしょう?

というわけで、わたしはこの何週間か、
映画『マザーウォーター』と一緒に、
小さな旅を繰り返していました。
(舞台挨拶のMCをしていました)

まずは10月21日に完成披露試写会が行われ、
小林聡美さん、小泉今日子さん、加瀬亮さん、市川実日子さん、永山絢斗さん、光石研さん、
もたいまさこさん、松本佳奈監督が勢ぞろいしての舞台挨拶。


そして10月30日の公開初日。
同じく全キャストのみなさんと監督で、銀座、新宿、川崎の劇場をまわりました。
台風接近中というお天気も加わって、記憶に残る一日に。

そんな荒天の中、無事に大阪へ移動し、
翌31日は、小林聡美さん、小泉今日子さん、もたいまさこさんによる舞台挨拶が、
大阪と京都の劇場で行われました。
大阪のお客さんは、拍手もアツイ!
客席からどんどん話しかけてくるほど積極的で、思わぬ方向に話がずれていく(笑)・・・
のが、ほんとにどきどきだけど楽しい。
京都のお客さんは、オール京都ロケの映画だけに、
一見静かだけど心の中では興味津々・・・という空気を感じましたよ。

公開2週目の
週末だった11月6日&7日は、
小林聡美さん、市川実日子さん、光石研さん、もたいまさこさんのメンバーで、
品川→名古屋→福岡と2日間かけてまわりました。
もたいさんの、映画への愛情が感じられるお話に、
スタッフもほろっときてしまうような瞬間があったり、、、、、
でも、みなさんのトークは、たいていは大爆笑で終わるのですが!
全然映画のトーンと違う(笑)。
でもそんなみなさんの話している雰囲気を楽しみにお客さんもいらしてると思うから、
話題にはこだわらず、いろんな話で盛り上がっていただき、笑うだけ笑っていただきます。

劇場から劇場へととぶ旅なので、街を見る時間は全くないのですが、
それでも映画館に集まるお客さんの雰囲気から、別の街に来たんだなーって実感します。
名古屋の劇場は、私は初めて行ったのですが、
お客さんがアツくてハートフルで、感激だったなあ。

福岡でもお客さんにあたたかく迎えていただきましたが、
合間にいただいた食事も美味しかったー。
そうそう、「アラ」ってお魚知ってますか?
福岡で「あら鍋」をいただいたのですが、
私はてっきり、お魚の”あら”(骨とか頭の部分とか)を煮込んだ鍋だと思っていて、
翌日の舞台挨拶中に、「昨日のあら鍋美味しかったですね~」という話題になったとき、
「ところであれは、何のお魚の”あら”だったんでしょうね~」
・・・と言ってしまいましたよ・・・。
この歳まで知らなかったよ・・・。
幻の高級魚というではないですか。
確かにとっても美味しいお鍋だったのですが、
アラ様に対してとんだ失礼なことを言ってしまいました(笑)

Ca3c0014 

映画のエンディングテーマを大貫妙子さんが歌っていらっしゃるのですが、
その曲も入ったサントラ盤。
デザインがとってもかわいくて絵本のように
なっています。
ぜひ手にとって見ていただきたい。

映画と一緒に旅を重ねていけばいくほど、
つまり時間がたてばたつほど、
ああ、この映画好きだなあ・・・って気持ちがどんどん増していく、
そういう映画なのですが、
気持ちはどんどん募るのに、どんな言葉で語ればいいのかどんどん分からなくなってくるんです。
困ったことに。

でも言えるのは、1回じゃなくて何回か観てほしい映画。
その時の自分の状態によって、心にささる言葉やシーンが変わる。
キャストのみなさんも、こうおっしゃっていました。

イメージとしては、色んな言葉が書いてある詩集を持っていて、
時々ページをめくってみて、そのとき開いたページの言葉を読むように、
ふと気持ちが何かを求めたときに、この映画を観て、
気になった台詞や情景からいろいろ想う、、、そんな存在になる映画かも。


くーーうまく言えないけど!

2010年11月 5日 (金)

ピンクのビッグアイランドキャンディーズ

久しぶりのハワイ情報。
・・・というのも、ステキなお土産をもらったから!
みかちゃん、どうもありがとう!!!
以前からウワサには聞いていたけど、実物を手にするのは初めてだから、
すごく嬉しいよ!

Ca3c0008_2


じゃじゃーーん。
ピンクパレスの愛称で知られる、
ワイキキビーチの真ん中に位置する
THE ROYAL HAWAIIAN HOTEL
(ザ・ロイヤル・ハワイアン・ホテル)と
Big Island Candies(ビッグアイランドキャンディーズ)とのコラボレーションクッキー。

ホテルのショップで手に入るらしいのですが、
人気ゆえに売り切れの時もあるらしいですよ。

ビッグアイランドキャンディーズは、
ハワイ島のヒロに工場とお店があって、
基本的にはヒロでしか買えないのにもかかわらず、ハワイ好きにはおなじみの人気スイーツメーカー。

私が暮らしていた時には、オアフのDFSで代表的商品のみ手に入っていたのですが(今でもそうかな?)、本店での商品の種類の多さは比にならないので、ヒロに行ったら欠かさず寄りたいお店です!


Ca3c0013_2

その代表的な商品というのが、
このショートブレッドクッキー。
ななめにチョコレートにディップされた
デザインが特徴のクッキーで、
バターの香りが濃厚で、サックリしていて
美味しい!

