« バードな日々 | トップページ | リニューアル!RN2にて »

2013年7月 1日 (月)

沖縄で出会った人、モノ

先月『ジャパモン』の取材で沖縄を訪れてきましたが、
昨日の番組でご紹介した、取材先での出会いを振り返ってみます。

Airport2


今回の取材のテーマは、沖縄の伝統的な仕事と技を受け継ぐ、たくましい若者たち。

最初にお会いしたのは、名護市にある「森のガラス館」で琉球ガラス職人になって
1年目、という、地元沖縄で生まれ育った宮城さん。

Img_0117
「森のガラス館」へお買い物に行ったとき、
熱い釜の前で汗流しながら働くガラス職人の背中を見て、
こういう仕事をやってみたいな〜と思ったのがきっかけだそう。
「自分が思うに、おしゃれな仕事なんですよ!」とおっしゃっていたのが印象的でした。

Glass1

この「森のガラス館」ではガラス作りが体験できるほか、
ガラス商品を購入することもできます。

わたしが購入したのは、冷酒用のガラスのおちょこ。。。やっぱり飲み系。。coldsweats01

2


もう一カ所訪れたのは、金武(きん)町という場所にある崎山酒造。

Sakiyama2_4

代表商品は「松藤」という泡盛。

Sakiyama9

一般的な泡盛よりも時間をかけ、丁寧に仕上げた、甘みのある泡盛を作っていらっしゃいます。
商品になる前の、できたての泡盛を口にさせていただいたのですが、
まるで焼きマシュマロのような甘さと、それと対極的な、食道がカーーッと
燃えるようなアルコール度数の高さが一気に味わえました。美味しかった。。。

Sakiyama6

泡盛をもっと広く楽しんでほしい、と、様々な工夫をされている崎山専務と、
泡盛職人として頑張っている、沖縄出身の先輩・山里さんと、
後輩・山形出身の鈴木さん。
まるで、家族のような雰囲気でした。
「麹は生き物だから、泡盛造りには、”気遣い”が大切なんです」
という言葉を聞いて、
もっとゆっくり泡盛を味わいたくなりました。

「松藤」は那覇空港のお土産ショップでも手に入りますし、
先日わたしは都内の沖縄料理店でも松藤をオーダーして飲みました。

温かく迎えて下さったみなさま、ありがとうございました。。。

Sakiyama3








« バードな日々 | トップページ | リニューアル!RN2にて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159175/52283409

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄で出会った人、モノ:

« バードな日々 | トップページ | リニューアル!RN2にて »