2013年5月20日 (月)

介助犬フェスタにて

昨年に続いて参加させてもらった、介助犬フェスタ。
5200人をこえる方が来場して下さったそうです。

イベント当日、会場最寄り駅のリニモの”愛・地球博記念公園駅”には、
こんなかわいい一日駅長の姿が!

Img_2131

Img_2101_2

Img_2083

このイベントの一番の目的は、介助犬についての認知、理解を広めること。
介助犬を実際に見ることができる貴重な機会です。
ステージでは、介助犬がどんな訓練を受けて、どんな風に人の介助をするのか、
また、聴導犬、盲導犬についてもデモンストレーションが行われました。

そんな中、私たちの「みんなのドッグショー」はちょっと異色の催し物(笑)ですが、
私としては、犬という存在、犬との生活をみんなで慈しむようなひとときになれば
と思いながら、毎回MCをつとめさせて頂いてます。
そして主催スタッフとしては、公共の場での飼い主のマナーも考えよう、
という想いも込めています。

今年も多くの方に観覧していただき、
愛のある飼い主さんとペットが快く出場して下さいました。。。
ありがとうございました!

Img_2129_2

たくさん笑ったな〜。あっという間のひとときでした。happy02

93_large_4


そして今年も、中部大学の学生さんたちがボランティアスタッフとして
お手伝いしてくれました!かわいかった〜。どうもありがとう!

100_large_2

ほじょ犬(=介助犬、聴導犬、盲導犬の総称です)の中でも、
まだ認知度は決して高くない介助犬。
日本介助犬協会のサイトによると、
日本での介助犬の実働数は67頭(今年4月1日現在)で、
介助犬を必要とされている方は15000人と言われているそうです。
興味を持たれたら、ぜひ日本介助犬協会 のサイトを見てみてください。

2012年9月 3日 (月)

犬の本

最近のくつろぎタイムの楽しみ。

2

このイヌ図鑑を眺めること!

それぞれの犬種の歴史、カラダの大きさ、性格の特徴、
かかりやすい病気などなどが載っています。

3

他にも何冊かイヌ図鑑を持っていますが、
347犬種はすごい!

このブログが滞っていた間の大きな出来事の一つが、
去年、我が家の犬、マーブルとお別れしたことで、
いまだそれについて語るのは心臓が痛くなる感じなので、
わたしの犬との生活はいったん休止中。
でも自然な出会いがあるのを静かに待っています。

それはそうと、子供の頃、好きだった本に
「イヌはともだち」(確かこの表記だったと思う。。。)
というのがありました。
自分で買ってきたのか、親が買ってきたのか?

イヌと人間がどのように一緒に暮らすようになったのか、
というマンガが冒頭にあって、
残りは、犬種を紹介する図鑑になっていました。
引っ越しをしてもずっと手元にとっておいたと思ってたんだけど、
いつの間にかなくなってた。
もう一度、見てみたいなー


2012年8月26日 (日)

インターペット

幕張メッセで行われたペット産業の国際見本市、Interpetsに行ってきました。

3

その中のイベントの一つとして、
友人が手がける「みんなのインターペットショー」を、
MCとしてお手伝いしてきました。

44_large_2


「メヂカラ」「スタイリッシュ」「クリソツ」「ファミリー」
という4部門で、ペットと飼い主さんのコンテストを行いました。

たとえばこちらは、「メヂカラ」部門でノミネート!
お目めまんまるeye

40_large

いちばん盛り上がったのは。見た目にすぐわかる、
「クリソツ」(飼い主さんとペットがそっくり)部門でしたね〜smile
おひげのお父さんと、ミニチュアシュナウザー、とか!
総合優勝を勝ち取ったのも、たたずまいと顔つき、
髪の毛の感じまでがそっくりな、
バーニーズマウンテンドッグと男性の飼い主さんのコンビでした。

人間というのは、自分の顔が一番親しみがあるので、
ついつい見ていると安心する自分に似た顔つきの犬を選んでしまう傾向がある、
と聞いたことがあります。

それに加えて、犬と飼い主は、
やっぱりたたずまいが似てくる気がします。
飼い主の性格が、犬に影響するからかな。

こちら↓の方は、「ファミリー」部門でノミネートされたんですが、
10頭もの犬と暮らしているそうで、
「今日は、小さいほうから5頭つれてきたんですよ〜」って。
53_large

