« 『マザーウォーター』とともに旅へ | トップページ | 一年中サンタクロース »

2010年11月16日 (火)

マーブル緊急手術!

Ca3c1301

うちの犬、マーブル。
ミニチュアダックスフントのメスの11歳。

数日前に胸に小さなしこりが見つかって、
急遽、手術をしました。
ほんとに幸いなことに、小さな小さなしこりだったので、手術も短時間で済み、
元気に家に帰ってきました。

これは安心してぐっすり寝ているところ!

いやあ、、、この週末は一気に気分が
ダウンしてしまって。
心配で落ち着かなかったけど、
元気な様子を見た今は、とにかく早く見つかってよかった・・・。

いわゆるガン年齢に差し掛かったということで、
特に出産をしていない高齢のメスということもあり、
自分にも言えることなのですが、ボディーチェックをよくするようにしていました。

そんな中、一週間ぐらい前から、下腹部にぽっこり小さく腫れたように見える部分があり
気になっていたので、いつも通っている獣医さんの前を通ったときに、
診てもらって損はない?!と思って立ち寄りました。
その部分はまた別の問題だったのですが、いますぐどうこうということではなく、
「こういう柔らかいのはガンではありません」と獣医さん。
「でもガン年齢だから、とにかく普段からよく触ってみてください。
見つけるコツは、テーブルクロスを上からなでていて、
下に砂とか小さな石の粒があると、突起があってひっかかる感じがするでしょう。
そういう感じです」
・・・と説明を受けながら、ふーん、そういう感じなんですかあ、なんてお腹をなでていたら、
獣医さんの奥様が、「あら、これ。そうじゃない?」と。
「あ、そうだね。これはまさにそうですね」

あまりにも突然、思いがけない会話の中で見つかったから、ええ?って感じ。
人間だったら、そこでがーんとなって、時間がとまった感じになったりするんだろうけど、
とにかく犬自身は分かってないから、
(私自身は少なからずショックを受けていたんだけど)
人間同士であくまでも冷静に、
「もうとるしかないですよね」
「早くとったほうがいいでしょう」
「じゃああさってにしましょう」
なんて、どんどん会話が進んで、あっという間に手術となりました。

でもいざ手術となったら、心配なことがたくさん出てきて、悶々としてしまったので、
いろいろと獣医さんに質問をしてしまいました。
今となっては、不安や疑問をきちんと解消して、手術してもらって良かったと思っています。

犬は我慢強いので、見た目に明らかに調子が悪いとわかる時点では、
かなり病気が悪化してしまっている。
だから犬の健康を知るためには、こちらがいかに早く気づいてあげるかが大事。
一度出来たら、今度また出来る可能性が高いということなので、
今まで以上によく触って、身体を見てあげよう、と思います。


あーほんとに劇的な、ドキドキの数日間だった・・・

« 『マザーウォーター』とともに旅へ | トップページ | 一年中サンタクロース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/37830026

この記事へのトラックバック一覧です: マーブル緊急手術!:

« 『マザーウォーター』とともに旅へ | トップページ | 一年中サンタクロース »