ところが今回のロイヤルハワイアンの
クッキーは、
ピンクパレスだけに、
ピンク色のクッキーが入っているらしい。

と聞いていたので、さっそく開けてみます。



Ca3c0009_2

Ca3c0012
















ほんとにピンク色だった!
その正体は、グアバクッキー。かじるとさわやかな酸味が広がり(ちょっと梅っぽい(笑)
その後にバターのやさしい味がします。
つぶつぶのは、コーヒークッキー(コナコーヒーを使ってる)。
そして、ハワイ産マカデミアナッツを練りこんだ、おなじみのチョコディップドクッキー。

もらった瞬間からハワイを感じて、味わってもハワイを隅々まで楽しめるクッキー。
お土産にもらったら、一気にハワイを懐かしく思う気持ちでいっぱいになりました。
ありがとう!
みなさんも、お土産にいかが?

ちなみに
Big Island Candiesのサイトでは普通の商品はネットショッピングできるみたい。
日本にもシッピングしていると書いてあります。
ハワイ通の人は、事前に注文してオアフ島の滞在ホテルに送ってもらうんだって。
みんな美味しいもののためにはがんばるね(笑)。

2010年11月 4日 (木)

犬との生活

友達の縁がつながって、NPO法人gentle oneの方々と知り合いになり、
嬉しいことに、イベントのお手伝いをさせていただきました!

gentle oneは、ペットと飼い主、そして飼っていない人の“共生”をテーマに、
ペットと人の豊かな暮らしと街づくりを目的とした原宿・表参道発信のプロジェクト。


今回のイベント『マチ・ヒト・イヌの話。vol.0』は、
Asagaya Loft-Aというライブハウスで犬のしつけのハナシをする、というちょっとユニークなものでした。
ライブハウスだけに、ちゃんと音楽ライブもあり、でも、犬も登場する。
ただし、飲食が楽しめるライブハウスなので、お客さんの犬を連れての来場は禁止。
一般的な犬のしつけイベントではありえないことかもしれないけれど、
犬を飼うということは、いつでもどこでも犬を連れて出かけるわけにはいかないから、
留守番をさせることもあるわけで、
無理に犬連れOKのお店を設定しなかった、、、っていうところにも、
gentle oneからのメッセージが含まれているんじゃないかな?(ね?涌井さん?)

ライブハウスで犬のハナシ、というのもユニークだけど、
一つには、犬を飼っていない人にも集まって欲しかった。という気持ちがあったそうです。

犬のいる生活、って、犬好きの人とだけ接して成り立ってるわけじゃないもんね。
犬を飼っていない人、犬が苦手な人にも理解してもらってやっていかないといけない。
だから、犬のハナシを、犬好きだけが集まってしていても発展がないですよね。

一方では、実は私もそうなのですが、犬を飼っていても犬のイベントってほとんど参加したことがない。
もしかしたら、犬がいる生活、というのは、
自分にとっては、音楽とか旅とか食事とか遊びとかと一緒にあるもので、
日常のどのシーンにも犬は当たり前にいるものだから、
特別に犬と犬好きだけを集めたクローズドな場所は、
かえってちょっと居心地が悪いと感じるのかもしれないなー。

だから、音楽を楽しんでもらいながら犬のハナシをする、、、っていうのは、
犬を飼っている自分としても面白かったし、
犬を飼っていない人、犬をあまり好きじゃない人にも犬のことを理解をしてもらうにも、
こういう機会があるのはいいなって思いました。

いつかは武道館で開催したい!という大きな夢を持ってのvol.0だそう(笑)ですが、
犬のいる生活がよりよいものになるように、次回もまたお手伝いできたら嬉しいなー。

Ca3c1282


我が家のマーブル、
11歳という年齢になって、散歩に行くにも
気分の乗るときと乗らない時の差が激しいですが
まだまだ元気~。

私が毎日見ている「ほぼ日刊イトイ新聞」のサイトで、
よく糸井さんの愛犬ブイヨンちゃんが、
道で頑固に足をつっぱって「行かない!」を
主張している写真が出ていて、
すんごくかわいいのですが、
ウチも例にもれず、よくやりますー。
この交差点は、通りを渡った側(奥)に

ペットショップがあるのを知っているので、
「寄っていく!」と、かならずふんばる(笑)。


おもちゃ屋さんに行きたがる子供みたいな感じ?

みんなのところもあるのかな?

2010年11月 1日 (月)

地球の走り方

走るといえば・・・・・

Ca3c1298 

少し前に出版された、『地球の走り方』で、
”ホノルルマラソン・リピーター 座談会”
をしています。

座談会メンバーは、
ランガールで知り合った、
森村ゆきさん(PARACUP~世界の子どもたちに贈るRUN 代表

http://www.paracup.info/about/index.html
と、スタイリストの工藤満美さん!と私。
なぜリピートするのか?なぜ走るのか?ということを、ぎゅぎゅーーっと凝縮して(笑)、
皆でトークしています。

私は12回大会に出たうち、10回がハワイ、、、ってほとんどハワイでしか走ってないから、世界を走ろう!の足元にも及ばないけど、
この本を見てると、ロンドンとかパリ、
走ってみたいなーと思う。
自然の中、というより、”都市”を走ってみたいんですよね。
え!こんなところ走っていいの?
こんなところ、走っちゃってるよ!
っていうような。
例えば銀座のど真ん中なんて、大会の時しか走れないですからねー。
だから東京マラソンも一度は出て見たいナー。
・・・まずは申し込まないと当たらないか。
なんで忘れちゃったんだろうなー。




« 2010年10月 | トップページ | 2012年8月 »