会場内ではこんな風に、犬用バギー(カート)を使用している方が多かったですね。
このおかげで人と犬がたくさん集まる公共の場所でも
トラブルなく過ごしていたようだし、
何より、多頭飼いしている人がこんなにいるんだ〜
って驚くぐらい、みなさん複数の犬を連れていらっしゃいました。
こんなに暑いと、家で留守番させるのも危険なので、
カートを上手く利用して、外出する方が多いんでしょうね。

中にはなんと、ヤギcapricornusを連れてきていた方も!

いろんな犬を見ているだけで、飽きなかったな〜lovely
2


おしゃれなリードを発見。
1


ところで、このショーを企画し、審査員もつとめた友人は、
NPO法人GENTLE ONEとして活動中です。

ペットと飼い主、そしてペットを飼っていない人との共生をテーマに、
代々木公園などでPARK CLEAN活動を実施中。

緑とペットを愛する方!
興味ある方は、ぜひGENTLE ONE公式サイトをチェックしてみてください。

2010年11月16日 (火)

マーブル緊急手術!

Ca3c1301

うちの犬、マーブル。
ミニチュアダックスフントのメスの11歳。

数日前に胸に小さなしこりが見つかって、
急遽、手術をしました。
ほんとに幸いなことに、小さな小さなしこりだったので、手術も短時間で済み、
元気に家に帰ってきました。

これは安心してぐっすり寝ているところ!

いやあ、、、この週末は一気に気分が
ダウンしてしまって。
心配で落ち着かなかったけど、
元気な様子を見た今は、とにかく早く見つかってよかった・・・。

いわゆるガン年齢に差し掛かったということで、
特に出産をしていない高齢のメスということもあり、
自分にも言えることなのですが、ボディーチェックをよくするようにしていました。

そんな中、一週間ぐらい前から、下腹部にぽっこり小さく腫れたように見える部分があり
気になっていたので、いつも通っている獣医さんの前を通ったときに、
診てもらって損はない?!と思って立ち寄りました。
その部分はまた別の問題だったのですが、いますぐどうこうということではなく、
「こういう柔らかいのはガンではありません」と獣医さん。
「でもガン年齢だから、とにかく普段からよく触ってみてください。
見つけるコツは、テーブルクロスを上からなでていて、
下に砂とか小さな石の粒があると、突起があってひっかかる感じがするでしょう。
そういう感じです」
・・・と説明を受けながら、ふーん、そういう感じなんですかあ、なんてお腹をなでていたら、
獣医さんの奥様が、「あら、これ。そうじゃない?」と。
「あ、そうだね。これはまさにそうですね」

あまりにも突然、思いがけない会話の中で見つかったから、ええ?って感じ。
人間だったら、そこでがーんとなって、時間がとまった感じになったりするんだろうけど、
とにかく犬自身は分かってないから、
(私自身は少なからずショックを受けていたんだけど)
人間同士であくまでも冷静に、
「もうとるしかないですよね」
「早くとったほうがいいでしょう」
「じゃああさってにしましょう」
なんて、どんどん会話が進んで、あっという間に手術となりました。

でもいざ手術となったら、心配なことがたくさん出てきて、悶々としてしまったので、
いろいろと獣医さんに質問をしてしまいました。
今となっては、不安や疑問をきちんと解消して、手術してもらって良かったと思っています。

犬は我慢強いので、見た目に明らかに調子が悪いとわかる時点では、
かなり病気が悪化してしまっている。
だから犬の健康を知るためには、こちらがいかに早く気づいてあげるかが大事。
一度出来たら、今度また出来る可能性が高いということなので、
今まで以上によく触って、身体を見てあげよう、と思います。


あーほんとに劇的な、ドキドキの数日間だった・・・

2010年6月10日 (木)

たてがみマーブル

「しばやん、いったいいつまで、何本チュロス食べてるんですかっ!(笑)」
・・・ってまるちゃんに言われたから、、、更新したよ!まるちゃん。

ブログ、いったん途切れるとダメですね。
みんな、どんな感覚で書いているのかな?
私は、基本は友人知人へ手紙を書くような気持ちで書いているけど、
公共の場なんだから、できれば何か情報性がないと、、、とか思っちゃったりして、
その情報に間違いがあってはいけない、、と調べものなんて始めたりして、
写真だって、見てきれいなものがいいなんて考えたりして、
職業柄なのか、かっこつけなのか、生真面目なのかなんなのか、
とにかく書くのにえらい時間がかかっていたりするのが、続かない理由の一つなのかな?

