« 地球の走り方 | トップページ | ピンクのビッグアイランドキャンディーズ »

2010年11月 4日 (木)

犬との生活

友達の縁がつながって、NPO法人gentle oneの方々と知り合いになり、
嬉しいことに、イベントのお手伝いをさせていただきました!

gentle oneは、ペットと飼い主、そして飼っていない人の“共生”をテーマに、
ペットと人の豊かな暮らしと街づくりを目的とした原宿・表参道発信のプロジェクト。


今回のイベント『マチ・ヒト・イヌの話。vol.0』は、
Asagaya Loft-Aというライブハウスで犬のしつけのハナシをする、というちょっとユニークなものでした。
ライブハウスだけに、ちゃんと音楽ライブもあり、でも、犬も登場する。
ただし、飲食が楽しめるライブハウスなので、お客さんの犬を連れての来場は禁止。
一般的な犬のしつけイベントではありえないことかもしれないけれど、
犬を飼うということは、いつでもどこでも犬を連れて出かけるわけにはいかないから、
留守番をさせることもあるわけで、
無理に犬連れOKのお店を設定しなかった、、、っていうところにも、
gentle oneからのメッセージが含まれているんじゃないかな?(ね?涌井さん?)

ライブハウスで犬のハナシ、というのもユニークだけど、
一つには、犬を飼っていない人にも集まって欲しかった。という気持ちがあったそうです。

犬のいる生活、って、犬好きの人とだけ接して成り立ってるわけじゃないもんね。
犬を飼っていない人、犬が苦手な人にも理解してもらってやっていかないといけない。
だから、犬のハナシを、犬好きだけが集まってしていても発展がないですよね。

一方では、実は私もそうなのですが、犬を飼っていても犬のイベントってほとんど参加したことがない。
もしかしたら、犬がいる生活、というのは、
自分にとっては、音楽とか旅とか食事とか遊びとかと一緒にあるもので、
日常のどのシーンにも犬は当たり前にいるものだから、
特別に犬と犬好きだけを集めたクローズドな場所は、
かえってちょっと居心地が悪いと感じるのかもしれないなー。

だから、音楽を楽しんでもらいながら犬のハナシをする、、、っていうのは、
犬を飼っている自分としても面白かったし、
犬を飼っていない人、犬をあまり好きじゃない人にも犬のことを理解をしてもらうにも、
こういう機会があるのはいいなって思いました。

いつかは武道館で開催したい!という大きな夢を持ってのvol.0だそう(笑)ですが、
犬のいる生活がよりよいものになるように、次回もまたお手伝いできたら嬉しいなー。

Ca3c1282


我が家のマーブル、
11歳という年齢になって、散歩に行くにも
気分の乗るときと乗らない時の差が激しいですが
まだまだ元気~。

私が毎日見ている「ほぼ日刊イトイ新聞」のサイトで、
よく糸井さんの愛犬ブイヨンちゃんが、
道で頑固に足をつっぱって「行かない!」を
主張している写真が出ていて、
すんごくかわいいのですが、
ウチも例にもれず、よくやりますー。
この交差点は、通りを渡った側(奥)に

ペットショップがあるのを知っているので、
「寄っていく!」と、かならずふんばる(笑)。


おもちゃ屋さんに行きたがる子供みたいな感じ?

みんなのところもあるのかな?

« 地球の走り方 | トップページ | ピンクのビッグアイランドキャンディーズ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/37727624

この記事へのトラックバック一覧です: 犬との生活:

« 地球の走り方 | トップページ | ピンクのビッグアイランドキャンディーズ »