« RunGirl 2月の練習会に残席あります | トップページ | 7時間で7個..... »

2013年2月13日 (水)

二郎は鮨の夢を見る

今日は1人で映画館をはしご。
Photo
『二郎は鮨の夢を見る』、よかったですhappy01

"二郎"とは、銀座・数寄屋橋にある「すきやばし次郎」の鮨職人、
小野二郎さんのこと。
    (わたしはお店に行った事はありません。。。)

ふわっとほどよい時間(82分)に色んなテーマがちりばめられていて。

二郎さんご自身のことや鮨の秘密が具体的によく分かるかというと、
意外とそうでもなくて、
二郎さんという方を軸に、仕事、父と息子、伝統、自然環境、
というようなテーマが枝のようになって語られている感じがしました。
外国人監督による作品であるけれど、
いわゆるエキゾチックなもの、"SUSHI"というような視点、扱いで撮られていない、
というところが意外でもあり、ホッとしたところでもあり、とても良かった!

それでも、鮨そのものの美しい形状や、築地の光景、調理の様子などは、
異国文化として新鮮な光景なんだろうなあと思わせる映像です。

あと、二郎さんのことや鮨のことについては、
山本益博さんが多くを語っていらっしゃるのですが、
"伝える"仕事の力、魅力を感じました。

もちろん、映画なので、音楽と映像的な楽しみもあり、
映画全体をクラシック音楽がふわっと包んでいるのですが、
一番印象に残っているのは、
マグロの競りとアフリカンなリズムとのコラボレーション!

「無性にお寿司食べたくなるけど、お店には行けないのがむなしいね。。。」と
同じ劇場にいたお客さんが話していたけど、
同感でございます。。。
映画を観たあと、何を食べるのかがモンダイです。
わたしは外食をせず、まっすぐ家に帰りましたとさ。

« RunGirl 2月の練習会に残席あります | トップページ | 7時間で7個..... »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/49410585

この記事へのトラックバック一覧です: 二郎は鮨の夢を見る:

« RunGirl 2月の練習会に残席あります | トップページ | 7時間で7個..... »