これからも手紙を書くような気持ちは変わらず、
しかしもう少し頻繁に書きたいものです・・・


最近は、大きなことと小さなこと、楽しいことと不安なこと、喜びと悩み、の狭間で
いろいろと揺れ動く日々で、ちょっとうまく言えない状態ですが、、、

強くなりたいとも思うし、力を抜きたいとも思う。

でも、いつも周りに大切な人がいてくれて、ほっとします。ありがたい。


あと、一匹も(笑)いてくれて、ほっとします。

Ca3c1133 毎年恒例、もう大丈夫かな?と肌で感じる
くらいの季節になったら、
バッサリとサマーカットのマーブルです。

今はこれでも少し毛が伸びてきたけれど、
切ったばかりのころ、お花屋さんで
「あースムースダックスなんですね~♪」
って言われました。

ところで、伸びてきたにはきたんだけど、
何だか生え方が変で・・・
たてがみのように、背骨に沿った部分だけ
伸びてきて、他は全然伸びなくて。
このままだったらどうしよう。と密かに心配
している飼い主でした。

急に短くされたから、防御本能なのかな?

飼い主の勝手な趣味で、
モヒカン刈りにしてる・・・と思われてたらどうしよう。
違うのよおおおー。


お知らせはいろいろありますが、
それは明日以降にして、
今日はこのへんで・・・

2009年8月 6日 (木)

旅の準備

Ca3c0255
・・・を始めようとスーツケースを広げると、

必ずと言っていいほど

マーブルが中に入ってジャマをします・・・・・

その責めるような視線が、痛い・・・。

2009年7月29日 (水)

犬も悩まされます、日本の夏

Ca3c0246
←モーレツに踏ん張っているところです。

犬が踏ん張る場所、と言ったら、、、
一箇所しかありません。

そう、獣医さんの前!

直前まで軽やかに歩いていたのに、
病院の目の前に来たら、
絵に描いたように突っ張るので、笑ってしまったsmile

マーブルのかかりつけの獣医さんは、
実家から右に向かって少し歩いたところにある交差点にほぼ面したところにあるのですが、
その交差点を挟んだ向かいには、大好きなペットショップもあるんです。
美味しいものの匂いがするので、ペットショップに行くのは大好きなマーブル。
すごいのは、家を出て左に向かおうとすると全然歩きたがらず、
右に向かうと、走り出さんばかりの勢いで歩き出すということ。
交差点まではそれなりに距離があるにもかかわらず、
とにかく家を出て右のほうへ向かえば、
ペットショップのある交差点に着くことが分かっているらしい。

しかし、その交差点には獣医さんもある、っていうのが大きな落とし穴なんだよね。
で、そっちのほうは、コロッと忘れちゃうんだよねー。
だから嬉々として歩いていると、突然獣医さんが現れて、、、「はっshock」とした時はもう遅い。
ごめんねー。

ところで、獣医さんに行ったわけは、ひどく痒がるから。
お医者さんいわく、高温多湿な日本の夏、特にここ数年、ひどい蒸し暑さが続いているので、
犬も皮膚病に悩まされやすいとのこと。
毛に被われているので、よくよく見てあげないとね。
うちは、ロングヘアーダックスですが、
毎年夏になると丸刈りにしてスムースダックスに変身させてしまいます
hairsalon

2009年7月26日 (日)

10歳になりました

Ca3c0231
私「きょう、誕生日だねええ~」

マーブル「noteheart01shineheartheart04notes(よく分かってないけど
                 とりあえず喜んでる)」

今日で10歳になりました。

ここまで元気にこれたこと、健康に産んでくれたお母さん犬に感謝しないとね。


思えば10年前の夏、友達の家で5匹の命が誕生したとき見に行ったのが出会いだったなー。

Ca3c0240
クリームのお父さん犬と、レッドのお母さん犬の間に生まれた子犬たちは、ほとんどがクリーム色。
その中で、一匹だけ真っ黒な物体が!
・・・いや、子犬が!
他の子犬が”マロン”とか”プリン”とか名付けられる中、彼女は”マーブル”と名付けられたのでした。

このちょっと骨太な感じの女の子、
そのたたずまいと動作に妙に愛嬌があって、私は目が離せなくなりました。


Ca3c0241
一ヵ月後、ようやく外に出られるようになり、
迎えに行った時も、黒々としていたマーブル。

物心ついた時から我が家には犬がいて、
それまでに延べ3匹の犬を飼っていたのですが、
保健所から引き取ってきたり、街角に置き去りにされていた犬を連れてきたりしていたので、
成犬じゃなくて子犬から育てるのは初めての体験でした。



Ca3c0242
あんなに夜泣き(夜鳴き?)が激しいとは!
当時私は毎朝6時からの番組を担当していて、
1分1秒でも早く寝たい、長く寝ていたい、
という感じだったので、
小屋に入れたマーブルがキュンキュン泣いていると、
しょうがない!と思って、自分のベッドに招きいれるしかなく、
朝起きると、マーブルがベッドと壁の間にすっぽり入って
スヤスヤ寝ていた・・・なんてこともしょっちゅう。

そんな状況にも耐え(?)、すくすく育ってくれました。

結婚
してからも仕事が忙しく、あまりに家にいない時間が長いので、
実家と私の家を頻繁に行き来させられ、さらに私がハワイに行っていた2年間は離れ離れ。
それでも、子犬の頃からの絆は固くて、
色んな場面で家族の気持ちを明るくしてくれたマーブルには、感謝感謝です。


Ca3c0237




好きなことは、
白線の上を歩くこと。











Ca3c0186



キライなことは、
お風呂。



こんな飼い主だけど、これからもよろしくねーーーーー。

2009年1月27日 (火)

ハリキリすぎ!

今日、散歩中に今まで通ったことのない道に入ったら・・・・・・

「なんだ!なんだ!この道は!」

090126_170603
090126_170601                      









「2本も白線がかいてあるじゃないの!
わーい。」

歩くのが速過ぎて、写真ブレまくり。

横で私は張り切るマーブルを必死でおさえるが、
はやる気持ちをおさえられないらしい・・・。




090126_222401

本人(犬)も疲れたらしい。

ずっと寝てる。

2009年1月21日 (水)

白線好き。

090107_153801

うちの犬(マーブル)は散歩に出ると、
白線のある道では必ず、吸い寄せられるように歩み寄り、
まるで平均台の上を歩くように白線に沿って歩きます。
これがまた、ダックスフントという犬種だけに、
カラダがすっぽりと白線に重なり合うのです。

真の理由は分からないけれど、私が考えるに、
ゴツゴツしたアスファルトの部分よりも、
すべすべして平らだから歩きやすいのでは?肉球的に。
ってことは、白線グセのある犬って結構いるのかな?

もちろん車道と歩道を分けるためのものだから、
本当はこの上を歩かせるのは危ないんだけど。






P7301808
初めてドッグランなるものに行ったとき、
下がアスファルトで舗装されていたので
がっかりしたことがありました。

だから、多摩川の河川敷へ行って、
草の上を、というか土を気持ちよく踏ませてます!

アスファルトのように、熱や冷たさを気にしなくて
いいよね。肉球に優しい(笑)。

そうそう、肉球といえば。。。
先日肉球にすり込むというクリームを買いました。
我が家の犬はマーブルで4匹目ですが、
こんなクリームを買ったのは初めてで・・・親ばかか?!


P1251518
ガサガサに荒れたりするのを防ぐので、
ツルツルになった表面に潤いを与え、
逆に床で滑りにくくすると聞いて。

今の家はほとんどフローリングで、
関節や腰を痛めやすいダックスにとっては
大事です。

いつまでも元気で走り回れるように!

その他のカテゴリー